ハートの女王(不思議の国のアリス)が踊るローズアダジオ(眠りの森の美女)のパロディがステキです。。。😀

***

<舞台裏>

Becoming the Queen of Hearts – The Royal Ballet’s Alice’s Adventures in Wonderland
ハートの女王:ロイヤルバレエ団の不思議の国のアリス


Published on 4 Apr 2013 by Royal Opera House

・・YouTubeの解説と試訳・・

The Alice’s Adventures in Wonderland cast and creative team give an insight into creating the much-loved character of the Queen of Hearts.
Royal Ballet Principals Zenaida Yanowsky, Sarah Lamb and Lauren Cuthbertson, Ballet Master Christopher Saunders and choreographer Christopher Wheeldon give a glimpse into the rehearsal studio into the creation of a modern classic.

「不思議の国のアリス」のキャストとクリエイティブチームが、大人気のハートの女王を創り上げるところを解説します。ロイヤルバレエ団のプリンシパル、ゼナイダ・ヤノウスキー、サラ・ラム、ローレン・カスバートソン、バレエマスターのクリストファー・ソーンダース、そして、振付家のクリストファー・ウィールドンが、リハーサルスタジオでモダンクラシックバレエを創造する想いを語ってくれます。

Christopher Wheeldon’s Alice’s Adventures in Wonderland arrived on the stage in 2011 with a burst of colour, theatrical magic and inventive choreography. It was The Royal Ballet’s first full-length work since 1995 and was instantly acclaimed as a classic. Joby Talbot’s score combines sweeping melodies, which gesture to ballet scores of the 19th century, with contemporary effects. Bob Crowley’s wildly imaginative sets and costumes draw on puppetry, projections and masks to bring Wonderland to life.

クリストファー・ウィールドンの「不思議の国のアリス」は、ヴィヴィッドな色彩、シアターならではのマジック、これまでにない振付けを駆使して、2011年に初演されました。ロイヤルバレエ団が1995年以降久しぶりに全幕バレエとして制作した新作で、初演と同時にクラシックバレエとして評判を博しました。ジョビー・タルボットの曲は、19世紀のバレエ音楽を模した圧倒的なメロディと現代的な音楽効果を融合しました。ボブ・クロウリーの熱狂的なまでに創意に富んだ舞台セットと衣装は、人形劇や映写、マスクをフルに活用して「不思議の国」に息吹を与えました。

Alice encounters a cast of extraordinary characters down the rabbit hole: from the highly-strung Queen of Hearts, who performs a hilarious rendition of the famous Rose Adagio from The Sleeping Beauty; to dancing playing cards; a sinuous caterpillar and a tap-dancing Mad Hatter. There is a love narrative for Alice and the Knave of Hearts, and they dance a tender pas de deux at the close of Act II. But the ballet does not avoid the darker undercurrents of Lewis Carroll’s story — a nightmarish kitchen, an eerily disembodied Cheshire Cat and an unhinged tea party are all created in vivid detail.

アリスは白ウサギの穴の底で、風変わりな登場人物たちに出会います。「眠りの森の美女」から有名な「ローズアダジオ」のパロディを踊るかなり神経質なハートの女王、踊るトランプ、曲がりくねる芋虫、タップダンスを踊る帽子屋など。アリスとハートのジャックのラブストーリーもあります。2人は第二幕のエンディングで愛情あふれるパドドゥを踊ります。ただし、バレエはルイス・キャロルの物語の奥底流れる暗い側面も見逃しません。悪夢のようなキッチン、薄気味悪い亡霊のようなチェシャ猫、狂ったお茶会も生き生きと細部にまで創り出されています。

🌹そして…

<本番>

Ballet in Cinema: Alice’s Adventure’s in Wonderland from the Royal Ballet


Published on 15 Apr 2013 by Emerging Pix

🌹🌹ちなみに…

<眠りの森の美女>


Published on 19 Mar 2014 by Royal Opera House

🌹🌹🌹ところで…

ここでこんなの見つけました。。。
バレエダンサーにとって至難の業のローズアダジオの競演です。

The Sleeping Beauty ballet – Rose Adagio – Seven Ballerinas
7人のバレリーナが踊る「眠りの森の美女」のローズアダジオ

Uploaded on 21 Mar 2011 by SuperBalletgirl101
Dancers:
Alina Cojocaru – Royal Ballet
アリーナ・コジョカル(ロイヤルバレエ団)
Evgenia Obraztsova – Mariinsky Ballet
エフゲニア・オブラツォーワ(マリインスキーバレエ団)
Aurelie Dupont – Paris Opera Ballet
オーレリ・デュポン(パリオペラ座バレエ団)
Natalia Osipova -Bolshoi Ballet (Role performed with American Ballet Theatre)
ナタリア・オシポワ(アメリカンバレエシアター)
Tamara Rojo – Royal Ballet
タマラ・ロホ(ロイヤルバレエ団)
Maria Kochetkova – San Francisco Ballet(Role performed with Gordeev Russian Ballet Company)
マリア・コチェツコワ(ガルディフロシアバレエカンパニー)
Olesya Novikova – Mariinsky Ballet
オレシヤ・ノヴィコワ(マリインスキーバレエ団)

.

 Royal Opera House

Screenshot