iOL lifestyleから、記事と意訳です。

***

Why ballet dancers never get dizzy

バレエダンサーが目が回らないわけ

October 21 2013 at 12:12pm
By Sam Webb

2013年10月21日 12:12PM
文:サム・ウェブ

London – Ballet dancers are not just twinkle-toed, they also appear to have pirouette-proof brains. A study has identified important differences in their brains that prevent them feeling dizzy during those endless spins.

ロンドン:バレエダンサーは、つま先でくるくる回るだけでなく、ピルエットに強い脳をもっているようだ。ある調査の結果、回転してもめまいを感じることがないようにする重要な違いが、脳の中にあることが発見された。

It implies that years of training can enable dancers to suppress signals from the balance organs in the inner ear, which might otherwise make them fall over.

それは、長年、訓練することで、ダンサーは内耳の平衡器官から発する信号を、抑えることができるようになるというものだ。さもなければ,転倒してしまう。

The findings, published in the journal Cerebral Cortex, could help to improve treatment for patients with chronic dizziness, which affects one in four people at some point during their lives.

英国科学雑誌「Cerebral Cortex」の発表によると、この発見は、慢性の目まいに苦しむ患者の治療に、役立つことが期待できる。4人に1人が、一生のうちのどこかで慢性の目まいを発症する。

Normally, the feeling of dizziness stems from the vestibular organs in the inner ear. These fluid-filled chambers sense rotation of the head through tiny hairs that sense the fluid moving. After turning around rapidly, the fluid continues to move, which can make you feel like you’re still spinning.

通常、目まいの感覚は、内耳の前庭器官から発する。この小脳室には液体が詰っていて、微小な毛が液体の動きを感知して、頭部の回転運動を感じる。液体は素早く回った後も動き続けるので、いつまでも回転しているように感じることになる。

Ballet dancers can perform multiple pirouettes with little or no feeling of dizziness.

バレエダンサーは、全くと言っていいほど目まいを感じることなく、ピルエットを続けることができる。

The findings show this feat isn’t just down to spotting – a technique dancers use that involves rapidly moving the head to fix their gaze on the same spot.

ダンサーは、一点に視線を固定して、頭部を素早動かすという技を使いながら回転する。だが今回の発見では、ダンサーがその技を使っていることだけに着目しているわけではない。

Researchers at Imperial College London recruited 29 female ballet dancers to compare against 20 women rowers of similar age and fitness levels.

インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究者は、29人の女性バレエダンサーと、同年代で同程度の体力の20人の女性ボート選手を比較した。

The volunteers were spun around in a chair in a dark room. They were asked to turn a handle in time with how quickly they felt like they were still spinning after they had stopped.

全員に暗い部屋で椅子に座って回転してもらった。回転を止めたあと、どのくらい速く回転しているように感じるかを、ハンドルを回して示すように依頼した。

The researchers also measured eye reflexes triggered by input from the vestibular organs. Later, they examined the participants’ brain structure with MRI scans.

また、前庭器官から発する信号が引き金となる眼反射を計測した。その後、被験者の脳構造をMRIで測定した。

In dancers, the eye reflexes and their perception of spinning lasted a shorter time than in the rowers.

眼反射と回転を感じ続ける時間は、ダンサーの方がボート選手より短かった。

Dr Barry Seemungal from the department of medicine at Imperial College in London, said: “Ballet dancers seem to be able to train themselves not to get dizzy, so we wondered whether we could use the same principles to help our patients.”

インペリアル・カレッジ・ロンドン医学部のバリー・シームンガル博士は、「バレエダンサーは、目が回らないよう自らを訓練することができるようです。そこで、我々は、患者に同じ原則を適用することができるか考察しました。」

The brain scans revealed differences between the groups in two parts of the brain: an area in the cerebellum where sensory input from the vestibular organs is processed and in the cerebral cortex, which is responsible for the perception of dizziness. The area in the cerebellum was smaller in dancers.

脳の断層写真からわかるのは、脳の2カ所にあるグループ、前庭器官からの感覚入力をプロセスする小脳の領域と、目まいを感じる大脳皮質に、違いが認められたことだ。小脳領域はダンサーの方が小さかった。

Dr Seemungal thinks this is because dancers would be better off not using their vestibular systems, relying instead on highly co-ordinated pre-programmed movements.

シイムンガル博士は、ダンサーは前庭機関を使わない方がいいためだと考えた。その代わり、ダンサーは、よく調整され事前にプログラムされた動きに依存する。

He said: “It’s not useful for a ballet dancer to feel dizzy or off balance. Their brains adapt over years of training to suppress that input.“ – Daily Mail

「バレエダンサーが目まいを感じたりバランスを失っては、仕事になりません。ダンサーの脳は、長年の訓練でそのような知覚を抑えるよう適応しているのです。」と博士が語った。

Uploaded on 29 Jan 2011 by BaletAll

*