パリの北に位置するシャンティイで、オリジナルにこだわったルネサンス絵画展が開催されるという記事です。domainedechantilly.comから文章と試訳です。

***

Fra Angelico, Botticelli… Rediscovered masterpieces

フラ・アンジェリコ、ボッティチェリ… 再発見の傑作

The Domaine de Chantilly is honoring the prized collections of the Condé Museum with an exceptional exhibition of 14th and 15th century Italian paintings : “Fra Angelico, Botticelli…Rediscovered Masterpieces”.

シャンティイ城は、コンデ美術館の秘蔵コレクションから14世紀・15世紀イタリア絵画特別展「フラ・アンジェリコ、ボッティチェリ… 再発見の傑作」を開催します。

Florentine and Sienese painters of the Quattrocentro, formally known as the Italian Primitives, make up a significant part of the legacy of the Duke d’Aumale, conserved exclusively at the Domaine de Chantilly since his death. For this exhibition, the first retrospective that the Condé Museum has dedicated to this movement… thirty major works from its collections – including paintings and drawings by Fra Angelico, Lippi, Botticelli, Leonardo da Vinci – will be presented in the reception hall of the Jeu de Paume, next to nine paintings on loan from leading international institutions.

[シャンティイ最後の城主] オーマール公の遺品の中心を占めていたのは、イタリアプリミティブとして知られていたクワトロチェントのフィレンツェとシエナの画家の作品で、その死後、シャンティイ城が独占的に保管してきました。今回の展覧会は、シャンティイ城コンデ美術館がこの時代様式に着目してきた中で初の回顧展で、フラ・アンジェリコ、リッピ、ボッティチェリ、レオナルド・ダビンチの絵画や素描画など所蔵品の中の主要な30作品を、海外のトップクラスの美術館から借りた絵画9作品と共に、ジュードポームのレセブションホールに展示します。

In this vast space measuring 300m2, a free-flowing itinerary offers visitors a panorama of the history of 14th and 15th century Tuscan paintings. The scenography brings together original works by means of life-size, video-projected virtual reconstructions.

来館者はこの300㎡に及ぶ広い展示スペースを自由に歩き回り、14世紀から15世紀のトスカーナ絵画の歴史を概観することができます。 シノグラフィーを活用し、実物大のオリジナル作品をビデオ投影してバーチャルに復元します。

This exhibition brings certain works back together for the first time since the 15th century : the Thebaide by Fra Angelico, is thus presented in Chantilly thanks to loans by museums in Anvers, Cherbourg, Philadelphia and a private collection.

この展示会では、一部の作品を15世紀以来初めて一堂に集めてオリジナルの通りに展示します。フラ・アンジェリコ作テーバイド(注) は、アントワープ、シェルブール、フィラデルフィアの各美術館と個人コレクションのご協力で、シャンティイで展示することになりました。

Two cassoni by Filippino Lippi and Sandro Botticelli illustrating Scenes from the Story of Esther and whose principal panels will be exhibited thanks to a loan by the Louvre Museum, are also at the heart of the exhibition. “Fra Angelico, Botticelli…Rediscovered Masterpieces” equally presents masterpieces of Italian painting and drawing from the turn of the 15th and 16th centuries, such as the graphic works by Leonardo da Vinci and Michelangelo, as well as Portrait of Simonetta Vespucci by Piero di Cosimo, restored this year thanks to the support of the American Friends of Chantilly.

Image: wikimedia.org “Botticelli 03 Louvre”

旧約聖書のエステル記を描いたフィリピーノ・リッピとサンドロ・ボッティチェリ作カッソーネ[14~16世紀のイタリアで製作された婚礼用長持] は、その主要パネルをルーブル美術館からお借りして、この展示会の見どころのひとつとなっています。他にも、レオナルド・ダビンチやミケランジェロなど15世紀初頭から16世紀のイタリア絵画や素描画の傑作や、アメリカン・フレンド・オブ・シャンティイの支援で今年修復したピエロ・ディ・コジモ作シモネッタ・ベスプッチの肖像画も展示します。

(注)http://dbpedia-live.openlinksw.com/page/Thebaid
テバイス(テーバイス、ギリシャ語:Θηβαΐς)またはテバイド(テーバイド、ギリシア語:Θηβαΐδα)とは、アビドスからアスワンまでの上エジプトの最も南にある13のノモスから成る古代エジプトの地方のこと。(….) 砂漠になって以降、5世紀頃、テーバイドは多数のキリスト教隠者の隠退所になった。キリスト教美術においては、テーバイドは多くの修道士のいる場所として描かれた。

**

Fra Angelico – Scène de la Thébaïde – Damien Leclere
Published on 9 Oct 2012 by ArtflashVideos