歴史上の人物の言動で誤解されている例をあげています。online.wsj.comの記事と試訳です。

***

A Few Great Historical Myths
偉大なる歴史上の伝説

Marie-Antoinette probably never said ‘Let them eat cake’—and other false legends.
マリー・アントワネットは「お菓子を食べさせればいいじゃない」とは決して言わなかっただろう。そして、他にも間違って伝わる有名人がいる。

Image: chateauversailles.fr

Posterity is a curious thing. To some, it accords unmerited glory; to others, it bequeaths lasting shame.

後世の私たちは詮索好きだ。それは、不相応な栄光を与えたり、不名誉な言い伝えを残す。

Marie-Antoinette, whose execution took place on Oct. 16, 1793, is one of many who have suffered more than their fair share from posterity. As every schoolchild loves to repeat: When told that the French people had no bread to eat, the thoughtless queen uttered the immortal words, “Let them eat cake,” thereby meriting her dreadful fate at the guillotine.

1793年10月16日に処刑されたマリー・アントワネットも、後世の正当な評価以上の悪評に悩む1人だ。子供が嬉々として同じ言葉を繰り返すように、「フランス人民には食べるパンがないと聞くと、思慮のない王妃は有名な言葉を残した。『ケーキを食べさせればいいじゃない。』それ故、ギロチンという恐ろしい運命に陥るのはもっともだ」と繰り返し言われてきた。

Marie-Antoinette had many faults, including an unerring ability to choose the wrong friends. But crassness was not among them. She probably never said the phrase, according to Antonia Fraser ’s sympathetic, revisionist biography. Judging by the number of women (and it’s only women, for some reason) who have been accused of making the “cake” comment, it’s highly likely that the incident never happened.

マリー・アントワネットにはいくつも欠点があった。間違いなくふさわしくない友人を選ぶという能力もそのひとつだ。だが、その友人たちが酷かったのではない。アントワネットは「お菓子」発言をしてはいなかっただろうと、アントニア・フレイザーが同情的で歴史修正主義の伝記に書いている。何人もの女性(どういうわけか、女性だけなのだが)がこの「お菓子」発言を引き合いに出して批判されたことから判断すると、アントワネットのこの発言はどうもなかったことらしい。

In his “Confessions,” the philosopher Jean-Jacques Rousseau recalled that “a great princess” used the phrase. Since Marie-Antoinette did not arrive in France until 1770, the year Rousseau finished the work, that seems to rule her out. More than half a century later, the memoirs of the Comte de Provence (the future Louis XVIII) attributed the words to a different royal with a similar name: Maria Theresa of Spain, the wife of Louis XIV.

哲学者ジャン・ジャック・ルソーは著書「告白」の中で、「偉大なプリンセス」がこの発言をしていたと書いている。マリー・アントワネットはルソーがこの著書を完成した1770年にフランスに嫁いできたので、アントワネットのことではなさそうだ。50年以上後に、プロヴァンス伯(後のルイ18世)がメモワールに、似たような名前の別の王妃、スペインのマリア・テレサ(ルイ14世の妃)の発言として書いている。

According to Ms. Fraser, other unlucky women who have been lumbered with the phrase include Madame de Pompadour, mistress of Louis XV, and Madame Sophie, an aunt of Louis XVI. It was sheer bad luck that Marie-Antoinette ended up being the one everybody remembers.

フレイザー氏によると、他にもこの発言を押し付けられた女性がいる。ルイ15世の愛妾ポンパドール夫人や、ルイ16世の叔母ソフィー婦人などだ。最終的にマリー・アントワネットが誰もが認める発言者に落ち着いたのは、まことに不運としか言いようがない。

By contrast, an extra dollop of good luck resulted in Christopher Columbus walking away with the prize of “discovering” the Americas. He stumbled upon the New World on October 12, 1492, but he was not the first European to land on or attempt to colonize it.

反対に、ちょっとした幸運が、クリストファー・コロンブスを死後にアメリカ大陸の「発見者」にした。コロンブスは1492年10月12日に新大陸に偶然たどり着いたが、上陸したり植民地化しようとした最初のヨーロッパ人ではない。

Image: Wikipeida “12 October 1492 – Christopher Columbus discovers The Americas for Spain, painting by John Vanderlyn.”

North America might well have been known as Vinland, the name given to the continent by the Viking explorer Leif Erikson. Around 1000, Erikson seems to have established a foothold in North America, likely on the northernmost tip of Newfoundland at L’Anse aux Meadows. His bleak settlement there may well have consisted of roughly 90 people. They stuck it out for a few years, made enemies of the locals and sailed back to Greenland.

北米はかつてヴィンランドと呼ばれ、バイキングの探検家レイフ・エリクソンがその名付親とされた。1000年頃、エリクソンは北米、恐らくニューファンドランド島最北端ランス・オ・メドーに拠点を築いたと見られていた。その荒涼とした新開地には、90人程が暮らしていたと推定されていた。数年辛抱強く留まったが、地元に敵を作りグリーンランドに戻っていった。

The story, as told in the ancient Norse “Greenlanders’ Saga,” was largely dismissed as mead-addled mythmaking until the 1960s, when archaeologists located both the settlement’s ruins and several Viking artifacts, including a bronze cloak pin. Congress duly passed a law in 1964, adopting October 9 as Leif Erikson Day. But Columbus Day, first celebrated in 1792 and made a federal holiday in 1937, won the posterity stakes.

考古学研究者が開拓地の廃墟や青銅製の外套ピンなどヴァイキングの遺物の場所を特定してから、1960年代までには古代スカンジナビアの「グリーンランド人のサガ」に出てくるこの物語は作り話だとしてほぼ退けられた。米議会は10月9日を「レイフ・エリクソンの日」とする法案を1964年に正当に可決した。一方、「コロンブスの日」は1792年に最初に記念日となり1937年に連邦の祭日になった。後世にコロンブスがエリクソンを凌いだ。

Marie-Antoinette and Columbus join a list of distinguished historical personages whose deeds and sayings have become the stuff of legend. Others include Julius Caesar, who probably wasn’t the first baby born via a caesarean section; he seems to have had a normal birth but did pass a law making C-sections legal.

マリー・アントワネットやコロンブスは、言動が伝説となった名高い歴史上の人物に仲間入りしている。その他に、ジュリアス・シーザーは恐らく帝王切開で生まれた最初の乳児ではない。シーザーは普通分娩で生まれたが、帝王切開を合法化する法律を通過させることはした。

Image: Wikipedia “シーザー”

Lady Godiva is another. She did not ride naked through Coventry—for the basic reason that she never existed. True, a Lady Godifu lived in the 11th century, but the horse story is a 13th-century fabrication by Benedictine monks, says Harvard literature professor Daniel Donoghue.

ゴダイヴァ夫人もその一例だ。夫人は決してコヴェントリーを裸で騎馬行進してはいない。そもそも夫人は存在していなかったからだ。11世紀にゴダイフ夫人という人物は生存していた。だた、乗馬の物語は、13世紀のベネディクト会修道士の造り話だと、ハーバード大学文学部のダニエル・ドナヒュ教授が話す。

Nor did Thomas Edison invent the light bulb; he took Sir Humphry Davy ’s 1802 invention of incandescent light and made it commercially viable.

また、トマス・エジソンは発熱電球を発明してなどいない。サー・ハンフリー・デービーが1802年に発明した白熱灯を商業的に実現可能にしたにすぎない。

Image: Wikipedia “Sir Humphry Davy (1778 – 1829) by Thomas Phillips”

Finally, Kurt Vonnegut didn’t famously urge MIT’s 1997 graduating class to “wear sunscreen” since he never gave the commencement speech there. That supposed speech—one of the most widely quoted and forwarded in Internet history—was actually a column in the Chicago Tribune.

最後に、MITの1997年度卒業生に語ったという有名な言葉「日焼け止めをつけなさい」は、カート・ヴォネガットの発言ではない。ヴォネガットは同大学で一度も卒業スピーチを行ったことがない。言い伝えのスピーチは、インターネット史上最も広く引用・転送されているが、実際には、シカゴトリビューン誌の記事だった。