Text from The Guardian with translation.

The Guardianの記事と、意訳です。

***

The Christmas story in art: archangel Gabriel appears before Mary

芸術の世界のクリスマス物語:大天使ガブリエル、マリアの前に出現

The annunciation is a favourite Christmas story scene among artists. Here are the top five

受胎告知は、芸術家が好んで描いたクリスマス物語だ。以下に、その中でも有名な5作品を紹介する。

theguardian.com, Tuesday 24 December 2013 10.28 GMT
ジョナサン・ジョーンズ
theguardian.com 2013年12月24日(火)10:28GMT

The Christmas story in art is a rich epic with different moods and tones that speak to different emotional needs. The adoration of the Magi offers artists a spectacle of rich clothes, long cavalcades, rare gifts. The adoration of the shepherds is humbler and more spiritual. But the most introspective and mysterious moment in the story is the annunciation – the appearance of the archangel Gabriel to Mary to tell her she will give birth to the son of God.

芸術ではクリスマス物語は、心の有り様よって異なる雰囲気や調子で語りかける表情豊かな叙事詩だ。「東方三博士の礼拝」では、豪華な衣装、長蛇の列、物珍しい贈りものなど、一大スペクタクルが描かれる。「羊飼いの礼拝」は謙虚で精神的だ。だが、最も内省的かつ神秘的な瞬間を描いたものが「受胎告知」で、大天使ガブリエルが乙女マリアの前に現れ、神の子を宿すことを告げる場面だ。

Medieval and Renaissance artists painted the annunciation again and again. It was popular in art long before the Renaissance dwelt on all those glitzy Magi. Annunciation scenes are profound moments of enigma in which a woman encounters the divine in the quiet of her home. They include some of the most powerful visionary paintings of all time.

「受胎告知」は、中世からルネサンス期に繰り返し描かれ、きらびやかな三博士の絵に人気があったルネサンス時代のかなり前から、よく描かれていた。受胎告知の場面は深遠で謎めいた瞬間で、乙女が自宅の静寂の中で聖なるものと遭遇する。中には、美術史上最も説得力のある先見的な絵画もある。

Leonardo da Vinci heads the top five annunciations with a dreamlike youthful masterpiece. The angel has wings with incredibly realistic feathers: it looks as if, in this early painting that he did in Florence in around 1472-1475 when he was still in his 20s, Leonardo is already thinking about the possibility of human flight. His angel is a bird-man. But it is also an angel, and Mary shows her perturbation and awe at the message she receives. Her garden and bedroom are painted in miniscule, hallucinatory detail: a view past tall Tuscan trees reveals misty mountains in a world that hums with portent.

今回、5作品の受胎告知のトップを飾るのは、夢見るような瑞々しい傑作を描いたレオナルド・ダ・ヴィンチだ。まだ20代だった1472年から1475年に、フィレンツェで制作された初期作品で、天使の翼には相当写実的に羽根が描かれ、あたかも、人間が空を飛ぶ可能性をすでに考えていたかのようだ。ダ・ヴィンチの天使は鳥人間だ。ただし、天使でもあり、マリアはお告げを聞き、動揺と畏敬の表情を浮かべる。マリアの庭と寝室を、幻想的に細部にわたり描き、トスカーナの高い木々の向こうに、神秘的な山々が前触れをささやきかけているかのように見えている。

Image: Wikipedia
『受胎告知』(Annunciation)、1475年 – 1485年、ウフィツィ美術館(フィレンツェ)。

Second in the annunciation top five is a daring and unexpected take on the tale. In his Virgin Annunciate, painted in about 1476, Antonello da Messina does not show the angel at all. Instead, he concentrates on an intimate portrait of Mary as she absorbs the holy information. The leaves of her book seem ruffled by a divine breath: the holy spirit agitates the air. Mary is reserved, modest and contemplative. This is a shatteringly intense painting.

「受胎告知」第二位は、物語の捉え方が大胆で意表をつく絵画だ。アントネロ・ダ・メッシーナが1476年頃描いた「受胎告知のマリア」には、天使が全く描かれていない。その代わり、マリアが聖なるお告げを受入れる様子を、奥深く描くことに注力している。手元の本のページが、神の息吹で揺れているように見える。精霊が空気をかき立てている。マリアは控え目で、謙虚に瞑想する。強烈に心を動かされる絵画だ。

Image: Wikipedia
『受胎告知のマリア』シチリア州立美術館

Simone Martini’s annunciation uses far simpler methods than Leonardo and Antonello. Painted around 1333, with Lippo Memmi creating a gothic structure for his panel, he does not have the other artists’ Renaissance mastery of perspective and depth. Yet it could be argued that this sets him free to be truly spiritual. The narrow Gothic eyes of Mary and Gabriel lock, in a moment of revelation and truth. Mary arcs her body with feeling against the golden ether.

シモーネ・マルティーニの受胎告知は、ダヴィンチやアントネッロよりかなりシンプルな様式で描かれている。リッポ・メーミがゴシック様式のパネルを制作し、1333年頃に描かれたこの絵画には、二人の巨匠が描くルネサンスの遠近法や奥行き表現はない。それでも、この絵画には真に神秘的なものが感じられないだろうか。啓示と真理の瞬間に、ゴシック様式の細い目で描かれたマリアと大天使ガブリエルの視線ががっちりかみ合う。マリアは黄金の天空を感じて身体をそらしている。

Uploaded on 20 Nov 2011 by Smarthistory, Art History at Khan Academy

Two great religious artists with very different personalities complete this mystical top five. Fra Angelico was a true holy man whose greatest achievement was his decoration of the religious house of San Marco in Florence. Each monastic cell has its own eerie painting. A highlight of the scheme is a perfectly poised annunciation. Mary sits humbly, profoundly aware of her task, in a loggia whose architecture is brilliantly delineated in depth. This a supernatural moment in a very solid three-dimensional space.

性格が正反対の修道士であり画家である2人が、この神秘的なトップ5の最後を飾る。フラ・アンジェリコは、真に敬虔な修道士で、最大の業績はフィレンツェのサン・マルコ修道院を装飾したことだ。修道士の個室には、それぞれ独自の宗教画を描いた。その配置の中で最たるものは、完璧なほどに静穏な受胎告知だ。奥行きをすばらしく描いた建築の中のロッジアで、マリアは謙虚に腰掛け、自分の役割を深く理解している。3次元の立体空間の中の超自然的な瞬間だ。

Image: Wikipedia
『受胎告知』(1437年 – 1446年)
サン・マルコ美術館(フィレンツェ)
フレスコ画

Fra Filippo Lippi was – like the saintly Fra Angelico – in holy orders, but by contrast he was a bad friar. It was said that his patron Cosimo de’ Medici had to lock him in a room at the Medici palace to get him to stay away from lovers long enough to work. Perhaps the painting he was finishing under house arrest was his Annunciation in the National Gallery in London.

Whatever his sins, this is a holy work. Mary is lost in an inner world of prayer and vision. The angel reveres her, even as she reveres the power of God. The annunciation is art’s most sacred moment.

敬虔なフラ・アンジェリコと同様に、フラ・フィリッポ・リッピも聖職に身を置いていたが、対照的に不敬虔な修道士だった。後援者だったコジモ・デ・メディチは、絵の制作に要する時間、恋人から離すため、メディチ家宮殿に閉じ込めなければならないほどだったと伝わる。恐らく、監禁状態で仕上げたその絵画は、ロンドン・ナショナルギャラリーにある「受胎告知」だ。

リッピの罪がいかようであろうとも、この絵画は神聖な作品だ。マリアは祈りと幻影の内なる世界で我を忘れている。天使はマリアを崇め、同時にマリアは神の力を崇拝する。「受胎告知」は芸術の最も神聖な瞬間だ。

Image: Wikipedia
Artist Filippo Lippi
Year c. 1449-1459
Type Tempera on wood
Location National Gallery, London, UK

*