アレクセイ・ヤグディン

2002年

Uploaded on 12 Feb 2010 by Anna Toropova

*

2014年

Published on 26 Jan 2014 by frida340

***

Wikipediaから抜粋(と試訳)

Alexei Konstantinovich Yagudin (Russian: Алексей Константинович Ягудин​ ; 18 March 1980) is a former Russian figure skater. His major achievements in his six years of eligible sports career include being the 2002 Olympic Champion, a four-time World Champion (1998, 1999, 2000, 2002), a three-time European Champion (1998, 1999, 2002), a two-time Grand Prix Final Champion (1998-1999, 2001-2002), a World Junior Champion (1996) and a two-time World Professional Champion (1998, 2002).

アレクセイ・コンスタンティノヴィッチ・ヤグディン(1980年3月18日生)は、元ロシアフィギュアスケート選手。選手時代の6年間で勝ち取ったタイトルは、2002年冬期オリンピック金メダリスト、ワールドチャンピオンに4回(1998, 1999, 2000, 2002)、ヨーロッパチャンピオンに3回(1998, 1999, 2002)、グランプリファイナルチャンピオンに2回(1998-1999, 2001-2002)、ワールドプロフェッショナルチャンピオンに2回(1998, 2002)だった。

A month later, he won the World Championships. He became the first Russian single skater from the post-Soviet era to win the World title. He was the second-youngest male World Champion at the age of 18 years and 15 days, 6 days older than Donald McPherson in 1963.[5][6] About two months after the event, Yagudin left Mishin and joined Tatiana Tarasova,[7] who would coach him until his retirement in 2003.

[1998年長野オリンピックの]1ヶ月後、ワールドチャンピオンを獲得した。ソヴィエト後のロシアで、シングルスケート選手として初の受賞だった。18歳15日という年齢で、1963年にドナルド・マクファーソンがロシア人として初の受賞者となったときより6日年上だった。その2ヶ月後、ミーシンコーチを離れタティアナ・タラソワにつき、2003年に引退するまで続いた。

コーチと選手の日々

Alexei was diagnosed with a congenital hip disorder after the Olympic season. He was advised by doctors to stay off the ice for several months. Yagudin chose not to follow this advice and competed at 2002 Skate America. He won the short program, but had to withdraw due to his injury before the free skate. Yagudin later announced his retirement from competitive skating. His final performance as an eligible skater came during a farewell gala at Skate Canada with a performance of a new program, Memorial, and his short program from the previous season, Racing.

2002年オリンピックシーズン後、先天性股関節脱臼と診断され、数ヶ月間アイススケートをしないよう医師に勧められた。ヤグディンは医師のアドバイスに従わないことを選択し、2002年スケートアメリカに出場した。ショートプログラムは好成績を勝ち取ったが、怪我のためフリーの前に出場を辞退した。スケート選手としての最後の演技は、スケートカナダでのさよならガラで、新しいプログラム「メモリアル」と前シーズンからの「レーシング」を滑った。

引退演技 メモリアル

Uploaded on 7 Jan 2007 elisabaraldini

引退スピーチ

Uploaded on 18 Nov 2006 by gingertea83

He was awarded with the Order of Merit for the Fatherland of the Russian Federation in 2003.

He never won the Russian National Championships despite his many other achievements, mainly because of his rival.

2003年にロシア連邦の祖国功労勲章が授与された。
多くのタイトルを獲得しているが、ロシアではフィギュアスケートチャンピオンは1度も獲得することがなかった。

He published his autobiography, Alexei Yagudin: Overcome, in Japan in 2005.[23] It was published in Russia in 2007 under the title, НаPRолом, with extra chapters and photos added to cover his recent life.

2005年に自叙伝「アレクセイ・ヤグディン:オーバーカム」を日本で出版した。ロシアでは2007年に、その後の日々を綴った章と写真を追加して、 НаPRоломという題名で出版した。