ダウントンアビーの製作者ジュリアン・フェローズが、どのようにしてドラマ制作の着想を得ているのかがわかります。telegraph.co.ukから文と、試訳です。

*****
Who will save the historical treasures that inspired Downton Abbey?
ダウントンアビーのモデルとなった歴史的宝庫を救うのは誰か

An astonishing archive of thousands of documents that has been in one family – the ancestors of Julian Fellowes – since Richard the Lionheart’s day could be broken up at auction

ある一族(ジュリアン・フェローズの先祖)がリチャード獅子心王の時代から所有してきた膨大な数にのぼる古文書が、オークションで散逸するという危機に瀕している。

By Joe Shute

10AM GMT 01 Nov 2014
2014年11月1日

The minutiae of life on a grand country estate has long been a national obsession. Thanks to the popularity of dramas such as Downton Abbey, Gosford Park and Upstairs Downstairs, Britain is in thrall to its own history. Tomorrow night, nearly nine million people will tune in to watch the former, fascinated by the comings and goings of Lady Mary, Lord Grantham, Mrs Patmore et al; from whispered conversations around the dinner table to shared confidences in the pantry; the outfits and decor; shopping lists, legal disputes, hairstyles, jewellery and everything in between.

大邸宅での日々の生活の些細な有り様が、このところ国民的な注目の的になっている。ダウントンアビーやゴスフォード・パーク、アップステアーズ・ダウンステアーズなどのドラマのおかげで、英国は自らの歴史の虜になっている。明日の夜も、900万人がTVの前でダウントンアビーに見入る。メアリー公爵夫人やグランサム伯爵、ミセス・パットモアたちの立ち居振る舞い、ディナーの席でのささやきや台所での噂話、ドレスやアクセサリー、買い物リスト、裁判の行方、ヘアスタイル、宝石などに耳を傾ける。

Off screen, such detailed catalogues of life as it was are hard to come by. In Lancashire, however, one astonishing chronicle exists – tens of thousands of documents, ranging from royal commands from King Henry VIII, gossipy letters from the Restoration Court, estate planning in the 1800s, stewards’ accounts, wage books, and household bills – all originating on a single estate, continuously occupied by one family.

ドラマから離れると、そのような大邸宅の日常生活にはなかなかお目にかかれない。ところが、ランカシャー州に驚くべき詳細な記録が現存する。膨大な数の古文書で、国王ヘンリー8世の命令書から、王政復古期の宮廷のゴシップらしき手紙、1800年代の領地計画、執事の日記、給金帳、日々の請求書など、すべてが一族が代々生活してきたある大邸宅のものだった。

It is this treasure trove that inspired and informed the ITV series Downton Abbey, and its inhabitants are the ancestors of the show’s creator, Julian Fellowes. Lord Fellowes is a direct descendant of the Hulton family, which has occupied the Hulton estate near Bolton since the reign of Richard the Lionheart in the 12th century: his great grandmother was one Maria Isabella Hulton, whose husband, Professor John Wrightson, founded Downton Agricultural College.

この貴重品の宝庫こそがITVドラマシリーズ、ダウントンアビーのモデルとなった資料で、ここでドラマの製作者ジュリアン・フェローズの先祖が代々暮らしてきた。フェローズ卿はハルトン家の直系の子孫で、一族はボルトン近郊のハルトン領を12世紀のリチャード獅子心王の時代から所有していた。曽祖母のマリア・イザベラ・ハルトンの夫、ジョン・ライトソン教授はダウントン農業カレッジを設立した人物だ。

From the Reformation to the birth of Industrial Britain, this family has borne witness to, and at times played a central role in, the nation’s history. Yet now, their archive, which dates from 1199 to 1947 and includes plague diaries, recipes for mulled cider, railway plans and fortnightly accounts from the 1830s – and deemed of vital local and national historical importance – has been put up for sale. Experts fear the papers could end up scattered across the world should an auction take place, and have launched an urgent appeal to save them.

王政復古から工業国イギリスの誕生まで、一族は時には中心的役割を担いながら英国史の証言者となってきた。ところが今、その古文書が、1199年から1947年までに記述された疫病の記録やモルドサイダーのレシピ、鉄道計画、1830年代からの2週間ごとの記録など、地元はもとより国家的にも歴史上重要な書類が、オークションにかけられることになった。専門家は、オークションで書類が世界中に散逸してしまうのを恐れ、緊急に嘆願運動を立ち上げた。

Lord Fellowes has described the potential loss as “crackers”. He is descended from Maria Hulton on his father’s side. His grandfather, Henry, married her daughter, Georgiana – a common Hulton name. Henry volunteered to fight in the Great War in 1914 and died in the trenches of meningitis, leaving their son Peregrine, Lord Fellowes’s father bereft, aged three.

フェローズ卿はこの散逸する恐れのあることを「クラッカー(正気とは思えないもの)」と呼んでいる。卿は父方がマリア・ハルトンの血筋で、祖父ヘンリーはマリア・ハルトンの娘ジョージアーナ(ハルトン家に多い名前)と結婚した。ヘンリーは1914年の第一次世界大戦に志願して、3歳の息子ペアグラン、後のフェローズ卿の父親をあとに残して塹壕で脳膜炎のため亡くなった。

“The Fellowes married into several families that were quite interesting,” he says. “My mother came from a rather more ordinary family – she was the daughter of a civil servant – but my father’s family were, you know, more gentrified and rather grand. Of course, my entire father’s family were horrid to her. I can’t pretend they got much nicer as time went by. She was very good looking, which soothed some people, but it was always a bit of a battle for her.

「フェローズ家は昔からなかなか興味深い家系と結婚してきました。母は一般家庭出身で、母の父親は役人でした。ところが、父の一族はいわゆる上流階級でしたので、当然のことながら、皆、母につらく当たりました。時間が経つにつれ風当たりが弱まっていったと言いたいところですが、そうはいきませんでした。母は美人だったのでそれで矛先が和らぐ人もいましたが、やはり、母にとっては常に修羅場でした。

“One of the reasons why I see class as having dramatic potential is because I witnessed how hard it can be as a child, without really knowing what I was seeing. I would understand my great aunts were always nicer to us than they were to her. I never really grasped it then, but of course as I got older I understood completely.”

「階級にはドラマ性が潜んでいると考えています。それは、私自身が子供の目を通して厳しい現実をつぶさに見てきたからです。その当時は本当の意味がわかっていませんでしたが。大叔母たちがいつも自分たちに対してはよくしてくれて、母にはそうでなかったことが理解できればよかったのですが。私は少しも気がついていませんでした。もちろん、成長するにつれてすべて飲み込めるようになりました。」

Of his ancestors, Lord Fellowes seems most fascinated by his great-great-great grandfather, William Hulton, who in 1811 was appointed High Sheriff of Lancashire. On August 16, 1819, he ordered a cavalry charge on a crowd which had gathered in St Peter’s Field to listen to a speech from the radical orator Henry Hunt. The resulting 15 deaths and hundreds of injuries became known as the Peterloo Massacre. A moment, so says Lord Fellowes, “regarded as the birth of socialism and organised labour” in Britain.

フェローズ卿が先祖の中でも特に心惹かれるのは、1811年にランカシャー州長官に任命された層祖父の祖父にあたるウィリアム・ハルトンだという。1819年8月16日、セント・ピータース・フィールドに集まって過激思想家のヘンリー・ハントの演説を聞いていた聴衆に向かって、騎馬隊に突撃を命じた。15人の死者と何百人もの負傷者を出したその出来事は、ピータールーの大虐殺として知られている。フェローズ卿曰く、「社会主義と組織化された労働者の誕生の」瞬間だった。

The reams of correspondence also cover the rich coal seams which generated great wealth for the family. The first mine on the Hulton estate opened in 1571. Under William Hulton in the 1820s, the pits were connected to the Bolton and Leigh Railway – Hulton commissioning the route to be created by father of the railways, George Stephenson.

一連の文通には一族に多くの富をもたらした豊富な石炭層のことも記述されている。ハルトン領地に最初に炭鉱が掘られたのは1571年だった。1820年代のウィリアム・ハルトンの時代に、炭鉱がボルトン・アンド・レイ鉄道に連結した。ハルトンが依頼したルートを、鉄道の父ジョージ・スティーヴンソンが建設することになった。

As Manchester boomed throughout the 19th century, so did the wealth of the Hultons. Finally, after centuries of comfortable existence, another William Hulton was appointed the family’s first baronet in 1905 for services to public affairs in Lancashire.

マンチェスターが活況を呈した19世紀、ハルトン家の富も栄えた。一族が何世紀にも渡って富に恵まれた末、ついにもう一人のウィリアム・ハルトンは、ランカシャー州の公務への貢献が認められ、1905年に一族で初めて準男爵を授かった。

The last baronet, Geoffrey Alan Hulton, died in November 1993, and his beloved wife Mary Patricia followed him in 1998. After Lady Hulton’s death, Lord Fellowes was contacted by Mrs Pinkerman, her lady’s maid. What she told him about the confidences exchanged below stairs in that great country house infuse the scripts for Downton Abbey – she became his advisor on the series and, prior to that, Gosford Park.

最後の準男爵ジェフリー・アラン・ハルトンは1993年11月に亡くなり、愛する妻メアリー・パトリシアは1998年に後を追った。夫人の死後、フェローズ卿は夫人付きメイドだったミセス・ピンカーマンから連絡を受けた。ミセス・ピンカーマンが語った大邸宅の召使たちの交わす秘密の話が、ゴスフォード・パークやダウントンアビーの台本に注ぎ込まれ、ミセス・ピンカーマンはフェローズ卿のアドバイザーになった。

“I realised I was corresponding with somebody who had spent a part of her career as a good old-fashioned lady’s maid and thought what an opportunity to have her on hand,” he explains. “Her advice was fantastically useful. It was really more to do with the moments when you were informal. It was also useful for the social situations. When you were alone in the bedroom together, for example, you were two friends, but if somebody else came in suddenly you were an employer and an employee. All of that I found very interesting and would try to work it into scripts.”

「私が手紙を交換しているのは、古き良き時代のメイドとして働いていたことのある人なのだということに気がつき、そのような人が身近にいるとは何という恵まれたチャンスだろうと思いました。そのアドバイスは非常に有意義でした。話してくれたのは普段の事がらに関するものでした。また、社交状況を知る上でも役立ちました。たとえば、夫人とメイドだけで寝室にいるときは、二人は友人関係でしたが、そこへ第三者が入ってくるとたちまち主人とメイドの関係になるのです。すべてがとても興味をそそられるもので、是非とも台本に取り入れてみたいと考えました。」

Sir Geoffrey had been a well-known local figure, a former Japanese prisoner of war who cruised his estate in a Sinclair C5 – but he had no direct heir. The bulk of his estate, valued at more than £8 million, was inherited by his nephew Hugh Butterfield, a businessman based abroad. Hulton Hall, the family’s seat, had been demolished in 1958. And in 2010, the land was sold by Mr Butterfield to the Peel Group, a property investment company.

ジェフリー卿は地元ではよく知られた人物で、元日本軍の捕虜だった。領地内で一人乗り電池車シンクレアC5を乗り回していたが、直系の相続人がいなかった。800万ポンドを越す膨大な遺産は、海外在住の甥、ビジネスマンのヒュー・バターフィールドが相続した。一族の館ハルトンホールは1958年に解体されていた。土地はバターフィールド氏が2010年に不動産投資会社ピール・グループに売却した。

But the incredible archive remained. Mr Butterfield, fourth cousin once removed to Lord Fellowes, has now decided to sell it to Lancashire County Council for £95,000 – a price considerably lower than its worth which reflects its “care, conservation and cataloguing over many decades”.

一方すばらしい古文書は残った。フェローズ卿にとって遠い従兄弟にあたるバターフィールド氏は、その宝庫をランカシャー州議会に95,000ポンドで売却することを決定した。今後の「何十年にも渡る取り扱い、保存、カタログ制作」にしては破格の金額だ。

Some £35,000 has already been pledged in grants and £40,000 has been raised locally – but £20,000 is outstanding, and Lord Fellowes – who has already contributed money to keep the archive in Britain – hopes it will find public support.

35,000ポンド程はすでに支払いが決まっており、4万ポンドは地元の協力で集まったが、2万ポンドは未定だ。フェローズ卿は、古文書が英国に留まるようすでに資金を用立てており、残りの金額は一般からの協力に期待を寄せている。

“The Hultons were a major Lancashire family and lived at medieval times; I believe therefore that the archives belong in Lancashire,” Mr Butterfield explains. “Over the years, I have painstakingly collected together family papers from various sources and added them to the collection at Lancashire archives. Any emotional attachment is overridden by my desire for the collection to remain in Lancashire.

「ハルトン家は中世のランカシャー州を代表する一族でした。ですから、古文書はランカシャー州に帰属するものと考えます。」と、バターフィールド氏が語る。「長年一族の古文書を様々な出典から労を惜しまずに収集して、ランカシャーの古文書コレクションに追加してきました。どんな愛着心もコレクションはランカシャーに留まるべきだという私の強い熱意に置き換えられました。」

“It is important to me that it is not split up and I have therefore given Lancashire archives the first option to purchase it, with an understanding they will endeavour to raise the money by the end of November.”

「私にとって一族の古文書が散逸しないことが最も重要なことで、そのためランカシャー公文書保管所が購入することを第一選択肢にしました。保管所は11月末までに資金集めに全力で取り組むと理解しています。」

The Hulton collection fills 100 boxes, occupying more than 20 shelves in the climatically controlled Seventies building of the Lancashire County Council public archives in Preston. Manager Jacquie Crosby says the most outstanding document is a 1418 mandate of John Till, Prior Provincial of the Order of Dominicans in England, in favour of William, Prior of the Augustinian Priory of Cartmel. It promises, on William’s death, prayers for his soul by the whole the Dominican Order. Illuminated, with a miniature of the Resurrection, it is the only known surviving document from the 12th century Cartmel Priory and as such is priceless.

100箱に納められたハルトンコレクションは、プレストンにあるランカシャー州議会公文書館の湿度管理されたセブンティーズビルの20を超える棚に収納されている。責任者のジャッキー・クロスビーによると、最も顕著な古文書はイングランドのドメニコ会修道院の教区修道院次長ジョン・ティルの1418年の文書で、カートメルのアウグスティン修道院次長ウィリアムを支持している。そこには、ウィリアムの死去に伴い、ドメニコ修道会全体でウィリアムの冥福を祈ることを誓っている。「キリスト復活」の彩色細密画が描かれ、12世紀のカートメル修道会で唯一現存する古文書で、きわめて貴重なものだ。

Image: bbc.com “The illuminated document sent to Cartmel Priory in 1418 states upon the death of William, Prior of Cartmel, the whole of the order of Austin canons in England would pray for his soul”

“I think it’s absolutely vital that the collection remains here,’’ says Ms Cosby. “For the people of Lancashire, where the Hultons were rooted from the Middle Ages, but also for the nation. It would be a tragedy if they are lost.”

「中世からハルトン家が定住していたランカシャーの住民にとって、そして英国全体にとっても、古文書のコレクションがここに留まることは必須だと思います。散逸してしまったら悲劇です。」と、コズビー氏が話す。

Lord Fellowes agrees. “It is an extraordinary collection,” he says. “What sets the Hultons apart is the preservation – not just of important documents, but also tiny details, the laundry bills, accounts of roads being built – they kept it all. That story is about to be broken up, scattered to the four winds.”

フェローズ卿も賛同する。「これは他に例を見ないコレクションです。ハルトン家を何よりも際立たせているのは保存状況です。重要な文書であるのみでなく、これほどまでに詳細なドキュメントです。クリーニングの請求書、道路建設の状況説明など、ハルトン家はすべてを保存していました。そのような過去の物語が、今、バラバラになり四方八方に散らばりつつあるのです。」

And just as Downton Abbey has found its cherished place in public life, so, too, should this unique collection of Britain’s heritage. History does not belong just to the likes of Lord and Lady Grantham (or Sir and Lady Hulton) – it is the preserve of all of us.

ダウントンアビーが広く世間で快く受け入れられているように、この唯一無二の英国の遺産であるコレクションもそうあるべきだ。歴史はグランサム伯爵夫妻(やハルトン卿夫妻)のような特定の家だけが所有するのではなく、私たちすべてが大切に守り続けていくものだのだ。

***

結果

Monday, January 19, 2015
2015年1月19日(月)

Campaign keeps historic archive in Lancashire
資金集めの運動が功を奏し、歴史的文書がランカシャーに留まることになった

http://www.lancashire.gov.uk/news/details.aspx?Id=PR15/0020

This major family and estate archive of the Hulton family of Hulton near Bolton was deposited for safekeeping in Lancashire Record Office on 24 July 1943 by Sir Roger Hulton, 3rd baronet and 29th lord of Hulton. For the past 70 years it has been stored in the best conditions and has been freely available to the public for research and exhibition.

ハルトン家の古文書は、第3代準男爵で第29代公爵のロジャー・ハルトン卿が、1943年7月24日にランカシャー州立資料館に保管目的で預けた。過去70年間に最良の室内環境で保管され、研究や展示目的で一般公開されていた。