ミケランジェロの話題を2つ。
BBCのウェブサイトから記事と、試訳です。

****

Michelangelo’s David to be protected from earth tremors
ミケランジェロのダビデ像、地震の震動から保護

21 December 2014
Last updated at 06:40 GMT
2014年12月21日

The Italian government is to spend around €200,000 (£156,000) on a new plinth for Michelangelo’s David to protect the statue from earth tremors.

イタリア政府は20万ユーロ(15万6000ポンド)を交付して、ミケランジェロのダビデ像に新たに台座を設置し、地震の揺れから大理石像を保護することになった。

The region around Florence has had hundreds of small quakes in recent days, and reports say people near the epicentre of the tremors have chosen to sleep outside in tents and camper vans in case of a stronger earthquake.

フィレンツェ周辺では、この数日、地震による小規模な震動が数百回もあり、震源地近辺の住民の中には、大地震に備えてテントやキャンピングカーで夜を過ごす家族もいるとメディアが伝えている。

Tim Allman reports.

BBCのビデオを見るには、画像をクリック。

screenshot

Screenshot of BBC video clip

****

30 October 2014 Last updated at 02:54
2014年10月30日

Vatican Sistine Chapel gets new lighting and AC system
ヴァチカンのシスティーナ礼拝堂、照明と空調を最新のものに

The Vatican has unveiled a high-tech lighting and air-conditioning system to better preserve and display the famous frescoes of the Sistine Chapel.

ヴァチカンは、有名なシスティーナ礼拝堂フレスコ画の保存と閲覧状態を向上するため、ハイテクの照明と空調設備を設置したことを明らかにした。

The new air-conditioning aims to reduce the damage to the frescoes from dust, and from the breath, sweat and heat of some six million annual visitors.

最新の空調設備で、埃や年間600万人に及ぶ来館者が発する息や汗、熱気から、フレスコ画の損傷を軽減することができるようになった。

The new LED lighting saves energy and highlights neglected features.

新しいLED照明により省エネを促進し、これまで見ることができなかったフレスコ画の詳細を明らかにすることができる。

The chapel’s renowned sights include a ceiling by Michelangelo, depicting a bearded God giving life to Adam.

ミケランジェロが天井に描いたフレスコ画の中でも、髭のある神がアダムに命を授けるシーンは特によく知られている。

The new illumination system comprises 7,000 LED lights.

照明には、7000個のLEDライトが使用されている。

Some of these lights aim to show off the deep blue background of another Michelangelo fresco, The Last Judgement.

LED照明は、また、もう一つのミケランジェロのフレスコ画、「最後の審判」の背景に描かれている深い青色も美しくに浮き上がらせる。

Others highlight frescoes by artists such as Botticelli, Perugino and Domenico Ghirlandaio, whose Sistine Chapel work has been overshadowed by Michelangelo’s.

その他にも、ミケランジェロの陰に隠れている芸術作品、たとえば、ボッティチェリやペルジーノ、ドメニコ・ギルランダーイオのフレスコ画にも光が当たる。

The new lighting is expected to cut the Vatican’s energy bills by more than 80%, the Associated Press news agency reports.

APニュースによると、新しい照明でヴァチカンは電気代を80%削減できるという。

The new air-conditioning will move air slowly through the vast chamber, so as not to damage the frescoes.

新しいエアコンは、広大な礼拝堂の中の空気の流れを緩慢にして、フレスコ画に損傷を与えないようにできる。

The flow, humidity and temperature of the air will be adjusted using data from 70 sensors in the chapel walls, as well as from TV cameras that monitor the number of visitors.

空気の流れや湿度、気温は、礼拝堂の70ヶ所に設置されたセンサーから送信されるデータと、TVカメラで来館者をモニターすることで調節する。

Dust, body sweat and carbon dioxide are regarded as major threats to the fragile frescoes.

埃や汗、二酸化炭素は損傷しやすいフレスコ画の最大の敵とみなされている。

The existing air-conditioning was installed 20 years ago, when the Sistine Chapel received only 1.5 million visitors every year.

これまでの空調設備は20年前に設置されたもので、当時は150万人ほどの来館者だった。

The new systems took three years to install and cost a total of 3m euros (£2.4m; $3.8m), AP reports.

APによると、新しく設備を導入するのに3年の歳月と300万ユーロ(240万ポンド、380万ドル)のコストがかかった。

Vatican Museums director Antonio Paolucci told the agency that it was fitting that the 450th anniversary of Michelangelo’s death – which falls this year – was being marked by “something durable, not ephemeral”.

ヴァチカン美術館館長アントニオ・パオルッチ氏がAPに語ったとこによると、この大改修はミケランジェロの死後450周年に当たる今年に合わせたもので、「一過性のものではなく、持続可能なもの」で対応した。

Michelangelo painted his Sistine Chapel frescoes in the first half of the 16th Century. Their last major restoration, spanning 14 years, was completed in 1994.

ミケランジェロは16世紀前半にシスティーナ礼拝堂の天井画を製作した。最近の大規模な修復には14年かかり、1994年に完成した。

スクリーンショット 2014-12-24 22.06.26

Screehshot from BBC (BBCビデオを見るには画像をクリック。)