Catholic News Serviceから、ヴァチカン図書館所有の古い文献をデジタル化するニュースです。catholicregister.orgの文と試訳です。

***

Thousands of rare Vatican manuscripts to go online

ヴァチカンの多数の手稿、オンライン化

Written by Francis X. Rocca, Catholic News Service Thursday, 20 March 2014 12:45

文:フランシス10世、ロッカ、カトリック・ニュースサービス、2014年3月20日

VATICAN CITY – Thousands of rare manuscripts until now accessible only to scholars at the Vatican will go online over the next four years, thanks to help from a Japanese information technology company.

ヴァチカン市国:現在は研究者のみ閲覧が許されている多数の希少な手稿が、日本のIT企業により、今後4年間でオンライン化される。

Officials of NTT DATA Corporation and the Vatican Library announced their joint project at a news conference March 20.

株式会社エヌ・ティ・ティ・データとヴァチカン図書館は、3月20日に記者会見で共同プロジェクトを発表した。

The library, founded by Pope Nicholas V in the 15th century, preserves some 82,000 manuscripts dating back to the early centuries of Christianity. Among its treasures are an illustrated edition of the works of the Roman poet Virgil, produced around the year 400, and illustrations of Dante’s Divine Comedy by the 15th-century Renaissance master Sandro Botticelli.

Image: divinecomedy.org
Botticelli’s Inferno ボッティチェッリの地獄編

ヴァチカン図書館は、15世紀に教皇ニコライ5世が創設し、初期キリスト教の8万2千冊ほどの手稿を保管している。その中には、紀元400年頃に書かれた古代ローマの詩人ウェルギリウスの作品や、15世紀ルネサンスの巨匠サンドロ・ボッティチェリがダンテ作神曲を描いた絵もある。

The library has been scanning its collection for several years with help from various nonprofit groups, and has already digitally archived 6,800 manuscripts, said Msgr. Cesare Pasini, the library’s prefect. But so far only some 300 documents are accessible on its website (vaticanlibrary.va).

ヴァチカン図書館館長モンシニョール・チェーザレ・パシーニによると、これまで何年もの間、いくつかの非営利団体が手稿をスキャンし、すでに6千800冊がデジタル化されている。だが、ホームページ(vaticanlibrary.va)で閲覧できるのは、現在、300冊ほどしかない。

Image; Vatican library

NTT DATA Corporation will supply the technicians and equipment necessary to produce high-definition digital records of another 3,000 manuscripts and place them online over the next four years. The library will solicit donations to defray the estimated $23 million cost of the project, among other ways by allowing contributors to sponsor digitalization of individual manuscripts.

NTT DATAは、技術者と装置を提供し、3千冊の手稿を高解像度デジタルで記録し、今後4年間でオンラインで閲覧できるようにする。ヴァチカン図書館は、プロジェクトの費用2千300万ドルを支払うために寄付を募り、また、資金提供者には、個別の手稿デジタル化のスポンサーになってもらうなど、いくつかの案を提供する。

The library plans to offer a total of 15,000 manuscripts online, free of charge to all visitors, by 2018.

ヴァチカン図書館は、1万5千冊全ての手稿を2018年までに、無料でオンライン上で公開する。

Among the documents to be scanned by the Japanese company are some from the library’s Asian holdings, which include watercolors of Japanese dancers painted from the 16th through the 18th centuries, and an oath signed by Japanese Christians vowing to defend their missionaries to the death.

NTT Dataがスキャンする作品には、ヴァチカン図書館が所有するアジアの作品もあり、16世紀から18世紀に踊り子を描いた日本画や、日本のキリスト教信者が、命をかけて宣教師を擁護することに署名した誓約書もある。

スクリーンショット

Image: WSJ

スクリーンショット

Image: WSJ

The library plans eventually to offer online access to its entire manuscript collection, a total of 41 million pages. Msgr. Pasini declined to estimate how long it would take to complete that project.

ヴァチカン図書館は、最終的には4千100万メージに及ぶすべての手稿をオンライン上で公開する計画だが、モンセニョール・パシーニは、そのプロジェクトがいつ完了するか言及を避けた。

Published on 3 Dec 2014 by NTTDATA PR