Part of the article from The Guardian with translation.
The Guardianから記事の一部と、意訳です。

***

Royal Ballet: Romeo and Juliet – review
Royal Opera House, London

ロイヤル・バレエ団:ロミオとジュリエット。舞台評
ロンドン、ロイヤル・オペラ・ハウス

Friday 22 November 2013 13.41 GMT
ジュディス・マックレル 2013年11月22日(金)午後1時41分GMT

Image: guardian.com
Photograph: Bill Cooper

When it was announced in April that Natalia Osipova would be joining the Royal, there was a flurry of concern that the former Bolshoi ballerina might prove little more than a starry guest. All doubts, however, have been scotched by her debut performance as Juliet – as committed an engagement with the MacMillan ballet as that of any homegrown artist.

この4月に元ボリショイバレエ団ナタリア・オシポワがロイヤルバレエ団に移籍することが発表されると、スターゲスト程度にすぎないだろうとというのがもっぱらの評だった。だが、今回、デビューを飾ったジュリエットのパフォーマンスで、そのような疑念はすっかり晴れた。ロイヤルバレエ団専属のプリンシパルに勝るとも劣らずに、マクミラン振付けの作品に対する意気込みを感じさせる演技だった。

While Osipova’s first scene might strain towards babydoll cuteness, the character’s tragedy is subsequently inscribed in the very guts of her dancing. From the ball scene onwards, she makes us feel the extreme precariousness of Juliet’s youth, both in the dreamy, defenceless way she lifts her face to drink in the excitement and in the hungry fascination with which she reaches out to touch the beautiful stranger, Romeo.

初登場シーンでは、人形のようなかわいらしさを出そうとしていたが、シーンが進むにつれ、役柄の悲劇性がオシポワの踊りの芯に刻み込まれていった。舞踏会シーン以降は、ジュリエットの若さゆえの危うさを観客に感じさせた。気持を高ぶらせワインを飲もうと顔を上げる夢見るような手放しのしぐさや、見知らぬ素敵な若者ロミオに触れようと、手を差し出すときのこの上なくうっとりとした様子を、見事に演じていた。

Osipova’s dancing is fabulous, but the height of her jump and the powerful pliancy of her back never call undue attention to themselves. Her dancing is phrased entirely to serve the churning, delirious currents of Juliet’s emotions and the drama of Prokofiev‘s music.

オシポワの踊りは素晴らしいが、それにもまして跳躍の高さや背中の絶妙なしなやかさは、それだけで注目に値する。その踊りは、無我夢中のジュリエットの感情の高ぶりと、プロコフィエフ音楽のドラマ性を完璧に表現している。

Most exceptional is Osipova’s ability to fuse classical technique and realism, to be ballerina and human simultaneously. The flicker of an ordinary teenager’s walk passes through her dancing, the unconscious clench of a fist. And I’ve never been so convinced by Juliet’s death scene. Osipova has so fully imagined its excruciating pain and effort, that as she hauls herself on to the tomb you sense the scrapings of dirt under her fingernails.

オシポワの並外れた才能は、クラシックバレエのテクニックとリアリズムを融合させるところ、バレリーナであると同時に人間であるところだ。普通の十代の女の子の歩みが踊りの中でところどころ揺らめき、無意識に拳を握る。また、これほどまでにジュリエットの死の場面が真に迫るのを見たことがない。オシポワは、苦痛に責めさいなまれるところを十二分に心に描き、墓に自らを引きずるところは、オシポワの爪に引きずった土ぼこりが感じられるほどだ。

Visit The Guardian to read more.
つづきは、The Guardianで。

***

***

Romeo and Juliet Trailer – The Royal Ballet

Uploaded on 23 Dec 2011 by Royal Opera House

***