およそ200年前の今日、チャールズ・ディケンズが生まれました。
bbc.co.ukから抜粋と試訳です。

***

Charles Dickens (1812 – 1870)

Image: Wikipedia

Charles Dickens is much loved for his great contribution to classic English literature. He was the quintessential Victorian author. His epic stories, vivid characters and exhaustive depiction of contemporary life are unforgettable.

チャールズ・ディケンズはヴィクトリア朝を代表する作家で、偉大な英文学に大いに貢献したことで大変人気がある。そのスケールの大きいものがたり、生き生きとした登場人物、同時代の日常の詳細な描写はいつまでも心に残る。

His own story is one of rags to riches. He was born in Portsmouth on 7 February 1812, to John and Elizabeth Dickens. The good fortune of being sent to school at the age of nine was short-lived because his father, inspiration for the character of Mr Micawber in ‘David Copperfield’, was imprisoned for bad debt. The entire family, apart from Charles, were sent to Marshalsea along with their patriarch. Charles was sent to work in Warren’s blacking factory and endured appalling conditions as well as loneliness and despair. After three years he was returned to school, but the experience was never forgotten and became fictionalised in two of his better-known novels ‘David Copperfield’ and ‘Great Expectations’.

ディケンズ自身は貧しい家庭で育って後に裕福になり、典型的な成功物語を生きた。1812年2月7日にポーツマスでジョン・ディケンズとエリザベス・ディケンズの子として生まれた。9歳で学校に入学したが、恵まれた日々は長続きしなかった。父親が借金のために収監されてしまった。ところで、その父親が「デイヴィッド・コパフィールド」に登場するミコーバー氏のモデルとなった。家族は全員、父親と共に監獄のあるマーシャルシーに送られた。一方ディケンズはワレンの靴墨工場で働くことになり、辛酸な境遇の中、孤独と絶望の日々を過ごした。3年後に学校に戻ったが、その時の忘れられない体験からよく知られた小説「デイヴィッド・コパーフィールド」と「大いなる遺産」が誕生した。

Like many others, he began his literary career as a journalist. His own father became a reporter and Charles began with the journals ‘The Mirror of Parliament’ and ‘The True Sun’. Then in 1833 he became parliamentary journalist for The Morning Chronicle. With new contacts in the press he was able to publish a series of sketches under the pseudonym ‘Boz’. In April 1836, he married Catherine Hogarth, daughter of George Hogarth who edited ‘Sketches by Boz’. Within the same month came the publication of the highly successful ‘Pickwick Papers’, and from that point on there was no looking back for Dickens.

よくあるように、ディケンズはジャーナリストとして執筆活動を始めた。父親は新聞記者になり、ディケンズは「ミラー・オブ・パーリアメント」誌と「トゥルーサン」誌でジャーナリストとしての第一歩を踏んだ。1833年には「モーニング・クロニクル」の議会担当記者になった。新聞社での知り合いを通じて、ボズの名でエッセイ集が出版された。時を同じくして出版された「ピクイック・ペーパー」が大成功をおさめ、この時からディケンズは過去を引きずらなくなった。

/…../
省略

He died of a stroke in 1870. He is buried at Westminster Abbey.

ディケンズは1870年に心臓発作で亡くなり、ウエストミンスター寺院に葬られた。