ボッティチェリが描いた素描画の落札について、BBCの記事と試訳です。

***

A rare Botticelli drawing has sold for a record £1.3m at a London auction.

希少なボッティチェリの素描画が、ロンドンで過去最高額の130万ポンドで落札された。

Created in the 1480s, the piece – titled Study for a Seated Joseph, his head resting on his right hand – was the first drawing by the artist to be sold for a century.

1480年代に描いた「右手で頭をささえる着座の聖ヨセフの習作」という題のこの作品は、ボッティチェリが描いた素描画としては久しぶりに競売にかけられた。

Sotheby’s said it was highest price ever paid for a work on paper by the Renaissance master.

サザビーズによると、ルネサンスの巨匠が紙に描いた作品の中で最高額となった。

The work was also believed to be the last of his drawings that remained in private hands.

また、個人が所蔵するボッティチェリの素描画で最後の1枚と考えられている。

It came from the collection of late philanthropist Barbara Piasecka Johnson, the wife of Johnson and Johnson heir John Seward Johnson, who bought the artwork for $88,000 (£51,300) at a New York auction in 1988.

この作品は、ジョンソン・アンド・ジョンソン社の後継者ジョン・スワード・ジョンソンの妻で慈善家だった故バーバラ・ピアセッカ・ジョンソンが所蔵していたもので、1988年にニューヨークで88,000ドル(51,300ポンド)で落札したものだった。

Study for a Seated St Joseph is believed to be the only drawing which can be clearly linked to one of Botticelli’s painted compositions.

着座の聖ヨセフの習作は、ボッティチェリが描いた絵画の構図に明確に関連づけられる唯一の素描画と考えられている。

The man depicted is a study for The Nativity with adoring St John the Baptist – a circular painting dating from the late 1480s which is at Buscot Park near Faringdon, Oxfordshire.

この人物像は、1480年末に制作された円形の絵画「洗礼者ヨハネが崇拝するキリスト降誕」の習作で、その絵画は、オックスフォードシャー・フェアリンドンに近いバスコット・パークが所蔵している。

Aside from an album of illustrations for Dante’s Divine Comedy, there are only 12 surviving drawings by Botticelli – all but Study for a Seated St Joseph are in museums.

ボッティチェリが描いた素描画は、ダンテの神曲をのぞき12作品だけが残っており、この着座の聖ヨセフの習作以外はすべて美術館が所蔵している。

BBC

Image: news.bbcimg.co.uk/

buscot-park.com

Image: buscot-park.com “Artist: Botticelli, Sandro (Studio Of) The Holy Family with the infant St. John the Baptist c.1445-1510 Oil on Panel Diameter: 35.5 ins”