Part of the article from National Geographic.

ナショナルジオグラフィクの記事から一部と、試訳です。

***

Technology Sheds Light on 6 Great Art Mysteries

テクノロジー、美術の傑作6作品に光をあてる

Scientists are using advanced techniques to look at history’s masterpieces.
科学者が、最先端技術を使って歴史上の傑作を調査。

Harmony Huskinson for National Geographic
ナショナル・ジオグラフィック
寄稿文:ハーモニー・ハスキンソン

Published September 8, 2013
2013年9月8日公開

Beneath the familiar faces of hundreds of paintings lining the walls of the National Gallery of Art in Washington, D.C., a host of secrets sit, waiting to be discovered.

ワシントンDC国立絵画館の壁に並ぶ何百もの絵画。その見慣れた外観の下で、多くの秘密が発見されるのをじっと待っている。

Whether a Picasso or Da Vinci, every canvas holds brushstrokes that might conceal something else: a secondary painting, perhaps, or a mystery waiting to be untangled by John Delaney, the museum’s senior imaging scientist.

ピカソであろうとダビンチであろうと、どのカンバスの筆運びの下にも、何か別のものが隠れているかもしれない。おそらく二次的な絵、もくは、ミステリーが、同美術館シニア画像研究者ジョン・ドレイニーがひも解くのを待っている。

On a typical day, he patiently places a painting in front of a specialized camera and completes a scan, which will reveal not just what’s under the paint, but also what is happening at each layer of paint that lies under the surface.

いつものようなある日、ドレイニー博士は根気よく絵画を専用カメラの前に置きスキャンする。それが、絵の具の下にあるものだけでなく、表面下にある絵の具の各層に起きていることも明らかにすることになった。

Delaney is part of a community of scientists, curators, and art historians who have assembled a toolbox of high-precision x-rays, lasers, microscopes, and software to unveil some of art’s greatest mysteries. These technologies have helped unlock groundbreaking information about both art and artist alike.

ドレイニー博士は、 高精度X線、レーザー、顕微鏡、ソフトウェアのツールボックスを組み立てて、美術の大いなるミステリーを解き明かすために集まった科学者、学芸員、美術史研究者のグループの1人だ。このようなテクノロジーにより、芸術と芸術家の双方に関する画期的な情報を解き明かすことができるようになった。

Here are some of these technologies and the mysteries that they’ve helped uncover.

以下に、同グループが発見を可能にしたテクノロジーとミステリーのいくつかの例を紹介する。

#1 Picasso Under the Paint
#1絵の下のピカソ

One of Picasso’s most distinctive pieces from his Blue Period, “Le Gourmet,” depicts a child scraping his bowl for the last morsels of food. But underneath the azures and cobalts on the canvas, there’s a hidden portrait—of a veiled woman gazing serenely out into the distance. This hidden portrait, which Picasso worked on before his Blue Period, uses bolder dabs of  white paint and may contain other unknown pigments.

ピカソの青の時代の代表作「グルメ」は、子どもが食器の中の最後の一口をすくっているところが描かれている。だが、青や濃青の下には、隠されたポートレート、静かに遠くを見つめるベールを被った女性が描かれていた。この隠れた肖像画は、ピカソが青の時代の前に制作した。白い絵の具を大胆に塗り、他の未知の顔料を含んでいる可能性もある。

The ability to view early sketches and paintings hidden underneath the surface has been around for decades, thanks to infrared reflectography, which was used to uncover the veiled woman at the National Gallery in the mid-1990s.

表面下に隠れた初期の素描や絵を見る技能は、infrared reflectography(赤外反射画像)により数十年ほど前から採用されている。このテクノロジーで、国立絵画館のベールの女性が1990年代半ばに発見された。

But Delaney’s technology goes far beyond seeing a concealed drawing. His infrared imaging method takes pictures of Picasso’s mysterious woman at a range of infrared exposures. Delaney then turns these images into a flipbook of sorts, allowing viewers to see the little boy fading as the woman emerges from the canvas.

だが、ドラニー博士のテクノロジーは、隠れた素描を見るだけに留まらない。博士の赤外線画像方式により、ピカソの謎の女性を赤外線暴露の範囲で撮影する。次に博士は、それらの画像をフィリップブックのようなものに変換し、少年が徐々に消えていくと同時に女性がカンバスに現れる様子を見ることができるようにした。

The two images are a boon for Picasso enthusiasts, who are interested in how Picasso painted throughout various periods of his life.

2つの画像は、ピカソが生涯に様々な様式を通して絵を描いたことに関心のあるピカソファンにとって、非常に興味深いものだ。

“It points closer to [the artist’s] methods and techniques and how they evolve,” Delaney said.

「ピカソの様式と技量、そして、それらがどのように発展していったかをより詳細に調査することができます。」と、ドラニー博士が語った。

See a video of the Fading Girl.
次第に消えて行く女性のビデオはこちら。

#6 Finding a Lost Leonardo
#6失われたレオナルドを探す

Engineer Maurizio Seracini‘s quest to find Leonardo da Vinci’s lost masterpiece “The Battle of Anghiari” has spanned 36 years with all the mystique, triumph, and despair of a Dan Brown novel—but with way more science.

レオナルド・ダ・ヴィンチの失われた傑作「アンギアリの戦い」を求めて、エンジニアのマウリツィオ・セラチーニが歩んだ探求の旅では、ダン・ブラウンの小説風のミステリー・勝利・絶望の35年の歳月が流れた。ただし、小説よりは科学的だが。

Image: Wikipeida
Salone dei Cinquecento

Seracini is certain that Leonardo’s famous experimental mural is behind the “Battle of Marciano” in the Hall of 500 in the Palazzo Vecchio, Florence’s City Hall. (Related: “Finding the Lost da Vinci.”)

セラチーニ氏は、ダビンチの有名な試験的壁画が、フィレンツェの市庁舎パラッツォ・ヴェッキオの500人広間にある「マルシアーノの戦い」の後ろにあることは確信している。

Image: Wikipedia
The Battle of Scannagallo by Giorgio Vasari, in the Palazzo Vecchio of Florenc

But another painter, Giorgio Vasari, may have obscured Leonardo’s mural when he was assigned to paint the “Battle of Marciano” in the mid-16th century.

だが、別の画家ジョルジョ・ヴァザーリが、16世紀半ばに「マルシアーノの戦い」の絵の依頼を受けた時、ダビンチの壁画を覆い隠した可能性もある。

Vasari was a known admirer of Leonardo and in the past had hidden another famous work of art behind an altar.

ヴァザーリはダビンチを崇敬していたことで知られ、過去に祭壇画の後ろに有名な作品を隠したことがある。

When Seracini first started to poke around the Palazzo Vecchio in the mid-1970s, he climbed a scaffold in front of Vasari’s fresco and discovered the words “Cerca Trova”—”Seek and You Shall Find”—painted on a soldier’s small green flag.

1970年代半ばにセラチーニ氏がパラッツォ・ベッキオを初めて見て回ったとき、ヴァザーリのフレスコ画の前の足場にのぼり、兵士の小さい緑の旗に「Cerca Trova (尋ねよ、さらば見出さん)」という文字を発見した。

Image: lrb.co.uk
Detail from Vasari’s ‘Battle of Marciano’ with the words ‘Cerca Trova’

The phrase led Seracini to wonder: What is there to seek?

この文を見てセラチーニ氏は考えた:「そこに尋ねるべき何があるのか?」

Over the years, he’s applied many diagnostic tools to answer that very question.

長年、その問いの回答を求めて、多くの診断ツールを適用してきた。

Funded by the National Geographic Society, Seracini planned to search for “The Battle of Anghiari” by using two nuclear-based technologies—a bomb-detection device and a neutron back-scatterer—that had the potential to detect Leonardo’s trademark linseed oil paint without disturbing Vasari’s battle scene.

セラチーニ氏は、ナショナル・ジオグラフィック・ソサイエティから資金援助を受け、2つの核ベースのテクノロジー、爆弾探知機と中性子後方散乱を使用して、「アンギアリの戦い」を捜査する計画を立てた。これらのテクノロジーには、ダヴィンチのトレードマークであるアマニ油の絵の具を、ヴァザーリの戦いの絵を損なうことなく検知する能力があった。

Image: Wikipedia
Peter Paul Rubens’s copy of The Battle of Anghiari.

But there was one problem. Both methods use radiation, which left government officials uncomfortable with the idea. Instead, officials in Florence asked Seracini to look for “The Battle of Angiari” with another technique called endoscopy.

ただ、ひとつ問題があった。どの方法も放射線を使用するため、政府担当者がこの案を快く思わなかった。代わりに、フィレンツェ市担当者は、「アンギアーリの戦い」を捜査するのに、セラチーニ氏に内視鏡検査と呼ばれる別の技術を使うよう要請した。

Similar to the medical procedure, art endoscopy uses a tiny camera to explore inaccessible spaces. In this case, Seracini’s team drilled six small, centimeter-wide holes in already-fractured portions of the Vasari fresco. They then threaded a tiny probe with a tiny camera attached through the holes.

医療処置と同様に美術用内視鏡は、極小カメラで通常では届きにくい空間を調査することができる。今回、セラチーニ氏のチームは、ヴァザーリのフレスコ画の裂け目部分6カ所に、1センチほどの小さな穴をドリルであけた。次に、極小カメラを装着した小型探針を穴から通していった。

In November 2012 the endoscopy analysis ended with mixed results.

2012年11月、内視鏡分析は種々の結果をもたらした。

X-ray data from grit samples removed from behind the wall described black pigments similar to those in the glazes of other paintings like the “Mona Lisa.” But it didn’t find Leonardo’s actual mural.

壁裏から採取した砂粒標本のエックス線によるデータによると、黒い顔料は「モナリザ」など他の絵画の釉薬にある顔料に似ていた。だが、ダビンチの壁画は発見されなかった。

(Related: “Leonardo Facts.”)