ヴェルサイユ宮殿マリー・アントワネットの居室の修復について、chateauversailles.frの文と試訳です。

*******

The Cabinet of the Meridian
正午の間

Intimate refinement
In the Private apartment of Marie Antoinette
マリー・アントワネットの居室のくつろいだ優美な装飾

Image: chateauversailles.fr “The Cabinet of the Meridian”

The Cabinet of the Meridian, located on the first floor in the middle of the Palace, is undoubtedly the most captivating room in the Private apartment of Marie Antoinette. It is a small, charming and refined, octagonal-shaped boudoir. The name “Meridian” seems to indicate its particular use during the midday hours.

メリティアンの間(正午の間)は、ヴェルサイユ宮殿中央部2階に位置し、マリー・アントワネットの居室の中でも間違いなく最も魅了される部屋です。愛らしく洗練された8角形のこじんまりしたブドワール(婦人用私室)です。「メリディアン(正午)」という名称から、日中特定の目的に使用されていたことがうかがえます。

The current decor was created in 1781 according to drawings by Richard Mique. The woodwork by the Rousseau brothers and splendid bronzes surrounding the mirrors on the doors are rich in symbols: of the queen (the eagle of Austria) or the king (eagle symbol of Jupiter), love (rosebush stems with hearts with arrows through them), marriage (peacocks, attributes of Juno the goddess of marriage) or maternity (dolphins).

リシャール・ミクの素描画によると、現在の装飾は1781年に制作されました。様々なシンボル、王妃(オーストリア帝国の鷲)、国王(ジュピターを表す鷲)、愛(矢が射抜かれたハートが咲くバラの木)、結婚(結婚の女神ユノを表す孔雀)、母性(イルカ)などルソー兄弟による木彫と見事なブロンズが、扉の鏡の周囲に施されています。

The ironwork of a fineness comparable to that of jewellery-making, the red Campan marble chimney, the George Jacob armchairs, the gilded bronze pedestal table, all these elements testify to the extreme fineness of this intimate place.

宝飾品を思わせる繊細なアイアン細工、赤いカンパン産大理石の暖炉、ジョルジュ・ジャコブのアームチェア、金メッキのペデスタルテーブルなど、ひとつひとつがこの親密な空間の洗練の極みを証言しています。

Today, the decor, one of most exquisite of those created for the Queen, is rather faded in comparison to its original splendour.
The room will be entirely dismantled in order to restore the bronzes, woodwork and wooden floor and install technical equipment (lighting, fire safety, etc.). The old gilding will be cleaned and the “royal white” distemper painting redone according to 18th century methods.

王妃のために制作されたこのような絶妙な装飾が、現在、かつての輝きを失いつつあります。
ブロンズ細工や木彫、寄木張りの床を修復し、機器(照明、火災予防対策など)を設置するため、メリディアンの居室は修復工事が始まります。

Estimated budget: €800,000
Duration of the renovations: 18 months
予算:80万ユーロ (1億800万円)
修復期間:1年6ヶ月

Published on 17 Feb 2015 by Château de Versailles