ロンドンのクリスティーズで、7月8日、約624万ポンド(約11億円)で落札されたフェルメールの油彩画「聖プラクセディス」について、6月にtheguardian.comに掲載された記事と意訳です。

***

Earliest Johannes Vermeer painting authenticated – and up for sale

ヨハネス・フェルメールの最も初期の作品、真筆と判定。オークションに。

christies.com

Image: Christie’s “Johannes Vermeer (Delft 1632-1675) Saint Praxedis “

The painting of Saint Praxedis is one of two Vermeer works still in private hands, and will be auctioned next month in London

絵画「聖プラクセディス」はフェルメールの作品で個人が所蔵する2作品のうちの一つで、来月、ロンドンで競売にかけられる。


The Guardian, Monday 9 June 2014 18.53 BST
2014年6月9日(月)

No window, no letter, no musical instruments, not even a pearl earring: young woman in a pink dress is not what most people think of as a painting by the 17th century Dutch artist Johannes Vermeer, but newly authenticated as his earliest surviving work it is coming up for auction estimated at up to £8m.

窓も手紙も楽器も、真珠のイヤリングさえもない。ピンクの衣服を身にまとった若い女性は、私たちが慣れ親しんでいる17世紀オランダの画家ヨハネス・フェルメールの絵ではない。ところが、近頃真筆と鑑定されたフェルメール最初期のこの絵画は競売にかけられることになり、最高800万ポンドの値がつくと予想されている。

Although the painting is signed and dated, experts have been arguing about the painting of Saint Praxedis for decades, since it was first suggested that it was a genuine early work by the artist, painted when he was 23, newly converted to Catholiciism and heavily influenced by Italian art.

この絵画「聖プラクディス」には署名と日付があるが、専門家の間では数十年間その真偽が議論されてきた。フェルメールが23歳でカトリックに改宗し、イタリア絵画にかなり傾倒していたころに描いた真作だという説がきっかけだった。

Christie’s auctioneers say that the latest scientific analysis, by the Rijksmuseum in Amsterdam, shows that the lead white paint extensively used in the painting was made in northern Europe, and precisely matches another undisputed early work by Vermeer, Diana and Her Companions. The use of the brilliant blue pigment, ultramarine, is also typical of Vermeer’s work, they say.

クリスティーズの関係者によると、アムステルダム国立美術館が最新の科学調査を行い、広範囲に使用されている鉛白が北ヨーロッパ産であること、フェルメールの初期作品であることに疑いの余地のない「ディアナとニンフたち」と正確に一致していることが証明された。また、鮮やかな青のウルトラマリーンを使っていることも、典型的なフェルメール作品の証だと言う。

Wikipedia

Image: Wikipedia “Diana en haar Nimfen”

It is being sold from the estate of the American collector Barbara Piasecka Johnson, who died last year, with the proceeds going to her charitable foundation. She also once owned a Rembrandt portrait sold at Christie’s four years ago for more than £20m.

この絵画は、昨年亡くなった米人収集家バーバラ・ピアセカ・ジョンソンの遺産で、ジョンソン氏の慈善団体が競売に出す。ジョンソン氏がかつて所有していたレンプラントの肖像画は、クリスティーズで4年前に2000万ポンドを超える落札価格がついた。

Paintings by Vermeer are particularly coveted because they are so rare: the saint is one of two still in private hands, and will be auctioned in London next month. The other, a young woman in a yellow shawl playing music, also authenticated after years of scholarly debate, sold at Sotheby’s in 2004 for more than £16m.

フェルメールの絵画はたいへん希少なことから、特に人気が高い。この「聖プラクセディス」は個人蔵の2作品のうちの1枚で、来月ロンドンで競売にかけられる。もう1枚の個人蔵である黄色のショールをまとって楽器を弾く若い女性の絵は、同じく長年専門家の間で真贋が問題となっていたが、2004年にサザビーズで1600万ポンド以上で落札された。

smh.com.au

Image: smh.com.au