Part of the text from The New York Times with translation.
The New York Timesの記事の一部と、意訳です。

***

Inside Art

Renaissance Prayer Book Is Set for Auction

ルネサンスの祈禱書、オークションに

スクリーンショット(2013-11-10 23.49.45)

Image: Cristie’s
Renaissance Illuminated Manuscript

By Published: October 31, 2013

文)キャロル・フォーゲル
2013年10月31日

HIGH-PRICED PRAYER BOOK RETURNS TO AUCTION

高価な祈禱書、オークションに再登場

With all eyes on the multimillion-dollar paintings, drawings and sculptures being sold at the Impressionist, modern and contemporary art auctions that begin in New York next week, it may seem a tad arcane — even boring — to focus on an illuminated Renaissance prayer book. But this one has a story that goes back to 1505, to the imperial courts of the Netherlands.

来週ニューヨークで始まる印象派・モダン・現代アートのオークションでは、数百万ドルの絵画や素描画、彫刻が人々の目を釘付けにしている。そのような中、ルネサンスの彩飾祈禱書に目を向けるのは、やや不可解で、退屈でさえあるかもしれない。だが、この祈禱書には、1505年のネーデルランドの宮廷にまでさかのぼる物語が秘められている。

In 1999 the Austrian government returned a stash of Nazi-looted treasures, including the prayer book, to members of the Austrian branch of the Rothschild banking dynasty. The family then sold the pieces — old master paintings, 18th-century French furniture, rare carpets, scientific instruments and decorative objects — through Christie’s in London. The most fought-over work in the nearly $90 million auction was the prayer book, which contains 67 full-page miniatures. It was bought by an unidentified European collector for $13.3 million, close to three times its high estimate of $4.9 million. The price is still a record for an illuminated manuscript at auction.

オーストリア政府は、この祈禱書をはじめとする保管していたナチスが略奪した芸術品を、1999年にロスチャイルド銀行王国のオーストリア支部に返還した。その後、一家は、その芸術品、つまり、巨匠絵画、18世紀フランス家具、希少な織物、科学器具、装飾工芸品を、ロンドンのクリスティーズでオークションにかけた。その時、9千万ドルほどのオークションの中で最も熾烈な競売になったのは、この67ページの一面に細密画がほどこされている祈禱書だった。見事射止めたのは、ヨーロッパの匿名コレクターで、予想最高価格490万ドルの3倍ほどの1,330万ドルで落札した。この価格は、彩飾写本の競売でいまだに破られていない。

Five bidders competed for the Renaissance object. Among the losers was the J. Paul Getty Museum in Los Angeles.

当時、5件が競売に参加したが、その中に、ロサンジェルスの J.ポール・ゲッティ美術館がいた。

Now the Getty and others will have a second chance. Christie’s plans to sell the Rothschild Prayer Book, as it’s called, on Jan. 29 during the old master week in New York. This time, Christie’s estimates, it will bring $12 million to $18 million.

今回、同美術館など当時の競売者は、再度、チャンスをつかむことになった。クリスティーズは、この「ロスチャイルド祈禱書」と呼ばれる写本を、1月29日からニューヨークで開かれる巨匠週間に出品する予定だ。今回は、予想価格を1,200万ドルから1,800万ドルと見込んでいる。

“It’s a great Renaissance masterpiece that is 150 pages and has wonderful illustrations by Gerard David,” said Nicholas Hall, international co-chairman of old masters and 19th-century art at Christie’s. Beyond work by David, an early Netherlandish painter known for his brilliantly colored illuminations, the book also contains decorative borders and illuminations by the Flemish miniaturist Gerard Horenbout, who was as an artist in the court of Henry VIII of England.

「この写本はルネサンスの傑作で、150ページからなり、ヘラルト・ダヴィット作のすばらしい彩飾画がほどこされています。」と、クリスティーズの巨匠画と19世紀絵画の国際共同会長のニコラ・ホール氏が話す。ダヴィットは、見事な色彩装飾で有名なネーデルランドの画家だ。それだけでなく、フランドル細密画家ヘラルト・ホレンバウトの縁飾りと装飾も描かれている。ホレンバウトは、イギリスのヘンリー8世の宮廷画家だった。

Convinced that the Rothschild name will appeal to new buyers who may be devotees of wine from the family’s fabled vineyards, Christie’s experts are showing the manuscript in Moscow and Hong Kong. “It’s a first for us to take a Renaissance manuscript to Russia and Asia,” Mr. Hall said.

クリスティーズの専門家は、ロスチャイルドの名が、一家の伝説的なヴィンヤード産ワインの愛好家など、新たな客層にアピールするものと確信している。モスクワと香港でも事前下見会を開催する予定だ。「ルネサンスの写本をロシアとアジアでお披露目するのは初めてです。」と、ホール氏が語った。

*

Published on 9 Jan 2014 by Christie’s

*