バレエ界のスターたちが、出身校であるキエフのバレエ学校を支援するようです。telegraph.co.ukから記事と試訳です。

*****

Russia’s Bolshoi theatre hosts concert in aid of Ukraine

ロシアのボリショイ劇場、ウクライナ支援の公演を主催

World’s most famous ballet theatre stages politically sensitive gala in support of young dancers in Kiev

世界的に有名なバレエ団が、キエフの若いダンサーを支援するため、政治的にデリケートなガラ公演を開催する。

Russian and Ukrainian ballet dancers will seek to set aside the conflict embroiling their respective governments at a much anticipated but politically sensitive charity concert on Sunday night.

ロシアとウクライナのバレエダンサーは、この日曜日の夜、待ち望んでいた、ただし、政治的にデリケートなチャリティー公演で、両政府の対立から距離をおこうとしている。

The Bolshoi Theatre, Russia’s most famous cultural institution, hosted the gala performance dubbed “Ballet Without Borders” in Moscow on Sunday evening.

ロシアを代表する芸術団体であるボリショイバレエ団は、「国境のないバレエ」というタイトルのガラ公演を、日曜日にモスクワで開く。

Proceeds from the show, which has been organised by the Bolshoi Theatre’s Ukrainian-born prima ballerina Svetlana Zakharova, will go towards the Kiev State Ballet School in Kiev, where organisers say young dancers train in poor conditions.

企画したのはボリショイバレエ団のウクライナ出身プリマバレリーナ、スヴェトラーナ・ザハロワで、売上金はキエフ国立バレエ学校に寄付することになっている。主催者によると、バレエ学校の生徒は劣悪な環境で学んでいるという。

The concert, which sold out, is politically sensitive because Kiev and Moscow are locked in an on-going confrontation that has brought the two countries to the brink of all-out war.

この公演は、チケットは売り切れているが政治的にはデリケートだ。キエフとモスクワは長らく対立が続き一触即発の状態だからだ。

“It was a full house, it was a huge success,” the producer of the concert, Yuri Baranov, told AFP, referring to rapturous applause and stamping of feet.

「満席で大成功です」と、公演のプロデューサーであるユーリ・バラノフは、大反響の様子をAFPに語った。

More than 4000 people have died in a conflict between Ukrainian government forces and Kremlin backed separatists in eastern Ukraine since April.

ウクライナ政府軍とクレムリンが支援する分離派の紛争で、4月以降4000人以上が死亡している。

But organisers of the concert say the move has nothing to do with politics.

だが、公演主催者はこの企画は政治とは無関係だと話している。

“It’s necessary to help children, no matter what country they live in,” said Ms Zakharova, who said she had the idea after visiting her alma mater in Kiev last year “before the [political] situation became complicated.”

「どの国に住んでいようとも子供たちには支援が必要です。」と、ザハロワが語った。このチャリティは、去年、「(政治的)状況が悪化する前に」キエフの母校を訪ねた時に思い立ったと話した。

“There was no way back – these are kids.”

「後戻りはしません。子供たちがそこにいるのです。」

The Kiev State Ballet School is one of the most prestigious in the former Soviet Union, but Ms Zakharova said she was dismayed to see the building in dire need of renovation and repair, including a new roof.

キエフ国立バレエ学校はソ連時代から続く名門だが、ザハロワは、屋根をはじめ建物は緊急に改修が必要な状態であることを見て驚愕したと語った。

It is a topic that has brought together the cream of the ballet world.

一方、この公演はバレエ界のスターが集まることで話題となっている。

“I came to support the guys,” sad Natalia Osipova, a former Bolshoi star who joined the Royal Ballet last year, who will be performing. ”How can one refuse? I recall how terrible it was to enter a dance hall in winter and shiver.”

「皆を支援するために参加します」とナタリア・オシポワが語った。ボリショイバレエ団の元スターで去年ロイヤルバレエ団に移籍したオシポワも今回参加する。「どうして断ることができるの?冬の稽古場に震えながら入ったときのひどかったことを思い出すわ。」

The effort underscores the close relationship that long existed between Russia and Ukraine before the crisis sparked by February’s revolution in Kiev.

この企画は、キエフで2月に起きた革命がきっかけで危機状態となったロシアとウクライナが、その前には緊密な関係が長く続いていたことを思い起こさせる。

In a sign of the sensitivity of the subject, the organisers have been unable to find a sponsor. And Yuri Baranov, a fellow graduate of the school who is producing the concert, has been careful to distance the event from politics of any sort.

敏感な問題を物語るように、主催者はスポンサーを見つけることができないでいた。プロデューサーで当校出身者でもあるユーリ・バラノフは、この企画を注意深く政治関連から遠ざけてきた。

“This is an initiative of the artists and not the government or the management,” he said.

「この公演は芸術家が取り組んでいるのであって、政府や劇場上層部は関係ありません」と、パラノフ氏が語る。

The crisis has also affected the effort in other ways.

この危機は別の形でも陰を落としている。

Organisers hope to raise $300,000, but may take only half that because of the sharp collapse of the ruble, which has lost almost half its value since the annexation of Crimea in March.

主催者は30万ドルの売上金を見込んでいたが、ルーブルの下落が影響してその半額になりそうだ。ルーブルは3月のクリミア統合以来価値がほぼ半減している。

Leonid Sarafanov, a principal dancer with the Mikhailovsky Theatre in Saint Petersburg, and Alina Cojocaru, the Romanian-born star of the English National Ballet – who both trained in Kiev – took part in the gala.

キエフでバレエを学んだ2人のスター、サンクト・ペテルブルグ、ミハイロフスキーバレエ団のプリンシパルダンサー、レオニード・サラファノフと、イングリッシュ・ナショナル・バレエ団のルーマニア出身のスター、アリーナ・コジョカルも、ガラ公演に出演する。

***

ウクライナのニュース=>UKRAINE TODAY

***

Best students of Kiev state ballet school

Published on 28 May 2014 by ukrainian ballet

*

Students of Kiev State Ballet School

Published on 29 May 2015 by ukrainian ballet