Sotheby’sから、原文と試訳です。

***

Orfèvrerie européenne, Boîtes en or et Objets de vitrine
13 May 2014 | 2:30 PM CEST | Paris

A BURRWOOD SNUFFBOX CONTAINING THE HAIR OF LOUIS XVI, MARIE ANTOINETTE AND THE DAUPHIN, LATE 18TH CENTURY

ルイ16世、マリーアントワネット、王太子の毛髪が納められたウォールナッツの嗅ぎタバコ入れ  18世紀末

Sotheby's

Screenshot of Sotheby’s webpage

circular, the glazed lid inset with a flowered wreath of hair and central knot on a plaited ground, tortoiseshell lining, screw-off base containing a damaged gold verre-églomisé panel over a black ground, decorated with cupids aiming their bows at a ravishing sleeping Venus, signed Viller, and a handwritten inscription

円形。組込み編みの上に毛髪の花のリースと中央に飾り結びのある光沢を施した蓋。べっ甲の内張り。キューピットが弓矢を魅惑的な眠るヴィーナスに向けている、黒地背景に破損したガラス金メッキ細工のパネルのある回してはずす底。Villerの署名。手書きメモ。

Sotheby's

Screenshot of Sotheby’s webpage

Diam 直径. 8,5 cm ; 3 1/4 in
Estimate 予想落札価格  4,0006,000 EUR

Provenance
来歴

The handwritten paper glued into the base is inscribed: This box was / given to the Revd George / Brooks by Edouard M … / Baron de Rety [Retz?] to whose / father Louis Amand …stant .. / de Rety it was given by Louis XVI.
In the lid are set locks of / the hair of Louis XVI, of his … / Marie Antoinette, and of the / Dauphin their Child.
Given to me by the Revd / G Brooks at Hampden / Rectory. April 17 1835.
(signed) Nugent

底に貼付されているNugentと署名された手書きメモによると、
この小箱はレッツ男爵エドゥアルド・M…からジョージ・ブルックス牧師に贈られたもので、レッツ男爵の父親ルイ・アマンがルイ16世から渡されたものだった。
蓋の中には、ルイ16世と、マリーアントワネット、その王子の毛髪が納められている。
ハンプデン教区のG ブルックス牧師からいただいた。1835年4月17日
(署名)Nugent

The Nugent in question is most probably the politician and writer, George Nugent Granville, second Baron Nugent of Carlalanstown (1788-1850), second son of the 1st Marquess of Buckingham  and Lady Mary Nugent. He had acted as lord high commisioner of the Ionian Islands from 1832 but returned to Buckinghamshire in February 1835.

Nugentとは、おそらく第一代バッキンガム公爵とレディー・マリー・ヌジェント公爵夫人の第二子息、政治家で作家の第二代ヌジェント・オブ・カーランズタウン男爵ジョージ・ヌジェント・グランヴィル(1788-1850)と思われる。1832年からギリシャ・イオニア諸島の高等弁務官となっていたが、1835年2月に英国バッキンガムシャに帰国した。

The Reverend George William Brooks (1803-71) had been installed as rector of Great Kimble and Great Hampden in Buckinghamshire in 1827.

ジョージ・ウィリアム・ブルックス牧師(1803-71)は、1827年にバッキンガムシャのグレイト・キンブルとグレイト・ハンプデンの教区牧師に任命された

Catalogue Note
カタログの記述

Comparisons with other examples of the royal family’s hair ( three pendants currently at the musée Carnavalet, Paris) would suggest that the darkest hair is that of Louis XVI, the reddish brown hair that of Marie Antoinette and the blond leaves, those of their child.

現存する他の国王一家の毛髪(パリ・カルナバレ博物館所蔵の3つのペンダント)に基づき、最も濃い色はルイ16世、赤みがかった茶色はマリーアントワネット、ブロンドは王子の毛髪と見られる。

Little is known about the artist/engraver Viller, who executed the verre églomisé panel in the base of this box. A gold cagework snuff box, T.F. Pillieux, Paris, 1789, enclosing similar panels etched with subjects from Roman history after J.G. Moitte and also signed by Viller, was sold at Bonham’s, 13 November 2013, lot 30.

この嗅ぎタバコ入れの底にガラス金メッキ細工を制作したVillerに関しては、ほとんど知られていない。J.G.Moitte作古代ローマ史から題材が彫られた同様のパネルのある、Villerと署名された1789年製パリ・T.F. Pillieuxの金の嗅ぎタバコ入れが、英国ボーハムズ・オークションハウスで、2013年11月3日にロット番号30として落札された。

Bonhams Auctions Lot 30 A Louis XVI verre-eglomisé and gold snuff box by Toussaint-François Pillieux, Paris, 1789, later struck with two post-1838 French provincial restricted warranty marks for gold, the panels by Viller, signed on cover and base Sold for £18,750 (JPY 3,236,710) inc. premium

Many of the subjects also appear against a red ground on a similar but unsigned box, J.E. Blerzy, Paris, 1789/96, in the Gilbert Collection (Charles Truman, The Gilbert Collection of Gold Boxes, vol.I, Los Angeles, 1991, no. 36, p. 117). Truman also illustrates a box, formerly in the collection of Dr H.W.J. Fockema, of the same date, mounted by Vachette and set with panels depicting rather wild mythological subjects evidently from the same hand.

署名のない同様の小箱で、赤地背景に多様な主題が彫られた作品(J.E. Blerzy, Paris, 1789/96)が、カタログ「ギルバート・コレクション」(チャールズ・トルーマン署、The Gilbert Collection of Gold Boxes、第1巻、ロサンゼルス、1991年、no. 36, p. 117)に掲載されている。また、同カタログに掲載されている、同年代制作でH.W.J. Fockema博士が所有していた小箱は[当時の著名なフランス人彫金作家]ヴァシェットの作で、明らかに今回の嗅ぎタバコ入れと同じ作者の手による荒めの神話を描いたパネルが添えられている。

In completely different vein, but again recognisably by the same artist, are a couple of vicious satirical prints of 1794 attacking the Terror, signed: ‘Viller pinxt.’ (British Museum and Bibliothèque nationale). One of the prints was apparently available ‘chez l’auteur’, rue d’Angoulême, no. 1. Whether Viller perished after this or fled Paris is not known.

全く別の作品だが、今回の嗅ぎタバコ入れと同じ作者の手によるものとわかる1794年制作の2枚の悪意のある風刺画が(大英博物館とパリ国立図書館に)あり、当時のフランス恐怖政治を攻撃した内容で「Viller pinxt.」と署名されている。同版画のうち1枚は、パリ・ダングレーム通り1番地「chez l’auteur」で入手できるようだ。この風刺画を制作した後、Villerが非業の死を遂げたのかパリを脱出したのか、定かではない。