14世紀に制作された王家の墓碑の一部が、オークションで落札られたという記事です。
expatica.comから文と、試訳です。

****

Marble head, believed to be of French queen, sold for 1.15mn euros

フランス王妃のものとされている頭部大理石像、115万ユーロで落札

11th December 2014,
2014年12月11日

Image; geni.com

A 600-year-old marble head, believed to be from a sculpture of French queen Jeanne de Bourbon, wife of Charles V, was auctioned off for 1.15 million euros ($1.3 million) in Paris on Thursday.

シャルル5世の妃、フランス王妃ジャンヌ・ド・ブルボンの彫刻像の一部だったとされる600年前の頭部大理石像が、木曜日にパリで115万ユーロ(130万ドル)で落札された。

The head, believed to date from between 1370 and 1380, is decorated with intricate braids in fashion at the time and is “well preserved despite light damage to the nose and lips,” according to the Piasa auction house.

頭部大理石像は1370年から1380年に制作されたとされ、髪は当時流行していたように繊細に編み込まれ、「鼻と唇に軽い損傷がある以外は保存状態が良好」だと、ピアサ・オークションハウスが記述している。

The work is attributed to Flemish sculptor to the royals Jean de Liege.

この頭部は、王室専属フランドル人彫刻家ジャン・ド・リージュ作とされている。

The auction house said all evidence pointed “to this exceptional head originating from the tomb effigy of Jeanne de Bourbon, Queen of France.”

ピアサによるとすべての証拠が、「このすばらしい頭部彫刻が、フランス王妃ジャン・ド・ブルボンの墓碑の一部だった」ことを示している。

Among the clues cited by Piasa were the form of a crown on the sculpture and damage to the back of the head suggesting it was hacked off when the tomb was vandalised during the French Revolution.

ピアサによると、彫刻の王冠の形や、フランス革命時に墓所が故意に破壊されたとき持ち去られたことをうかがわせる頭部後ろの損傷が、この頭部の帰属を示唆している。

“Only a royal effigy could have warranted such an operation.”

「そのような取り扱いが保障されたのは王家の墓碑だけです。」

Queen Jeanne, not renowned for her beauty, died shortly after giving birth to her ninth child aged 40.

王妃ジャンヌは美貌で知られていたわけではなく、40才で第9子を出産した直後に亡くなった。

“To find ourselves in the presence of the effigy bust of Jeanne de Bourbon may seem extraordinary,” said Piasa, adding that various elements from her vandalised tomb had come to light in recent years.

「ジャンヌ・ド・ブルボンの墓碑頭部を目の前にすると、感慨もひとしおです。」とピアサが語った。近年、王妃の破壊された墓から様々な要素が着目されているという。

The auction house said the exact journey of the effigy from its removal during the revolution to its reappearance in the hands of a Belgian antiques dealer more than fifty years ago “will doubtless remain a mystery.”

ピアサによると、頭部彫刻が革命中に取り外され50年以上前にベルギーの古美術商のもとに再び現れるまでの軌跡は、「間違いなく今後も謎のままでしょう。」

“It was detached, preserved, then haggled over; sold to a trafficker in royal goods; bought by an admirer of the Ancien Regime; taken across the frontier before falling into the hands of the antiques trade; and finally acquired by a Belgian engineer enamoured of beautiful objects.”

「この彫刻は、取り外されて保管され、そして価格が決まり王室関連品の裏取引商の手に渡り、アンシャンレジームの崇拝者が購入し、国境を越えてアンティーク商の手に渡り、最終的にベルギーの美術愛好家が落札することになりました。」
© 2014 AFP

Image: piasa.fr