昨日の投稿のつづきです。チュイルリー公園に関する部分です。

(出典:theguardian.comの記事)

***

The Tuileries garden, in the centre of Paris, has taken a very different route, but then its history has been more turbulent. Originally laid out in 1561 by Catherine de Medici, it was redesigned by Le Nôtre in the 1670s. In 1831 Louis-Philippe fenced off part of the site for his private use, an area extended by Napoleon III. At the end of the Commune, in 1871, the adjoining Tuileries palace was burned down. So although the place is associated with Le Nôtre, Cribier and Benech rejected the idea of an exact reproduction. “We didn’t want to produce pseudo-Le Nôtre,” Cribier says with a smile. “It makes no sense trying to tie a garden to a particular era.”

大都市パリの中央に位置するチュイルリー庭園は、かなり違った道を歩んできた。ヴォール・ヴィコントやヴェルサイユに比べて、チュイルリーは歴史の荒波に大きく翻弄された。まず、カトリーヌ・ド・メディシスが1561年に作らせ、1670年にル・ノートルが設計し直した。1831年にルイ・フィリップが一部に柵を巡らせて占有し、ナポレオン3世がそれを引き継いだ。1871年、パリ・コミューンの動揺末期に、隣接するチュイルリー宮殿を焼失した。そのため、ル・ノートルが関わった庭園ではあるが、景観デザイナーのクリビエ氏とブネッシュ氏は、元通りに復元する案を退けた。「私たちは見せかけのル・ノートルを作りたくなかったのです」と、クリビエ氏が微笑んだ。「この庭園を一定の時代に結びつけようとするのは無意味です。」

Image: Wikipeida: Le Nôtre’s Tuileries Garden plan, engraving by Israël Silvestre (1671)

The landscape designers only kept the broad lines of Le Nôtre’s layout: the central alley, which leads the eye towards the Champs Elysées, the octagonal pool bordering Place de la Concorde, the trees planted in the 19th and 20th century in the middle of the gardens, the terraces bordering the Seine and Rue de Rivoli, and the three pools near the Carrousel triumphal arch. “Le Nôtre, who was a genius with space, created an underlying structure based on the laws of optics,” Cribier explains. “His garden is a geometrical box in which everything is perfectly organised. He created cubic metres [of space], not square metres: his gardens give us wings. We had no intention of touching that, in fact we wanted to amplify it.”

2014 (Google Map)

2014 (Google Map)

二人の景観デザイナーは、ル・ノートルのおおまかな配置だけを残した。視線を遠くシャンゼリゼ通りまで導く中央の歩道、コンコルド広場との境界をつくる八角形の池、庭園中央に19世紀,20世紀に植えられた樹木、セーヌ川やリヴォリ通りとの境界となるテラス、カルーゼル凱旋門に近い3つの池。「空間の天才だったル・ノートルは、幾何学的錯視に基づいて基礎となる構造を作りました」と、クリビエ氏が説明する。「ル・ノートルの庭園は、すべてが完璧に構造化された幾何学的な箱です。空間を平方メートルではなく立方メートルで作り出しました。つまり、その庭園は訪れる人に翼を与えるのです。私たちは、そこに触れるつもりはありませんでした。実際は、それを増幅したかったのです。」

Image: Wikimedia: Tuileries Palace, late 17th century French engraving

Otherwise their approach was completely contemporary. “In Le Nôtre’s day the Tuileries was mainly gravel and stone, surrounded by countryside,” Cribier says. “So we did the opposite. As it’s now an urban garden we wanted to make it as green as possible. We planted 1,500 trees and doubled the size of the lawns.” To enhance this impression of greenery, the designers put a slight camber on the turfed areas. “It makes them more visible. When you look at the garden you get the impression the grass is eating up the paths,” Cribier asserts.

それ以外は、二人のアプローチは完全に近代的だった。「ル・ノートルの時代、チュイルリーは主に砂利と石ばかりで、田園風景に囲まれていました」とクリビエ氏が話す。「そこで、私たちは真逆のことをしました。現在、都会の中にある庭園として、可能な限りグリーンにしたかったのです。1500本の木を植え芝生を倍増しました。」グリーンの印象を高めるため、芝生一体にわずかな上ぞりをつけた。「これで芝生がよく見えるようになりました。庭園を見ると、芝生が歩道を包み込むような印象を受けます」とクリビエ氏が強調する。

Cribier and Benech changed the layout in some places, in order to create “a pleasant spot where people could stop and rest in the middle of Paris”. They planted new tree varieties, laid out flower beds and new groves. “We were very keen there should be lots of seats and that walking around the place should be easy,” Cribier explains. “To enjoy somewhere, you need to feel free: you need to be able to discover new perspectives or read quietly under a tree.”

二人は何カ所かレイアウトを変えて、「パリのただ中で、ちょっと立ち寄り休憩できる憩いのスポット」を作り出した。木の種類を増やし、花壇と木立を配置した。「椅子をたくさん配置して、気軽に散歩できることに着目しました。どこかで寛ぐには、そこで自由を実感することが必要です。新しいものの見方を発見したり、木陰で静かに読書したりすることができる、そういう場所です。」とクリビエ氏が語る。

The renovation of the Tuileries garden was completed some years ago, but the adjoining Louvre is still working along similar lines. “We plan to add even more greenery to the Tuileries,” says Sophie Lemonnier, head of architecture and gardens at the museum. “We don’t want to spoil the view – the lines of sight laid out by Le Nôtre haven’t changed in 400 years – but 21st-century walkers like to be surrounded with greenery. So we’re going to train shrubs up the walls, which are currently bare, add an extra line of trees in the central alley, and plant smaller trees in some of the flower beds.”

チュイルリー公園の改築は数年前に完了した。だが、隣接するルーヴル美術館は、同様の方針で現在改修事業が進行中だ。「私たちはチュイルリー公園にさらに樹木を増やす計画です。」と美術館の建築と庭園の責任者ソフィー・ルモニエール氏が話す。「ル・ノートルが設計した眺望は、400年間変わっていません。その景観を損ねたくありません。ただ、21世紀の私たちは、緑に囲まれることを望んでいます。そこで、現在何もない壁沿いに灌木を植え、中央の歩道に樹木の列を追加し、花壇に小ぶりの木を植えることにしました。」

Le Nôtre is still here in spirit, but no longer slavishly imitated. Indeed last year’s exhibition marking the 400th anniversary of his birth was not extended. “There were signs in the garden explaining how the various parts looked in the late-17th century,” says Lemonnier. “We thought about keeping them, but in the end we dropped the idea because we don’t want to put too much emphasis on Le Nôtre. The garden is not exactly the same as it was then, it’s a public space which has adapted to contemporary tastes.” The people strolling there are well aware of its historical significance, but it is also a playground for local children and a place where Parisians can take the air.

ル・ノートルは今でもこの庭園で心の中に生き続けているが、そっくりそのまま模倣することはしない。実際、昨年開催されたル・ノートル生誕400年記念イベントは、延長されなかった。「庭園には17世紀末にどのような景観だったかを示す掲示板をところどころに配置し、そのまま残すつもりでした。ところが、最終的にその案は取り下げられました。ル・ノートルを必要以上に強調したくなかったのです。庭園はもはやかつてとは様相が違ってます。現代の趣向に適応した公共の場です。」と、ルモニエール氏が話す。散策する人たちは歴史上重要な役割を果たしていたことをよく承知しているが、同時に、近隣の子供たちの遊び場であり、パリ市民の憩いの場でもあるのだ。

This slideshow requires JavaScript.