ギリシャで最近発掘された古代墓所で、見事なモザイクの床が発見されたという記事です。
greece.greekreporter.comの記事と、試訳です。

***
Stunning Mosaic Floor Revealed in Amphipolis Tomb
アンフィポリスの墓所にすばらしいモザイク発見

by Ioanna Zikakou Oct 12, 2014
2014年10月12日

Archaeologists have publicized photos of a stunning mosaic floor recently excavated within the ancient tomb of Amphipolis in northern Greece.

考古学者が、ギリシャ北方アンフィポリスの古代墓地で、このほど発掘した見事なモザイクの床の写真を発表した。

Image: greece.greekreporter.com

According to the Greek Ministry of Culture, the beautiful mosaic was discovered in the second chamber of the tomb, the site of the Caryatids‘ discovery. The colorful floor was laid with white, black, grey, blue, red and yellow pebbles and depicts a chariot in motion. Hermes, the messenger of the gods, is pictured in front of the chariot.

ギリシャ文化省によると、美しいモザイクは、カリアティードが発見された墓所の第二室で見つかった。色とりどりの床には、白、黒、灰色、青、赤、黄色の石が敷き詰められ、走っている二輪戦車が描かれている。二輪戦車の前には神々の使者ヘルメスが描かれている。

“The central theme is a chariot in motion, pulled by two white horses and driven by a bearded man, crowned with a laurel wreath,” the Ministry said in a statement.

「中心のテーマは走っている二輪戦車で、2頭の白馬が引き月桂樹の冠を冠った髭のある人物が手綱を取っています。」と文化相が述べている。

The mosaic showcases the artist’s ability to portray the figures, horses and colors in exquisite detail.
According to a Culture Ministry announcement, Hermes is depicted here as the conductor of souls to the afterlife.

このモザイクは、人物像や馬、色づかいを絶妙なまでに詳細に描く作者の技量を余すところなく伝えている。文化省の発表によると、このヘルメスは魂を死後の世界へ導く案内役として描かれている。

The stunning artwork, which has yet to be fully uncovered, spans the entire floor of the second chamber. It currently measures 4.5 meters in width and 3 meters in length. The central scene is surrounded by a decorative frame, 0.60 meters in width, featuring a double meander, squares and a wave-curl design.

この芸術作品は、まだ全容を現していないが、第二室の床全体に広がっている。現状では、幅4.5m、長さ3mの大きさだ。中央の場面を幅60cmの装飾帯が囲み、二重のギリシャ雷文、正方形、波状の渦巻き模様が描かれている。

According to archaeologists, a section of the mosaic floor has been destroyed. The Amphipolis team was able to recover the disturbed pebbles during the excavation process, however, and plans on being able to eventually piece the mosaic back together.

考古学者によると、モザイクの床の一部は崩れている。だが、発掘作業中に壊れたモザイクの石を発見することができたので、最終的には、元通りに補修するできる計画だ。

The ministry says that archaeologists have dated the mosaic to the last quarter of 4th century B.C. (325-300 B.C.), consistent with their belief the grave contains the remains of a contemporary of Alexander the Great, the ancient Greek King of Macedonia, who conquered the Persian Empire and reached present-day India, Afghanistan and Uzbekistan in a whirlwind campaign, from 334 to 323 B.C. The grave may be that of a relative or general of Alexander’s, archaeologists have speculated.

文化相によると、研究者はモザイクの年代を紀元前4世紀第4四半期(BC325-300年)と特定している。それは、この墓所には、古代ギリシャのマケドニア王アレクサンダー大王と同時代の人物が埋葬されたと推定されていることと一致する。アレクサンダー大王はBC334年からBC323年に、ペルシャ帝国を征服し、旋風のごとき軍事行動で現在のインド、アフガニスタン、ウズベキスタンにまで進軍した。考古学者は、この墓は大王の身内の人物か将軍のものではないかと推定している。

Image: Wikipedia “アレキサンダー大王 (BC356-323)”

Alexander himself, who died in Babylon in present-day Iraq at age 32, in 323 BC, is believed to have been buried in Egypt.

アレキサンダー大王は、BC323年に32才でバビロニア、現在のイラクで亡くなり、エジプトに埋葬されていると見られている。

*モザイクの写真はこちら