今のフィレンツェを残してくれたアンナ・マリア・ルイザについて、Wikipedia (生涯), ブログ (功績)、ウェブサイト (遺骨発掘)からの抜粋と、試訳です。

************************

アンナ・マリア・ルイザの生涯について、wikipedia.orgから抜粋

Anna Maria Luisa de’ Medici (11 August 1667 – 18 February 1743) was the last scion of the House of Medici. A patron of the arts, she bequeathed the Medici’s large art collection, including the contents of the Uffizi, Palazzo Pitti and the Medicean villas, which she inherited upon her brother Gian Gastone’s death in 1737, and her Palatine treasures to the Tuscan state, on the condition that no part of it could be removed from “the Capital of the grand ducal State….[and from] the succession of His Serene Grand Duke.”[1][2]

アンナ・マリア・ルイザ・デ・メディチ (1667年8月11日-1743年2月18日)は、メディチ家最後の継承者。芸術の擁護者で、メディチ家が所蔵する膨大な数の芸術作品を、「大公国の首都…大公殿下の継承者」から一切持ち出さないことを条件に、トスカーナ公国政府に寄贈した。こうして、1737年に弟ジャン・ガストーネの死に伴い相続したウフィッツィ美術館、ピッティ宮殿、メディチ家別荘にあった数々の芸術品やプファルツの財宝は、今日までフィレンツェに留まることになった。

Image: Wikipedia “アンナ・マリア・ルイザ・デ・メディチ Anna Maria Luisa de’ Medici (1667 – 1743)”

Anna Maria Luisa was the only daughter of Cosimo III de’ Medici, Grand Duke of Tuscany, and Marguerite Louise d’Orléans, a niece of Louis XIII of France. On her marriage to Elector Johann Wilhelm II, she became Electress Palatine, and, by patronising musicians, she earned for the contemporary Palatine court the reputation of an important music centre. As Johann Wilhelm had syphilis the union produced no offspring, which, combined with her siblings’ barrenness, meant that the Medici were on the verge of extinction.

アンナ・マリア・ルイザは、トスカーナ大公コジモ3世・デ・メディチとマルゲリーテ・ルイーズ・ドルレアン(フランス国王ルイ13世の姪)の1人娘。選帝侯ヨハン・ヴィルヘルム2世と結婚してプファルツ選帝侯夫人となった。また、音楽家を擁護したことで、当時のプファルツ宮廷を音楽の中心地にした。ヨハン・ヴィルヘルムの病気が原因で2人には子供がなく、弟にも子供が授からなかったため、メディチ家は消滅の危機にあった。

Image: Wikipedia “ヨハン・ヴィルヘルム(Johann Wilhelm, 1658 – 1716”

In 1713 Cosimo III altered the Tuscan laws of succession to allow the accession of his daughter, and spent his final years canvassing the European powers to agree to recognise this statute. However, in 1735, as part of a territorial arrangement, the European powers appointed Francis Stephen of Lorraine as heir, and he duly ascended the Tuscan throne in her stead.

コジモ3世は1713年にトスカーナ公国の法律を改定して娘が継承できるようにし、晩年はヨーロッパ諸公を歴訪してこの法令を受諾するよう説いて回った。ところが、1735年、領土の取り決めの一環として、ヨーロッパ諸公はロレーヌ公フランツ・シュテファンを後継者に指名し、アンナ・マリア・ルイザではなくフランツ・シュテファンが正式にトスカーナ大公に即位した。[ちなみに、フランツ・シュテファンはハプスブルク家マリア・テレジアの夫で、マリー・アントワネットの父親]

Image: Wikipedia “フランツ1世(Franz I., Franz Stephan von Lothringen,1708 – 1765”

After the death of Johann Wilhelm, Anna Maria Luisa returned to Florence, where she enjoyed the rank of first lady until the accession of her brother Gian Gastone, who banished her to the Villa La Quiete. When Gian Gastone died in 1737, Francis Stephen’s envoy offered Anna Maria Luisa the position of nominal regent of Tuscany, but she declined. Her death, in 1743, brought the royal House of Medici to an end. Her remains were interred in the Medicean necropolis, the Basilica of San Lorenzo, Florence, which she helped complete.

ヨハン・ヴィルヘルムの死後、アンナ・マリア・ルイザはフィレンツェに戻りファーストレディとして過ごし、弟のジャン・ガストーネが継承すると、ラ・クゥイエテ荘に追いやられた。1737年にジャン・ガストーネが亡くなると、フランツ・シュテファンの公使からトスカーナ公国の名目上の摂政の地位を提示されたが断った。アンナ・マリア・ルイザは1743年に死去し、メディチ家は終焉を迎えた。遺体は、生前、建築を完成すべく資金援助していたフィレンツェのサン・ロレンツォ聖堂のメディチ家墓所に葬られた。

**

[…] At Gian Gastone’s demise, all the House of Medici’s allodial possessions, including £2,000,000[55] liquid cash, a vast art collection, robes of state and lands in the former Duchy of Urbino, were conferred on Anna Maria Luisa.[2] In regards to this, her most notable act was the Patto di Famiglia (“Family Pact”), signed on 31 October 1737.[56] In collaboration with the Holy Roman Emperor and Francis of Lorraine, she willed all the personal property of the Medici’s to the Tuscan state, provided that nothing was ever removed from Florence.

[…] ジャン・ガストーネの死去により、メディチ家の全財産、200万ポンド相当の流動資産、膨大な美術品、儀礼服、元ウルビーノ公国の土地は、アンナ・マリア・ルイザが相続した。ここでアンナ・マリア・ルイザが行った顕著な功績は、1737年10月31日にPatto di Famiglia(「一族の契約」)に署名したことだった。神聖ローマ帝国とロレーヌ公フランツとの協議のもと、メディチ家の全財産を、フィレンツェから一切持ち出さないことを条件に、トスカーナ公国政府に遺贈した。

************************

アンナ・マリア・ルイザの功績について、thehistoryblog.comより抜粋

By this act, Anna Maria single-handedly saved the immense cultural heritage of Florence from succumbing to the fate of other Italian ducal estates that had been absorbed by European Powers. Mantua, for instance, was stripped bare when the Gonzaga line died out in 1627. The Gonzaga art collection was sold in its entirety to Charles I of England, and what was left was taken by the Habsurgs when the last Grand Duke of the French Gonzaga branch died in 1708. In 1731, the same fate befell the Duchy of Parma with the demise of the Farnese family. Three years after the death of the last Farnese duke, the ducal art collections were removed from the family palaces and shipped to the House of Bourbon rulers in Naples.

この契約で、アンナ・マリアは単独でフィレンツェの膨大な文化遺産を守り、ヨーロッパ諸公に吸収されてしまった他のイタリア公国の資産がたどった運命を免れることができた。たとえば、マントヴァは、1627年にゴンザーガ家が途絶えるとすべて失ってしまった。ゴンザーガ家の美術品はすべてイングランドのチャールズ1世が買い取り、残った資産も1708年にフランス系ゴンザーガ大公家が絶えるとハプスブルグ家が引き取った。1731年にファルネーゼ家が途絶えると、同じ運命がパルマ公国を襲った。最後のファルネーゼ大公が亡くなった3年後、公国の美術品は一族の宮殿から持ち去られ、ナポリを治めていたブルボン家に運ばれた。

This would surely have happened to Florence as well if not for Anna Maria’s badassness. The vast majority of what is now in the Uffizi Gallery, Pitti Palace, Palazzo Vecchio, the Laurenziana library, Magliabecchiana library, Palatine library, a large chunk of the Bargello and everything in the smaller suburban Medici villas would be gone. Florence as we know it today would not exist. […]

アンナ・マリアの功績がなければ、フィレンツェにも同様なことが起こっていただろう。ウフィッツィ美術館、ピッティ宮殿、ヴェッキオ宮殿、ロレンツォ・メティチ図書館、マルチェッリアーナ図書館、バルジェッロ博物館に今日所蔵されている作品の大部分や、郊外のメティチ家別荘の所蔵品はなくなっていただろう。今私たちが知っているフィレンツェはなかっただろう。

Click here to read this full article.

************************

アンナ・マリア・ルイザの遺骨発掘について、nature.comから抜粋

Alison Abbott
14 February 2013, Mannheim, Germany
2013年2月14日、ドイツ、マンハイム

In 1966, the tombs of the Medici family were swamped in mud during severe flooding of Florence, which many feared had damaged the bodies. But Anna Maria Luisa’s skeleton was found to be mostly intact when it was exhumed last October as part of a research collaboration between the University of Florence in Italy and the Reiss Engelhorn Museum in Mannheim, Germany. The first pictures from the exhumation were released at a press briefing today.

1966年にフィレンツェを襲った大洪水でメディチ家墓所は泥水に浸り、遺骨に損傷が起きているのではないかと懸念された。だが、2012年10月に、イタリア・フィレンツェ大学とドイツ・マンハイムのライス・エンゲルホルン博物館の共同研究の一環でアンナ・マリア・ルイザの墓を発掘したところ、遺骨にはほとんど損傷が見られなかった。発掘の写真は、本日の記者会見で発表された。

[…]

Anna Maria Luisa married Johann Wilhelm II, ruler of the Electoral Palatinate, a territory of the Holy Roman Empire that is now in Germany’s Rhineland. After her husband’s death in 1716, she returned to live in Florence; however, researchers were surprised to discover that she was buried in the crown of the Palatinate, rather than the death crown of the Medicis.

アンナ・マリア・ルイザはプファルツ選帝侯領の領主ヨハン・ヴィルヘルム2世と結婚した。プファルツ選帝侯領は神聖ローマ帝国の領土で、現在のドイツ西部ラインラントに当たる。1716年に夫が亡くなると、アンナ・マリア・ルイザはフィレンツェに戻った。ところが、研究者が今回の発見で驚いたのは、アンナ・マリア・ルイザはメディチ家の死の冠ではなく、プファルツの王冠を冠っていたことだった。

Medical mystery
医学的なぞ

Her body was exhumed for a week before being reburied. During that time, scientists made a three-dimensional scan of the skeleton, which enabled them to create an exact replica of it. They removed two medallions from the coffin for restoration, and took a piece of bone for testing.

遺骨の発掘調査は再埋葬するまで1週間かけた。その間、研究者は骨の3Dスキャンを行い正確なレプリカを作成した。棺から3つのメダルを復元のために取り出し、骨の断片を調査のために採取した。

Albert Zink, a biological anthropologist at the European Academy of Bolzano in Italy, is carrying out a DNA analysis of Anna Maria Luisa’s bones and material from a pot believed to contain her entrails, which according to Medici tradition would have been buried separately from her body. Zink also analysed the DNA of Ötzi, the 5,200-year-old iceman found in the Alps in 1991.

イタリア・ボルツァーノ・ヨーロッパアカデミー自然人類学のアルベルト・ツィンク博士が、アンナ・マリア・ルイザの骨と、その内蔵が入っていたと見られている壷から採取した物質のDNA分析を行っている。メディチ家の慣習に従っていたとすれば、その壷には、遺体から取り出された内蔵が入っていて別途埋葬されているはずだ。ツィンク博士とは、1991年にアルプス山脈で発見された5,200年前のアイスマン、エッツィのDNA鑑定を行った専門家だ。

[….]

Click here to read this full article.