theartnewspaper.comの記事と、試訳です。

***

The Louvre’s director Jean-Luc Martinez reveals revolutionary changes ahead
ルーヴル美術館ジャン=リュク・マルティネ館長、今後の革命的改修を語る

Work begins this month on improving the Pyramid entrance
ピラミッドの入り口の改修工事、今月始まる

In choosing Jean-Luc Martinez to succeed Henri Loyrette as the head of the Musée du Louvre in April 2013, president François Hollande opted for a consensus choice as well as a break with tradition. Martinez could be considered the antithesis of his imperious predecessor, who reigned over the Louvre for 12 years and whose ambition led to a period of frenetic expansion in France and elsewhere. Loyrette decided not to seek a new term for the job when he understood that this period was about to end, and government subsidies would be cut by around 11%.

2013年4月にアンリ・ロワレット・ルーヴル美術館館長の後任にジャン・リュク・マルティネ氏を選ぶに当たり、フランソワ・オランド大統領は関係者の総意と伝統の打破を念頭においた。12年間ルーヴル美術館に君臨し果敢に国内外に拡張しながら一時代を築いた意欲的な前任者とは、マルティネ氏は対照的人物と見なされた。ロワレット氏は、その時代が終わりを告げようとしており、政府の補助金が11%程度削減されることを見て取り、館長の職を更新しないことを決断した。

Martinez, who had the support of the museum’s staff, was born into a modest suburban family on the outskirts of Paris in 1964. He worked as an archaeologist on digs in Greece before a spell of teaching in Paris. He joined the Louvre as a curator of Greek sculptures collection in 1997, and became head of the Greek and Roman Antiquities department ten years later.

美術館職員の支持を得たマルティネ氏は、パリ郊外の質素な家庭に1964年に生まれた。ギリシャで考古学者として発掘調査を行った後、パリで一時期教鞭をとった。1997年にギリシャ彫刻コレクションの学芸員としてルーヴル美術館に入り、10年後に古代ギリシャローマ部門長になった。

The billion-euro contract to build the Louvre in Abu Dhabi threw the extravagance and contradictions of the Louvre’s development into high relief. The contract for the project was signed in 2007. Five years later construction work had still not started, and the Emirates sent an angry letter of protest to Loyrette. Upon his nomination, Martinez changed the team in charge of the project and put it back on track. Here he explains the new direction he would like to give the Louvre, which includes a “silent revolution” of the great museum.

アブダビにルーヴル美術館を建造する10億ユーロの契約が、ルーヴルの展開事業の豪奢と矛盾を際立たせた。このプロジェクトは2007年に契約したが、その後5年経っても建築工事は始まらず、エミレーツは抗議の書簡をロワレット館長に送った。マルティネ館長は、就任してすぐにプロジェクト担当者の人事異動を行い軌道に乗せた。今回のインタビューで、館長はルーヴル美術館に期待する新しい方向性、この偉大な美術館の「Silent Revolution」について語った。

The Art Newspaper: You are putting an end to an era of expansion.
アート・ニュースペーパー:館長は、拡張時代を終わらせようとしていますね。

Jean-Luc Martinez: The Louvre must continue to evolve, but I would like it to be done differently. Right now the challenge is to consolidate its very foundations. When I was appointed to this job, I asked myself: what state is the museum in after 30 years of enormous growth and reshaping? Given my experience in the museum since 1997, the answer was not too difficult: there is no need to rush from one project to another. The perpetual movement we have witnessed over the past three decades has reached its limits and has created new challenges that must be addressed, such as improving the conditions for visitors, addressing the mounting pressures on staff or the obsolescence of the presentation.

ジャン=リュク・マルティネ:ルーヴル美術館は進化し続けなければなりません。ただ、別の方法で実行したいと考えています。現在の課題は、その基礎固めです。館長に就任したとき、自分に問いただしました。30年後に巨大化し改装した美術館は、どのような状態になっているのか。1997年以来の当美術館での経験を踏まえ、答えはさほど難しくありませんでした。プロジェクトを次々と急ぐ必要はない。過去30年間に見てきた絶え間ない活動は限界に達し、対応しなければならない課題が次々発生しています。たとえば、来館者用のアクセスの改善、職員にのしかかる高まるプレッシャーへの対応、時代遅れの展示方法などです。

What will this mean practically?
具体的にはどういうことですか?

In September, we are starting major works to improve the way visitors are received. When the “Grand Louvre” opened, we had three million visitors annually. We now have ten million. Entering a museum should be a pleasure; the visitor must feel welcome. To this end, the main entrance under the pyramid will be completely redone. I also intend to develop the 1,500 sq. m Napoleon Hall as the main exhibition space and to establish an Exhibitions Board, which will help us to improve our preparation for the shows.

9月には、来館者を迎え入れる方法を改善するために主要な工事が始まります。「グラン・ルーヴル」が始まったとき、来館者は年間300万人でした。現在は1000万人です。美術館への入館は楽しいものであるべきです。来館者が歓迎されていると感じるものでなければなりません。この目的を達成するために、ピラミッド下のメインエントランスは徹底的に改築します。それから、1,500㎡のナポレオンホールを主要な展示会場に改装し、また、特別展の準備を改善するために展示委員会を設立するつもりです。

One of the biggest challenges that faces museums today is to interest visitors in the permanent collection, not only in the next big show.
現在の美術館が直面する最大の課題は、常設展での来館者の利便性で、特別展だけではないはずです。

The “Pyramid Project” will bring the Louvre into the 21st century: it will kick off a vast new cycle of improvements and give us the opportunity to rethink the way our collections are presented. I have the benefit of a younger, restructured team, after the departure of staff whose expertise was acquired in the 1950s and applied to the development of the Grand Louvre in the 1980s, and then to an increasingly event-driven environment.

「ピラミッド・プロジェクト」で美術館は21世紀に踏み出します。このプロジェクトは、広範囲に渡る改善サイクルのキックオフとなり、収蔵品の展示方法を再考する機会となります。私には、若返った再編成した専門家グループという強い見方がいます。その前の世代、1950年代に専門知識を身につけ、1980年代にグラン・ルーヴル計画で活躍し、そして、イベント中心の環境を作っていった職員は退職しました。

The consequences of the last few decades are complex; museums are caught between the rush to create the next big event and the need to show their permanent collections. Unfortunately, the temporary show has taken precedence over the permanent collection. No-one has the time or the desire to get interested in its obsolete displays. Our Etruscan or Italian rooms reflect a style of presentation inherited from the 19th century. With this in mind, and following the completion of the Islamic Art galleries and the new ones devoted to 18th-century decorative arts and furniture, we are turning our attention to all the rooms where works have been hung since 1981 with a complete rehanging of the paintings galleries, starting, from 2015 to 2017, with 17th-century French painting, followed by Dutch and Flemish. I would like the wall labels to be reviewed, all of the public information materials and signage revised, the transition between galleries reorganised, the lights redone and the floors restored. It’s an ambitious undertaking: there are 38,000 labels alone. I also envisage dedicating space to the history of the museum—its creation as a palace for the Kings of France, but also the story of how its collections were constituted. It’s vital to improve the understanding of this very special place where the history of France encounters all other civilisations. We have to give new coherence to the museum, find a balance and a link between exhibitions and permanent collections, and to develop a concept of the ensemble based on team spirit.

過去数十年間がもたらしたものは複雑です。美術館は、次の大きなイベントの準備を急がなければならず、一方常設展を展示する必要もあり、その狭間でがんじがらめになっています。残念なことに、特別展が常設展より優先的に扱われてきました。時代遅れの展示方法に目を向ける時間や意思のあるスタッフは誰もいません。当館のエトルリア美術やイタリア美術の展示室は、19世紀の展示方法のままです。これを踏まえ、また、イスラム美術ギャラリーや18世紀装飾美術と家具のギャラリーが完成したことにより、1981年以来展示方法が変わっていない展示室すべてに目を向け、絵画の展示方法をことごとく再構築します。2015年から2017年にかけて、まず17世紀フランス絵画から始め、次にオランダ・フランダーズ絵画に取りかかります。壁に貼られたラベルを再考し、パンフレットや標識を新しくし、展示室間の移動を再構築し、照明も変え床も修復します。これは意欲的な事業です。ラベルだけでも38,000枚あります。それから、美術館自体の歴史を展示するスペースも視野に入れています。フランス国王の宮殿として建造され、また、収蔵品がどのように構成されてきたのかという物語も考えています。フランスの歴史が、他の文明と出会った特別な場所であるとうい理解を深めることも重要です。美術館に整合性をもたらし、特別展と常設展とのバランスと関係性を模索し、チームワーク精神に則った協業の発想をカタチにする必要があります。

The despotism of certain presidents of the biggest museums has often drawn comment. It would appear that you wish to break away from this tradition.
世界の代表的な美術館の中には、館長の専制的運営がしばしば衆目を集めてきたところもあります。マルティネ館長は、この伝統を打ち破ろうとしているように見えます。

My goal is to define and implement a project in which all the different players will contribute while upholding certain values. My role is a bit like that of an artistic director of a fashion house. It’s up to me to provide the drive that inspires others to get the job done.

私が目指すのは、一定の価値観を掲げながら、様々な関係者すべてが貢献できるプロジェクトを見極め実行に移すことにあります。私の役割は、ファッションデザイナーの美術監督のようなものです。仕事を完成させるために、皆のモチベーションを高めるのが私の仕事です。

That could be a difficult exercise in an establishment that is structurally divided into so many departments, each of which jealously defends its own prerogatives.
それは少々難しいのではないでしょうか。構造上多くの部門に別れ、それぞれが自部門の特権を防衛するのにきゅうきゅうとしている組織です。

It’s not easy to find coherence in such vast and varied collections. Roman glass can be found in three of four departments, for example. It’s only recently that a common administrative structure was imposed on the museum to deal with major issues such as the inventory of the collections or the management of the reserves. But I have confidence in my colleagues.

このように広範囲で多様な収蔵品の整合性を見つけるのは、並大抵のことはありません。たとえば、古代ローマのグラスが4部門中の3部門にあります。収蔵品の目録調査や積立金の管理など主要な課題に対応するために、最近になってようやく全体を運営する管理組織が美術館に設置されました。私は美術館スタッフを信頼しています。

French curators have the reputation of living in a sort of splendid isolation.
フランスの学芸員は、いわゆる栄光ある孤立の中で生きているという評判があります。

I don’t think this is true. It was certainly not in my case. I sincerely hope that curators are capable of building strong relationships with French partners and others. We need to look and learn from experience elsewhere. It’s absolutely indispensable to ask ourselves about the forces shaping our identity, and to compare ourselves with others who are experiencing spectacular changes in the way culture is being consumed and in the contemporary art boom.

それは真実ではないと思います。私の場合は決して違います。学芸員は国内外のパートナーと強いきずなを築くことができると心から期待しています。外部の経験に目を向けて学ぶ必要があります。自分のアイデンティティを形作る力について自問し、文化が消費される仕方や現在のアートブームの中で、すばらしい変革をとげた他者と自己を比較することが絶対に不可欠だと考えます。

I am determined to reinforce the links with museums from other provinces in France, by supporting exhibitions or scientific research. At the Louvre itself, we need to work in a much more integrated way, to bring together scientists, curators, technicians—because the management of a museum is becoming increasingly technical. The different groups involved must not work in isolation. For example, guards must be consulted on the museum’s signage and security. In the same way, building architects need to work with curators. Reviewing how a painting is hung implies a scientific discussion that involves all interested parties.

特別展や科学的調査を通して、フランス国内の地方の美術館との関係を深めていくつもりでいます。ルーヴル自体、科学者、学芸員、技術者をまとめるためより統合した方法で事業を進める必要があります。なぜなら、美術館の運営は、ますます専門的になってきているからです。関連する個々のグループが孤立して仕事をしている場合ではありません。たとえば、美術館の標識やセキュリティは警備員に助言を求めるべきです。同様に、建物を設計する建築家は学芸員と連携する必要があります。絵画を展示する方法を検討するということは、関係者全員を巻き込んだ科学的な話し合いを意味します。

We need to breathe new life into the museum to make its fabulous collection come alive: the museum is real—not virtual; it’s not an internet database, nor a collection of technical documents. A seminar we held in June was a start in this direction. The aim is to develop a coherent and shared renovation plan, which will take account of the aspirations and numerous constraints, of all involved. I want to initiate a silent revolution of the palace, so that everyone has their place here. I want to give the museum a complete makeover. It’s likely to take decades.

私たちは、この素晴らしい収蔵品を生き生きとよみがえらせるために、美術館に新しい命を吹き込む必要があります。美術館はバーチャルではなくリアルなのです。インターネットのDBでも、専門書のコレクションでもありません。6月に開催したセミナーは、この方向へ向けた第一歩です。目的は、全関係者の一貫性のある共通のリノベーションプランを構築することで、そこでは野心や様々な制約を考慮に入れていきます。私は、全員が自分の居所を持つことができるように、この宮殿にSilent Revolutionを仕掛けたいと考えています。私は美術館を大改造します。それには数十年かかるでしょう。

Interview by Vincent Noce