第一次世界大戦100周年を追悼した企画について、ロンドン塔のウェブサイトから抜粋と試訳です。

***
The Tower of London Remembers

ロンドン塔追悼

Image: http://www.boredpanda.com (Image credits: Historic Royal Palaces)

Mark the 100 year anniversary of the First World War at the Tower of London and see our major new installation, ‘Blood Swept Lands and Seas of Red’ from 5 August to 11 November 2014.

ロンドン塔で第一次世界大戦開戦100周年を記念し、2014年8月5日から11月11日まで大規模なインスタレーション’Blood Swept Lands and Seas of Red’(血が深紅の海陸を埋め尽くす)を展示する。

Blood Swept Lands and Seas of Red
The evolving installation by ceramic artist Paul Cummins, with setting by stage designer Tom Piper, will be unveiled on 5 August 2014; one hundred years since the first full day of Britain’s involvement in the First World War.

Blood Swept Lands and Seas of Red
セラミックアーティストのポール・カミンズと舞台デザイナーのトム・パイパーによる進化するインスタレーションが、2014年8月5日に公開される。100年前のこの日、英国は第一次世界大戦に突入した。

Entitled ‘Blood Swept Lands and Seas of Red’, the installation is being created in the Tower’s famous dry moat. It will continue to grow throughout the summer until the moat is filled with 888,246 ceramic poppies, each poppy representing a British or Colonial military fatality during the war.

Blood Swept Lands and Seas of Redというタイトルのこのインスタレーションは、ロンドン塔の有名な空堀で製作中で、夏の間、数が増えて徐々に広がり、最終的に888,246本のセラミックのポピーで空堀が埋め尽くされる。ポピー1本1本が、戦争中に犠牲になった英国と植民地の兵士を象徴する。

The poppies will encircle the Tower, creating not only a spectacular display, but also an inspiring setting for learning activities, as well as providing a location for personal reflection. The scale of the installation reflects the magnitude of such an important centenary, creating a powerful visual commemoration.

ポピーはロンドン塔を一周して、壮大な景観を形作るだけでなく、学びの場となり、また、個人的に瞑想する場所にもなる。インスタレーションの規模はこの重要な100周年の大きさを反映し、説得力のある視覚的記念碑を創り出す。

The last poppy will symbolically be planted on 11 November 2014.

最後[888,246本目]のポピーは、象徴的に2014年11月11日[英霊記念日]に植えられる。

boredpanda.com

Image: boredpanda.com (Image credits: Historic Royal Palaces)

Image: BBC