ルイ15世が王太子の結婚を記念して作らせたと言われているタペストリーが、競売に出されるという記事です。independent.ieの文章と、試訳です。

***

Historic Marie Antoinette tapestries from Bantry House to go under the hammer

バントリーハウス、歴史上重要なマリー・アントワネットのタペストリーを売りに出す

Published 20/06/2014|13:47

A set of tapestries made to celebrate Marie Antoinette’s wedding to the Dauphin of France is among prized artworks being auctioned off from one of Ireland finest historic homes.

アイルランド共和国の由緒ある邸宅が、秘蔵の美術品をオークションにかける。その中に、マリー・アントワネットがフランス王太子に嫁ぐときに制作された1組のタペストリーも含まれている。

independent.ie

Image: independent.ie: a tapestry made to celebrate Marie Antoinette’s wedding to the Dauphin of France

The owners of Bantry House in Co Cork – once the seat of the Earls of Bantry – said they have taken the difficult decision to sell major contents to raise money for its upkeep.

コーク州にあるかつてバントリー伯爵の邸宅だったバントリーハウスを所有する一族は、邸宅の維持費を捻出するためやむを得ず苦渋の決断を下したと語った。

The collection, valued in the region of one million euro, includes furniture and art sourced by the second Earl of Bantry on his travels across Europe, including several 18th century French tapestries.

今回売りに出される美術品は、100万ユーロほどの価値があり、第2代バントリー伯爵がヨーロッパを旅したときに収集した家具や美術品で、18世紀フランスのタペストリーもその中にある。

One of the panels is said to have hung in the Palace of Versailles and the set, beautiful rose-coloured Aubussons, are said to have been made to order for Louis XV to mark the wedding of his son, the heir to throne, in 1770.

タペストリーの中に美しいローズ色のオービュソンがあり、ヴェルサイユ宮殿に飾られていたと伝わる。1770年にルイ15世が王太子の結婚を記念して作らせたと言われている。

“It is a wonderful house with an extraordinary history,” said Brigitte Shelswell-White, whose late husband Egerton’s family lived in the house for more than 300 years.

「ここは、並外れた歴史のあるすばらしいお屋敷です。」と、ブリジット・シェルウェル=ホワイトさんが話す。亡き夫エガートン氏一族は、300年以上この邸宅に住んでいた。

“It has been a very difficult decision, but also an exciting and stimulating one. The funds from the sale will inject a new energy into the house and also into us, as a family.”

「たいへん難しい選択を迫られましたが、同時に、 期待に胸膨らむ決断でもありました。売り上げによる資金は、この邸宅を活気づけ、同時に私たち一族にも活力を与えるでしょう。」

Viscount Berehaven, who became the second Earl, travelled extensively seeking pieces of art, furniture and tapestries to adorn the house, with many pieces coming from Russia and Poland.

後に第2代伯爵になったベアヘイヴン子爵は、広範囲にわたって旅をし、邸宅を飾る美術品、家具、タペストリーを探してまわった。ロシアとポーランドの品々も多くある。

Among them is a Russian household shrine which contains 15th and 16th century icons, a pair of William Kent style console tables and a pair of portraits from the studio of Allan Ramsay of George III and Queen Charlotte, presented by King George to the First Earl of Bantry when he became a peer.

15世紀と16世紀のイコンが入ったロシアの家庭用祭壇、ウィリアム・ケント様式のコンソールテーブルなどが売りに出される。中には、第1代バントリー伯が貴族に昇格したときに国王ジョージから贈られたアラン・ラムゼイの弟子によるジョージ3世とシャルロッテ女王の肖像画もある。

Edinburgh-based auctioneers Lyon & Turnbull are organising the sale.

エジンバラに拠点のあるオークションハウス、リヨン&ターンブルが競売を取り仕切る。

lyonandturnbull.com

Image: lyonandturnbull.com

Director Gavin Strang said: “Lord Bantry’s collection has long been recognised as having great artistic and historical interest.”

「バントリー伯のコレクションは、芸術的にも歴史的にも価値の高いものと評価されています。」と、ダイレクターのガヴィン・ストラング氏が語る。

The sale will take place on October 21 at Bantry House with everything free to view in the four days running up to the auction.

オークションはバントリーハウスで10月21日に開催され、その前4日間に、自由に閲覧できる。

Historic Marie Antoinette tapestries from Bantry House to go under the hammer

Published 20/06/2014|13:47

– See more at: http://www.independent.ie/life/home-garden/homes/historic-marie-antoinette-tapestries-from-bantry-house-to-go-under-the-hammer-30371395.html#sthash.FoKJfXCv.dpuf

Historic Marie Antoinette tapestries from Bantry House to go under the hammer

Published 20/06/2014|13:47

– See more at: http://www.independent.ie/life/home-garden/homes/historic-marie-antoinette-tapestries-from-bantry-house-to-go-under-the-hammer-30371395.html#sthash.FoKJfXCv.dpuf

Historic Marie Antoinette tapestries from Bantry House to go under the hammer

Published 20/06/2014|13:47

– See more at: http://www.independent.ie/life/home-garden/homes/historic-marie-antoinette-tapestries-from-bantry-house-to-go-under-the-hammer-30371395.html#sthash.FoKJfXCv.dpuf