ルーヴル美術館が新たにクラウドファンディングを展開しているという記事です。
news.artnet.comから文章と、試訳です。

***

Can Crowdfunding Save French Museums?
クラウドファンディングでフランスの美術館を救えるか

Lorena Muñoz-Alonso, Wednesday, October 8, 2014
2014年10月8日(水)

After two consecutive years of cuts in the French government’s budget for cultural institutions, the country’s museums are sharpening their wits. This week, the Louvre launched its latest crowdfunding campaign, with the aim of raising €1 million to help fund the €12.5 million purchase of a jeweled piece of 18th century furniture, known as the Teschen Table (1780).

フランスでは、政府が過去2年連続で文化施設への予算を削減したのを受け、美術館が知恵を絞っている。ルーヴル美術館は、今週、クラウドファンディングのキャンペーンを新たに始めた。この取り組みで100万ユーロを集めて、合計1250万ユーロの資金で宝石で装飾されたTeschen Table [テッシェンテーブル/チェシンの円卓](1780)として知られている18世紀の家具を購入するためだ。

tousmecenes.fr

Image: tousmecenes.fr “Teschen Table”

As the New York Times reported, the historic table—known colloquially as the “Table of Peace”—was given as a gift to French diplomat Louis Charles Auguste Le Tonnelier, Baron de Breteuil, as recognition for his role in negotiating the end of a 1779 Bavarian war. It is also known for its appearance in Marcel Proust’s Swann’s Way.

ニューヨークタイムズによると、一般に「平和のテーブル」と呼ばれるこの歴史的テーブルは、1779年のバイエルン継承戦争終結交渉での功績が認められ、フランスの外交官ド・ブルトゥイユ男爵ルイ・シャルル・オーギュスト・ルトネリエールに贈られたものだ。また、マルセル・プルーストの「[失われた時を求めて 1]スワン家の方へ」に登場することでも知られている。

Since 2010, the Louvre has raised more than €4 million from almost 20,000 donors via its crowdfunding efforts. The proceeds have facilitated various purchases, including a medieval painting, and several ivory statuettes. They have also enabled the restoration of the iconic Winged Victory of Samothrace (190 BC).

ルーヴル美術館は、2010年からクラウドファンディングで2万人近くから400万ユーロを超す資金を集めている。この方法で、中世の絵画や象牙の彫像など多様な美術品の購入を促進している。また、同美術館の代表作である「サモトラケのニケ」(紀元前190)の修復にも役立てた。

The Louvre is hardly alone in employing internet-based fund-raising. Last week, the Musée d’Orsay also launched a campaign to raise €30,000 of the €600,000 required to restore Gustave Courbet’s L’Atelier du peintre (1854-55.) By Tuesday, the museum had collected more than €20,000.

インターネットで資金を集めるクラウドファンディングを採用しているのは、ルーヴル美術館だけではない。オルセー美術館もまた、ギュスタフ・クールベ作「画家のアトリエ」 (1854-55)の修復に必要な60万ユーロのうち3万ユーロを集めるキャンペーンを、先週開始した。この火曜日までに、2万ユーロを超す資金が集まった。

Image: Wikipedia “画家のアトリエ”

This past May, the Musée Rodin also turned to the public to assist in the purchase of Rodin’s rare drawing, Celle qui fut la belle Heaulmière (see “Musée Rodin Turns to Crowd-Funding for Acquisition”). The Parisian museum implemented a system offering visitors the option to add an additional sum onto the price of admission to help raise the remaining €40,000 of the €300,000 needed to purchase the work. However, the effort was unsuccessful.

今年5月には、ロダンの希少なデッサン「昔は美しかった兜鍛冶の女(老いた娼婦)」を取得するため、ロダン美術館が来館者に目を向けた(“Musée Rodin Turns to Crowd-Funding for Acquisition”参照)。購入に必要な30万ユーロのうち4万ユーロを集める目的で、入館料に上乗せした料金を用意して、来館者が通常料金との間で選択できるようにした。だが、この方法では資金が集まらなかった。

But museums cannot survive on crowdfunding alone. The Louvre, the Palace of Versailles, and the Musée d’Orsay recently announced that they will soon be opening their doors seven days a week. Unions are hesitant to accept the additional working hours (see “Unions Concerned By Seven-Day Opening for Paris’s Top Museums”). But the culture ministry hopes that one more day a week of ticket and merchandise sales could help bridge the museums’ budgetary gap.

ただ、美術館はクラウドファンディングだけでは生き残ることができない。近頃、ルーヴル美術館、ヴェルサイユ宮殿、オルセー美術館は、休館日を設けない方針を発表した。組合は労働時間の追加を受け入れることに躊躇している(Unions Concerned By Seven-Day Opening for Paris’s Top Museums参照)。 だが、文化省は稼働日が1日増えることで、チケットと関連商品の売り上げが、美術館の予算不足問題を解消することに期待している。