イタリアの文化遺産の厳しい状況について、independent.co.ukの記事と試訳です。

***

Raphael’s Deposition: Renaissance masterpiece warped by Rome museum’s faulty air conditioning

ラファエロの「十字架降下」:ローマの美術館の空調不具合で、ルネサンスの傑作が歪む

galleriaborghese.it

Image: galleriaborghese.it

A Renaissance masterpiece by Raphael has warped because the air conditioning in a Rome museum has not worked for six months, raising questions once again over Italy’s ability or willingness to look after its precious cultural heritage.

ローマの美術館の空調設備が6ヶ月間機能停止し、ラファエロが描いたルネサンスの傑作が歪んだ。貴重な文化遺産を維持保存するイタリアの能力または意思が再び疑問視されている。

In the heat and humidity of the Italian summer, the High Renaissance master’s Deposition, which shows Christ being carried from the cross, became deformed, forcing officials in the capital’s Galleria Borghese to place a dehumidifier next to the art work in an attempt to save it.

「十字架降下」は盛期ルネサンスの巨匠ラファエロがキリストが十字架から降ろされる場面を描いた絵画で、イタリアの夏の高温多湿の中で変形した。この傑作があるローマのボルゲーゼ美術館職員は、絵画を保護するため側に除湿器を置かざるをえなかった。

In May, the museum’s director Anna Coliva warned the air conditioning had not worked for two months because the system, which was fitted in 1997, was “completely worn out.” She added that “lack of maintenance over a period of years” had been a factor.

アンナ・コリヴァ美術館館長は、5月に、1997年に設置された空調設備が「完全に老朽化して」2ヶ月間機能停止状態だったと警告を発していた。さらに館長は、何年もの間メンテナンスされていないことも一因だと語っていた。

It has now emerged that the gallery had to resort to emergency measures to save the Deposition, which Raphael painted on a wooden panel in 1507 as the central part of an altarpiece. Ms Coliva told La Repubblica newspaper that the deformation in the painting had now been reduced.

「十字架降下」は1507年にラファエロが祭壇画の中央部分として描いた板絵で、美術館はその板絵を救うため緊急措置を施さなければならなかったことが、今回明らかになった。コリヴァ館長がラレプブリカ誌に語ったところによると、板絵の変形は現在だいぶ緩和されている。

But other priceless works at are at risk, including paintings by Caravaggio, Titian and Rubens, and sculptures by Bernini and Canova.

だが、カラバッジオやティツィアーノ、ルーベンスの絵画や、ベルニーニやカノーヴァの彫刻など他にもきわめて貴重な作品が危機にさらされている。

Image: galleriaborghese.it “Sacred and Profane Love ” by Titian

In August as the temperatures soared into the mid-thirties, and humidity levels rose with them, staff at the gallery installed fans and opened windows to cool the rooms and protect the artworks.

8月に気温が30度台半ばまで急上昇し同時に湿度も上がる中、美術館職員は部屋の温度を下げ美術品を保護するため、扇風機を設置し窓を開けた。

Many visitors complained of the stifling heat in the museum. “Some customers even felt overcome – and unfortunately, it wasn’t due to Stendhal syndrome,” according to one official quoted in La Repubblica.

美術館の息の詰まるような暑さに、入館者からの苦情が殺到した。「中には気が遠くなる人さえいて、残念ながら、それはスタンダールシンドロームのせいではなかった」と、職員がラレプブリカ誌に話した。

Ms Coliva has said the gallery is gradually working to upgrade the air-conditioning system, which was unable to cope with the summer heat despite one intervention by engineers in May. It is not clear when a new or fully-functioning system will be up and running. The damage to the Raphael masterpiece follows mounting concerns over the poor maintenance of the ancient city of Pompeii and the deteriorating state of famous monuments, including the Colosseum. The Rome landmark is now being restored thanks to a €25m (£20m) project funded by the Tod’s leather goods brand. Pompeii has been given €75m by the EU, which has to be spent by the end of next year.

空調設備は5月に1度エンジニアが修理したが、夏の猛暑に対応しきれなかった。美術館は徐々に空調設備のアップグレードに取りかかっていると館長が話しているが、新しい設備または完璧に機能する設備がいつ設置されるのか、まだはっきりしていない。今回ラファエロの傑作が損傷を受ける前にも、古代都市ポンペイの不十分な管理やコロッセオなど有名な遺跡の劣化状態など問題が山積みしていた。コロッセオは、現在、革製品ブランドトッズ(TOD’S)社から€2500万 (£2000万)の支援を受け、修復作業が進んでいる。ポンペイにはEUが €7500万の資金を出資し、来年末までに活用することになっている。

In 2009 a large part of the underground complex of Nero’s Golden Palace in the capital collapsed.

2009年には、ローマにあるネロの黄金宮の地下構造物が大きく崩壊している。