フランスの美術館が資金集めのため、日本を含むアジアに目を向けているという記事です。
theartnewspaper.comから記事と試訳です。

***

Asia proves a lucrative destination for France’s museums
アジアはフランスの美術館にとって資金調達の理想郷

Concern at home at number of major works sent abroad by national museums
本国では、国立美術館が多数の主要作品を海外へ貸し出すことに懸念も

France is flexing its soft power more than ever, sending numerous loan exhibitions around the world. Asia in particular is a frequent, and lucrative, destination for shows organised by French national museums. Since 2008, the Musée d’Orsay has, for instance, sent abroad at least 1,000 works for shows travelling to 14 cities; the French art critic Didier Rykner says that a key work in its collection, Edouard Manet’s Le Fifre (The piper), 1866, has been loaned abroad at least 15 times since 2001.

フランスはこれまでになくソフトパワーに力を入れ、世界中に多数の美術品を貸し出して特別展を展開している。アジアは特に、フランスの美術館が企画する特別展の中でも回数が多く利益を上げている。例えばオルセー美術館は、2008年以降1000点を超す作品を海外14都市に送り出してきた。フランス美術評論家のディディエ・リクネール氏によると、オルセー美術館の珠玉であるエドゥアール・マネ作「笛を吹く少年」(1866)は、2001年以降15回以上海外に貸し出している。

Image: Wikipedia

The touring exhibitions not only raise the profile of major French institutions, but also much needed revenue for refurbishment projects, say museum chiefs. But some in the French culture sector are alarmed about the extent of these global programmes and whether fragile works can withstand the wear and tear of regular travel. “Major works leave for abroad, which puts them at risk, placing them almost out of sight of the Parisian public,” Rykner says. A spokeswoman for the Orsay says: “All necessary measures are taken to protect the works during transportation.”

展覧会の海外巡回はフランスの主要美術館の評判を高めるだけでなく、美術館の改修プロジェクトになくてはならない資金を募るためでもあると、美術館館長が話す。だが、フランス文化セクターの一部には、このような海外展覧会の規模に警鐘を鳴らし、破損しやすい芸術作品が輸送中に起こりうる消耗に耐えられるのかどうか疑問を投げかけている。「主要作品が海外に出ることは、作品自体を危険にさらし、パリ市民の目からほとんど姿を消してしまうことになる」と、リクエール氏が話す。「輸送中に作品を保護するために必要な対策はすべて取っています」と、オルセー美術館広報担当者が話す。

The Orsay’s show, “Beyond Impressionism: the Birth of Modern Art” at the National Museum of Korea in Seoul, which has just closed, was the largest overseas show organised by the Paris museum, according to The Korea Herald; an Orsay spokeswoman says it was the first time the museum has presented so many masterpieces. The Seoul exhibition, which included paintings by Monet, Van Gogh and Rousseau, sculpture by Degas, and historic photographs, was the latest ambitious travelling exhibition spearheaded by the museum’s director, Guy Cogeval. Since his appointment in 2008, Cogeval has enthusiastically pursued a policy of dispatching the collection to foreign venues.

つい先頃終了したソウルの韓国国立美術館で開催されたオルセー美術館の「印象派を超えて:モダンアートの誕生」は、同美術館が海外で企画した最大の美術展だったとコリアン・ヘラルド紙が伝えている。オルセー美術館広報担当者は、ここまでの数の作品を海外で展示するのは初めてのことだと話す。同展覧会では、モネ、ゴッホ、ルソーの絵画、ドガの彫刻、歴史的写真が展示され、同美術館館長ギ・コジェヴァル氏が指揮した最新の意欲的海外美術展だった。コジェヴァル館長は2008年に就任してから、作品を海外の美術館に貸し出すという方針を積極的に推進してきた。

Last year, this strategy intensified with the loan of Manet’s Olympia, 1863, to the Doge’s Palace in Venice for a 70-work exhibition of the 19th-century artist’s works, which also included Le Fifre. It was the first time Olympia had left Paris since it was given to the French state in 1890.

昨年、この方針は強化され、ベニスのドゥカーレ宮殿で開催された70点に及ぶ19世紀芸術作品展に、マネの「オリンピア」(1863)が「笛を吹く少年」とともに貸し出された。「オリンピア」がパリを離れるのは、フランス政府が1890年に取得してから初めてのことだった。

Image: Wikipedia

In 2012, the Orsay launched “Millet, Courbet and Naturalism in France”, at China Art Palace in Shanghai, which included 87 works. As well as loans returning from the Korean National Museum, the Orsay also has 84 Impressionist masterpieces by artists such as Manet, Monet and Renoir currently on loan to the National Art Centre in Tokyo for the exhibition “The Birth of Impressionism: the Freedom to Paint” (until 20 October).

オルセー美術館は、2012年に上海のチャイナ・アート・パレスで「ミレー、クールベとフランス自然主義」を開催し87作品を展示した。韓国国立美術館で展示した作品に加え、現在、東京の国立新美術館で10月20日まで開催中の「印象派の誕生:描くことの自由」展に展示されているマネ、モネ、ルノワールなど印象派の傑作84点を貸し出した。

Image: Wikipedia / Déjeuner sur l’herbe by Claude Monet

Meanwhile, the Louvre hires out its expertise for so-called clés en main (handbuilt) shows whereby its curators and other experts propose and develop exhibitions abroad. The Louvre spokeswoman says that the clés en main shows, which generate income, are only produced for Japan. The Louvre is due to launch the “Genre Paintings” exhibition at the Tokyo National Art Centre next year (21 February-1 June 2015).

一方、ルーヴル美術館は、美術館学芸員やその他の専門家が提示し発展させた海外展覧会でclés en main(手作り)と呼ばれるプロジェクトのもと、傑作を貸し出す。ルーヴル美術館広報担当者によると、収益を上げるこのclés en main展は日本だけのために企画した。ルーヴル美術館は、この「風俗画」展を東京の新国立美術館で来年(2月21日から6月1日まで)開催する。

Image: Wikipedia / フェルメール作「天文学者」

Asia is a prime market for Western museums keen to tap into new audiences and growing economies. “Business is brisk because these Asian venues are willing to pay well for major exhibitions,” says Barry Lord, the co-president of Lord Cultural Resources. In 2012, Paris’s Centre Pompidou opened a Surrealist art show, “Electric Fields”, at the Shanghai Power Station of Art; Alain Seban, the president of the Centre Pompidou, acknowledged that his Beaubourg gallery received “substantial fees” for the loan show. A gallery spokeswoman declined to give details of further international exhibitions.

新しい観客層と新興国を開拓することに熱心な欧米の美術館にとって、アジアは重要なマーケットになっている。「ビジネスは活況を呈しています。なぜなら、このようなアジアの美術館は主要展覧会のために多くの資金をつぎ込むことに前向きだからです」と、 Lord Cultural Resourcesの共同社長バリー・ロード氏が語る。パリのポンピドーセンターは、2012年にシュールレアリスト美術展「Electric Fields [電界]」を上海パワーステーション・オブ・アートで開催した。ポンピドーセンター所長のアラン・セバン氏は、ボブール地区にある同センターはこの展示会で「まとまった金額」を受領したことを認めた。同美術館広報担当者は、今後の海外展示会に関して言及を避けた。

Paris’s Musée Rodin confirmed French press reports that it plans to send 140 works to a show due to open at Beijing’s National Museum later this year.

パリのロダン美術館は、今年後半に北京の国立博物院で開催予定の美術展に140点の作品を貸し出すと、フランスのメディアに語った。

The Musée Picasso sent 176 works on an eight-city world tour, which helped fund its refurbishment. Its former director Anne Baldassari said the tour raised at least €16m. The new director, Laurent Le Bon, declined to say if he will continue to pursue this policy.

ピカソ美術館は世界8都市に176作品を貸し出し、改修資金に役立てた。前館長アンヌ・バルダサリ氏は、この海外展示会で1600万ユーロの資金を集めたと語った。新館長、ローレン・ル・ボン氏は、今後もこの方針を実施するかどうか言及を避けた。

Maïté Vicedo, the assistant to the president of the Musée Guimet in Paris, says that the national museum of Asian art will continue to mount touring shows that raise income “as the government grant regularly decreases”. Curators are subsequently working with the National Palace Museum in Taipei on a touring show of Khmer art. Vicedo says that the Musée Guimet has, however, changed its touring strategy in recent years, balancing its budget by organising shows instead with its French partner institutions in cities such as Nice and Lyons.

パリにある国立アジア美術館のギメ美術館館長アシスタントのマイテ・ビセド氏は、「政府の補助金が毎回減少する中で、」同館は今後も巡回美術展を開催して資金を集めると語る。美術館職員は、続いて、台北の国立故宮博物院で開催するクメール美術の巡回美術展の準備に取りかかる。ギメ美術館は、近年、巡回ポリシーを変更し、予算を健全化するためにニースやリヨンなどフランス国内の美術館とパートナーを組むのではなく展示会を企画することにしたと、ビセド氏が語った。