ヴェルサイユ宮殿で展示されている王の円筒形の書斎机について、chateauversailles.frから抜粋と試訳です。

***
Mechanical and technical innovation
機械仕掛けと技術のイノベーション

Image: Wikipedia

Louis XV’s secretary desk, a work by Jean-François Oeben and Jean-Henri Riesener, is considered the most iconic piece of French-engineered furniture of the 18th century. Remarkable for its grandeur and for the beauty of its marquetry tableaux and bronzes, the desk is highly complex in its design and beautifully made. It took nine years to craft; started in 1760 by Oeben, a master marquetry artisan renowned for his small mechanized furniture pieces; it was finally delivered in 1769 by his student Jean-Henri Riesener.

ジャン=フランソワ・オーベンとジャン=アンリ・リーズネルが制作したルイ15世のライティングデスクは、18世紀フランスが設計した家具の文字通り代表作です。目を見張る豪華さと寄木細工やブロンズ工芸の美しさが際立ち、非常に入り組んで設計されすばらしい出来栄えになっています。制作には9年の歳月がかかりました。小ぶりの機械仕掛けの家具で名の知れた寄せ木細工の巨匠オーベンが1760年に制作に取りかかり、弟子のジャン=アンリ・リーズネルが1769年に仕上げました。

Every detail required a great deal of skill. A complex system of springs and counterweights opens the roll-top lid and all of the drawers with a simple quarter turn of the key. The oval roll top is composed of seven articulated slats veneered with violet wood, sycamore and mahogany.

デスクの細部にまで相当な技量が必要でした。バネと重りの複雑な仕掛けと単純に鍵を90度づつ回転することで、ロールトップのふたや引き出しが開きます。円筒形のロールトップは、バイオレットウッドとセイヨウカジカエデ、マホガニーを化粧張りした7枚のスラット (薄板) を接合してでできています。

Le bureau du Roi
Published on 30 Oct 2014 by Château de Versailles