Source: CNN

CNNの記事と試訳です。

***

Louvre-Lens: How a coal mining town became an art attraction

ルーヴル=ランス美術館:炭坑の街が美術で注目されるようになったわけ

From Sheena McKenzie, for CNN, and Nick Glass, CNN
December 4, 2013 — Updated 1048 GMT (1848 HKT)

(CNN) — Seventy-nine-year-old Henri Wosniak had only ever seen France’s beloved revolutionary painting — “Liberty Leading the People” — on postage stamps. Then the real thing turned up on his doorstep.

CNN: 79才のアンリ・ウォズニャックは、フランス人にこよなく愛される革命を題材にした絵画「民衆を導く自由の女神」を、切手でしか見たことがなかった。ところが、実物がすぐ目と鼻の先にやってきた。

Image: Wikipedia
La Liberté guidant le peuple

For 35 years, Wosniak worked one-meter underground in one of the coal mines dotted across the small town of Lens, in northern France.

ウォズニャックは、北フランスのランスという小さな町に点在する炭坑の地下1メートルの職場で35年間働いた。

Two decades ago, the last mine closed, and the industrial city fell into a grim economic slump of “closed shops, abandoned houses, angry residents and a boarded up cinema.”

20年前に最後の炭坑が閉鎖されると、この工業の街は不況に陥った。商店は閉じ、住宅は打ち捨てられ、怒った住民と板で塞がれたシネマの街となった。

“We became a ghost town,” said regional president Daniel Percheron, of a city that had an unemployment rate three times the national average.

「この街はゴーストタウンと化しました。」とダニエル・ペルシュロン市長が話す。失業率は全国平均の3倍になった。

Then last year, “Liberty Leading the People” came to town. Or to be more precise, the Louvre’s sister gallery — called none other than Louvre-Lens — opened her gleaming doors to the public.

そこへ昨年、「民衆を率いる自由の女神」が街にやってきた。正確には、ルーヴル美術館の姉妹ギャラリー、その名も他でもないルーヴル=ランス美術館が、その輝ける扉を一般市民に開放した。

Boasting hundreds of masterpieces on loan from the Louvre in Paris, the slick €150 million ($204 million) museum has become an unlikely art haven, sitting in the shadow of Lens’ looming slag heaps.

パリのルーヴルから貸出された何百もの傑作品を誇らかにたずさえて、1億5千万ユーロ(2億4百万ドル)の洗練された美術館は、思いもよらぬアートの殿堂となリ,ランスの迫り来るぼた山の陰に建っている。

For retired miner Wosniak, the biggest thrill was seeing the gallery’s star attraction — Eugene Delacroix’s “Liberty Leading the People” — a painting commemorating the 1830 revolution and familiar to everyone in France.

引退した元炭坑夫ウォズニャックが最も感動したのは、美術館の最大の呼び物、ユジーヌ・ドラクロワ作「民衆を導く自由の女神」だった。この絵画は1830年の7月革命を記念するもので、フランスでは誰もが知っている。

“I had seen it on stamps,” he says, animatedly making the small shape with his hands. “And here it is,” he adds, waving at the grand artwork surrounded by a throng of admirers.

「切手でしか見たことがなかったのに」と、ウォズニャックは興奮気味に小さな切手を手で形作り、「今はここにある。」と、大勢のファンに囲まれたその絵画の方を指した。

Happy Birthday
ハッピーバースデイ

This week marks the first anniversary of Louvre-Lens, and already 750,000 people have visited the sleek glass and polished aluminum building, 200 kilometers north of Paris.

今週、ルーヴル=ランス美術館は開館1周年を迎えた。その間、パリの北200キロにある洗練されたガラスと磨かれたアルミのこの建物に、75万人が訪れた。

It’s a very different museum to its glamorous Parisian sister. While the Louvre — which attracts over 9 million visitors each year — sits on the banks of the River Seine and overlooks elegant Tuileries Gardens, Lens rests atop a disused coalmine, with views of the local football stadium.

パリの壮大な姉妹美術館ルーヴルとは、かなり違っている。年間900万人が訪れる同美術館はセーヌ河岸に建ち、上品なチュイルリー庭園の横に聳える。一方、ランス美術館は、無用となった炭坑の上に建ち、地方のサッカースタジアムを望む。

That’s not to say Lens isn’t a spectacular building in itself. Designed by Japanese architect firm Sanaa, the minimalist museum is remarkable in that it doesn’t separate artworks according to style or era.

だからといって、ランス美術館の建物がすばらしくないと言っている訳ではない。日本の建築会社Sanaaが設計したミニマリズムのこの美術館は、様式と時代で美術作品を分類していないという点でも、特筆すべき美術館だ。

Instead, the pieces — spanning Greek sculpture to 19th century French painting — are showcased together in one long light-filled gallery.

その代わり、古代ギリシャ彫刻から19世紀フランス絵画に及ぶ作品は、光溢れる一つの長いギャラリーに共に展示されている。

Indeed, part of the reason the museum was built, was to display some of the hundreds of thousands of artworks in storage deep under the Louvre in Paris.

実は、この美術館が建設されたのは、パリのルーヴルの地下保管庫に眠っている何千・何百もの美術品の一部を展示するという意味合いもある。

“The Louvre has more than 460,000 works of art, and only presents around 40,000,” explained director Jean-Luc Martinez, who took on the top job at the world’s most popular museum earlier this year.

「ルーヴルには46万件以上の美術作品がありますが、そのうち4万件しか展示していません。」と、世界で最も人気のあるルーヴル美術館の館長に今年就任したジャン=リュック・マルティネス氏が話す。

“Why take them out? For preservation — we are close to the Seine and they risk being destroyed.”

「どうして持ち出すか?それは保存のためです。パリのルーヴルはセーヌ川沿いにあり、損傷のリスクがあるのです。」

Of course, Louvre-Lens is more than an expensive storage unit. It is hoped the new gallery with the internationally recognized “Louvre” name will reinvigorate the struggling city — much like the Guggenheim in Bilbao, Spain, or the Tate in Liverpool, Britain.

もちろん、ルーヴル=ランスは高価な保管庫などではない。世界的に認知された「ルーヴル」の名を冠した新美術館が、停滞した街を活気づけるだろうと期待されている。スペイン・ビルバオのグッゲンハイムや英国リバプールのテートのように。

“There was nowhere the Louvre was as needed as much as Lens,” says the gallery’s director Xavier Dectot.

「ランスほどルーヴルを必要としている街は、他にはありません。」と、同美術館のクサヴィエール・デクト館長が話す。

New era
新しい時代

Until now, Lens had been better known as the place you sped through from Calais’ major port, to a more holiday-friendly destination.

これまで、ランスは、カレーという主要港から観光地へ向かう通り道としてしか知られていなかった。

Ravaged by both World Wars, its cemeteries are full of the names of young soldiers — and miners.

先の2度の大戦で荒廃し、墓地には若い兵士の名前が連なる。その中に、炭坑夫の名前もある。

When the minister of culture, Frederic Mitterrand, inaugurated the Louvre-Lens construction site, he marked the occasion with a minute silence for the 42 workers who lost their lives in a mining accident in 1974.

フレデリック・ミッテラン文化相はルーヴル=ランス美術館の起工式で、1974年に起きた炭鉱事故で亡くなった42名のために黙祷を捧げた。

Almost four decades later, black coal has been replaced with gleaming glass.

あれから40年が経ち、黒炭は輝くガラスに置き換えられた。

“There was a one in a million chance for the Louvre to come here. It’s an unimaginable dream,” said Percheron.

「ルーヴルがこの街に来るなんて、100万に一つの機会でした。想像もできないほどの夢です。」とペルシュロン市長が話す。

“The miners built France, they symbolize France. This museum is all about restoring justice to this region.”

「炭坑夫たちが今日のフランスを築いたのです。フランスのシンポルです。この美術館は、この地方の名誉を回復するためのもの以外何ものでもありません。」