フランスの3つの歴史的庭園(ヴォール・ヴィコント、ヴェルサイユ、チュイルリー)についての記事です。theguardian.comの記事と、試訳です。

***

France’s aristocratic gardens weave a pathway from present to past

フランス王公貴族の庭園、現在から過去へと道をたどる

The Sun King’s favourite designer is the template for restoration, but parking, picnics and play areas are being factored in

太陽王のお気に入りだった庭園建築家の設計が修復事業の原型だが、駐車場やピクニック場、遊び場も考慮に入れようとしている

Guardian Weekly, Monday 9 June 2014 10.00 BST 2014年6月9日(月)

When Patrick Borgeot was appointed head gardener at Vaux le Vicomte in 2007, he spent long hours exploring the garden with his camera. Inside the chateau, south-east of Paris, he had come across a dozen engravings by Israel Silvestre showing the gardens when they were first laid out under Nicolas Fouquet, Louis XIV’s superintendent of finances. Borgeot tried to catch the same views, 350 years later. He wondered whether the splendour designed by the same trio who created Versailles – architect Louis Le Vau, painter-decorator Charles Le Brun and landscape gardener André Le Nôtre – had changed since the 17th century.

パトリック・ボルジョ氏は、2007年にヴォール・ヴィコント宮殿の庭園責任者に着任すると、カメラを手に時間をかけて庭園を歩き回った。パリ南東部にあるこの宮殿内では、イザベル・シルヴェストル作の版画を何枚も見かけた。そこには、ルイ14世の財務長官ニコラ・フーケが作らせた庭園が描かれている。ボルジョ氏は350年前の景観を見ようとした。果たして、ヴェルサイユ宮殿を建築した同じ3人が作り出した壮麗な景観は、17世紀から変わらすにあるのだろうか。3人とは、建築家ルイ・ル・ヴォー、装飾家シャルル・ル・ブラン、景観庭園家アンドレ・ル・ノートルだ。

realwowz.net

Image: realwowz.net: Vaux le Vicomte

Apart from a few details, the overall layout of the garden is much as in Le Nôtre’s day: the central perspective from the chateau to the statue of Hercules, the pools, canal and the outline of the gravel walks are intact. But some things have subtly changed. At the start of the 20th century, Alfred Sommier, a forebear of the current owners, revived the garden, which had been neglected for several decades. He turned it into a 19th-century jardin à la française, with more complex box-hedge designs and flashier fountains than in the days of the Sun King.

いくつかの細かい部分をのぞき、庭園の全体的な配置はル・ノートルの時代とそれほど変わっていない。宮殿から見たヘラクレス像までの中央の眺望、池、運河、砂利の歩道の概要はそのままだった。ただ、何かが微妙に変化していた。現在の所有者の先祖にあたるアルフレッド・ソミエールが、20世紀初頭に庭園を蘇らせた。それまでの数十年間、庭園は手つかずのまま放置されていた。ソミエールは19世紀のフランス式庭園に作り変え、太陽王の時代よりも複雑な生け垣や派手な噴水を作った。

Image: Wikipedia: André Le Nôtre (12 March 1613 – 15 September 1700)

There is debate now as how best to restore gardens designed by Le Nôtre: either as perfect replicas, or closer to contemporary needs. How is one to turn a historic garden into a place where we can relax, play, picnic, perhaps even indulge in some sport when enjoying the view? The gardens at Vaux le Vicomte, Versailles and the Tuileries, all laid out by Le Nôtre, reflect different approaches. The first two have opted for historical reconstruction, but the third was given a facelift in the early 1990s by Pascal Cribier and Louis Benech.

Image: archinform.net: 1656–1661

現在、ルノートルが設計した庭園についてどの程度まで復元するか議論が交わされている。忠実な複製を作るのか、それとも、現在のニーズに近づけるのか。来訪者がのんびりしたり、遊んだり、ピクニックしたり、ことによるとスポーツもできたりする場所に、歴史的庭園をどのようにして作り変えるのか。ルノートルが設計したヴォール・ヴィコント、ヴェルサイユ、チュイルリーの庭園は、それぞれのアプローチを反映してている。ヴォール・ヴィコントとヴェルサイユは歴史的価値を重視して復元しているが、チュイルリーは1990年代初頭にパスカル・クリビエとルイ・ベネシュが化粧直しした。

One of Vaux le Vicomte’s current owners, Alexandre de Vogue, wants to “restore the spirit and soul” of the Fouqet years. “Our baseline is 1661,” he says. That year the young king’s finance minister staged a sumptuous party in his honour, with walks in the garden, supper, comedy and ballet staged by Molière and Lully, and a huge firework display. It was probably too good. “At 6pm Fouquet was king of France, but by 2am he was nobody,” Voltaire wrote. A month after the event Louis XIV had Fouquet imprisoned. After confiscating his furniture and paintings he gave the job of designing Versailles to the same team that had excelled at Vaux.

ヴォール・ヴィコントの現在の所有者であるアレクサンドル・ドヴォーグ氏は、

Vaux le Vicomte Garden 2014

Vaux le Vicomte Garden 2014 (Google Map)

フーケの時代の「精神と魂を復元する」ことを望んでいる。「私たちの基準は1661年です。」と語る。この年、若い国王の財務長官だったフーケは、国王を喜ばせようと豪華なパーティーを開催した。庭園散策、夕食、モリエールやルリーによる演劇とバレエ、そして大規模な花火を催した。だが、恐らくこのパーティーはあまりにも豪華すぎたのだろう。「夕方6時にフランスの王のようだったフーケは、朝2時までには何者でもなくなった」と、ヴォルテールが書き残している。1ヶ月後、ルイ14世はフーケを投獄した。家具調度品を没収した国王は、ヴォール・ヴィコントで優れた才能を発揮した3人にヴェルサイユを設計するよう命じた。

“We want to restore the chateau to its past splendour,” says De Vogue, who manages the estate with his brother. “Indeed, that was the aim of the restoration work undertaken in 1875-1920 by my great-great-grandfather. Digging up the grounds, the workers uncovered the outline of the original garden and they kept the terraces, ramps and steps just as they were. Taking their cue from the engravings, they then set about restoring the statues, box hedges and some of the 17th-century pools. A century later we have picked up where they left off, refurbishing the Diane terrace in 2001, which had been overrun by trees. There too, we dug down and found the 17th-century foundations.”

「私たちはこの宮殿にかつての壮麗さを取り戻したいのです」と、兄弟でこの宮殿を管理しているドヴォーグ氏が話す。「実は、それが曾祖父が1857年から1920年に行った復元プロジェクトの目的でした。作業では、地面を掘り起こしてオリジナルの庭園の外観を発掘し、テラスや斜面、階段をそのままの状態で保存しました。版画を手がかりに、石像や生け垣、17世紀の池の復元に着手しました。100年後の私たちは、その当時手が付けられなかった部分に取りかかり、2001年に木々で覆われていたダイアナテラスを改築しました。そこでも、17世紀の基礎が発掘されました。」

Screenshot from Google Map

(Google Map)

Now Le Nôtre’s garden is once again visible. But times have changed. In fine weather thousands of visitors flock to Vaux le Vicomte, expecting to find a space in the car park, a picnic area and a playground for their children. “We have to reconcile our historical baggage with 21st-century constraints,” Borgeot explains. “In the ‘upper’ gardens – visible from the chateau – there is just one, unobtrusive refreshment bar and picnicking is not allowed. This part of the gardens must stay as authentic as possible. But last year we started allowing visitors to eat picnics beside the canal, in an area not visible from the house.”

今日、ルノートルの庭園を再び見ることができるようになった。ただ、時代は変わった。天気が良い日は、多くの来訪者がヴォール・ヴィコントに集まり、駐車場やピクニックの場所、子供が遊べる広場を求めてくる。「私たちの歴史的遺物と21世紀の制約との間で、折り合いをつけなければなりません。」と、ボルジョ氏が話す。「宮殿から見える上層部分では、目立たないお菓子の店のみで、ピクニックは禁止します。この部分は、可能な限り本来の姿を保つ必要があります。ただ、昨年から、宮殿から視界に入らない運河の横でなら、来訪者がピクニックをするのを許可するようになりました。」

Vaux le  Vicomte garden

Vaux le Vicomte garden (Google Map)

The owners have made some other concessions to modernity, putting up signs in the garden with puzzles about Vaux le Vicomte for the kids. “If you want families to enjoy themselves in the garden, you have to cater for their needs,” De Vogue admits. “But we’ve been very careful to ensure the signs never spoil the view. We try to strike a balance: children can kick a ball about by the canal, but they must understand they’re in a historic garden. That’s why we organise guided visits, in period costume: it’s fun but also educational. The park at Vaux le Vicomte is not a museum, but it isn’t a playground either.”

その他に現代風に譲歩した取り組みとして、子供向けに庭園に標識を立てヴォール・ヴィコントについてのパズルを提供している。「家族連れが庭園で楽しむには、そのためのニーズを満たさなければなりません。」と、ドヴォーグ氏が打ち明ける。「ただし、標識が景観をこわさないよう最新の注意を払っています。うまく両者のバランスを取らなければなりません。子供には、運河周辺ではキックボールをしてもいいのですが、自分が歴史的庭園にいるのだということを認識させなければなりません。そのため、昔の衣装を着たガイドによるツアーを企画しました。楽しみと同時に教育の場でもあります。ヴォール・ヴィコントの公園は博物館ではありませんが、遊び場でもないのです。」

To be continued.
つづく