Source: Wall Street Journal
Wall Street Journalの記事(抜粋)の意訳

***

Michelangelo’s First Sketch of the Sistine Chapel?

ミケランジェロのシスティーナ礼拝堂の下絵?

Architectural historian Adriano Marinazzo believes a manuscript he found stored in Florence’s Buonarroti Archive is actually Michelangelo’s first sketch of the Sistine Chapel ceiling. The 1508 sketch, a longtime mystery to scholars, was found beneath of the artist’s poems.

建築史研究者エイドリアーノ・マリナッツォ氏は、フィレンツェにあるブオナロッティ・アーカイブに収蔵されている手稿が、実は、ミケランジェロがシスティーナ礼拝堂の天井を描いたときの最初の下絵だったと確信している。1508年に描かれたその下絵は、ミケランジェロが書いた詩の下にあり、長い間研究者の間で謎とされてきた。

Image: wsj.com
素描画と天井の比較

Cammy Brothers, an associate professor at the University of Virginia who specializes in Michelangelo and Italian Renaissance archicture, called his theory “very persuasive.” Ms. Brothers said Michelangelo was a voluminous draftsman, but he typically destroyed his early, rougher drawings and only kept the “perfect or pretty ones.”

“That’s what makes this sketch so rare, because very few drawings survive that show his first thoughts,” she added.

ミケランジェロとイタリアルネサンス建築が専門のカミー・ブラザーズ・ヴァージニア大学准教授は、この説を「相当説得力がある」と述べている。准教授によると、ミケランジェロはかなりの枚数の下絵を描いたが、制作初期に描くおおまかな下絵は破り捨てるのが常で、「完全なものか整ったもの」しか残さなかった。

「ミケランジェロが最初に考えていたことを示す下絵がほとんど残っていない中、この画はたいへん希少なものです。」と語った。

Image: wsj.com
Michelangelo’s sketch Archivio Buonarroti, Florence

*

Click here (WSJ website)to read more.
WSJの記事全文はこちら

*