Article from FRANCE 24
FRANCE 24の記事と意訳です。

***

French royal treasures returned to claimants
フランス王家の宝物、請求者に返却

A court ordered Friday that items left by a member of France’s defunct royal family to a public foundation in the 1970s must be handed back to his heirs, but properties including two châteaux and a chapel will be left under the foundation’s control.

裁判所は、金曜日、フランス王家の子孫が、1970年代に公益団体に残した品々を、その相続者に返還するよう命じた。ただし、2つのシャトーと礼拝堂などの資産は、公益団体の管理下に残ることになった。

By FRANCE 24 (text)
文)フランス24

A French court ordered Friday that a collection of items once owned by a member of France’s defunct royal family must be handed back to his heirs.

フランスの裁判所は、金曜日、フランスの旧王家がかつて所有していた品々を、その相続人に返還するよう命じた。

However, the heirs of Henri d’Orleans, who styled himself as the Count of Paris, failed in their bid to win control of his former estates, including two châteax and a chapel, donated by the Count to a public foundation in the 1970s.

ただし、自称パリ伯爵アンリ・ドルレアンの相続人は、かつて一族が所有していた2つのシャトーと礼拝堂の管理を勝ち取ることはできなかった。その資産は、1970年代に伯爵が基金に寄贈していた。

Image: Wikipeida
Château d’Amboise

Olivier Baratelli, the heirs’ lawyer, told the AFP news agency, that the items to be returned are valued in the order of “tens of millions of euros” and consisted mostly of artworks.
Henri d’Orleans, a descendant of King Louis-Philippe and the former head of the Orleanist royal line, left a vast amount of his estate to the Saint-Louis Foundation in 1976. He died in 1999.

Image: Wikipedia
Louis-Philippe d’Orléans

相続人の弁護士オリヴィエ・バラテリ氏がAFPニュースに語ったところによると、返却される品々は、「数千万ユーロ」相当の価値があり、主に美術品で占められている。アンリ・ドルレアンは、国王ルイ・フィリップの子孫で、オルレアン王家一族の家長だった。1976年に広大な私有地をサン=ルイ基金に譲り、1999年に亡くなった。

As well as significant paintings and antique furniture, the foundation’s properties, which are managed by the French Interior Ministry, include the Château d’Amboise (pictured) and the Château Bourbon-L’Archambault, as well as the Royal Chapel at Dreux, the traditional burial place of the French royal house of Orléans.

フランス内務省が管理する基金の資産には、貴重な絵画やアンティーク家具に加え、シャトー・アンボワーズ、シャトー・ブルボン=ラルシャンボ、そして、フランス王一族オルレアン家の伝統的な埋葬場所であるドゥローの王室礼拝堂がある。

Image: Wikipedia
Château Bourbon l’Archambault

The count also gave the foundation jewellery estimated to be worth 50 million euros.

故伯爵は、5千万ユーロ相当の宝飾品も基金に寄贈した。

But the late Count’s nine children and one grandchild had claimed that contrary to French law, under which children cannot be completely disinherited, too much of his estate had been given to the foundation at their expense.

ところが、故伯爵の9人の子どもと1人の孫は、フランスの法律に反して、自分たちを差し置いてあまりにも多くの資産を基金に寄付してしまっていると主張していた。フランスの法律では、子どもは完全に相続権を失うことはできない。

Image: Wikipedia
Chapelle royale de Dreux

At the opening of the civil trial in May 2013, the Saint-Louis Foundation agreed to make concessions to the claimants, including handing over part of the furniture, art and other valuables.

2013年5月の民事裁判の開廷時に、サン=ルイ基金は請求者に譲歩することに同意し、家具・美術品その他貴重品を渡すことにした。

But at least two of the children – Prince Jacques D’Orléans and his sister Princess Hélène d’Orléans – also sought to have the two châteax returned to family control, criticising the way the Saint-Louis Foundation runs them and arguing that they should become museums dedicated to the kings of France.

ところが、少なくとも子どものうち2人、ジャック・ドルレアン王子と妹のエレーヌ・ドルレアン妃は、2つのシャトーも一家の管理下に戻すべきと要求していた。サン=ルイ基金の運営方法を非難し、歴代フランス国王のための博物館にすべきだと主張していた。

“What we want is for these family heirlooms to be once more a genuine home to the rest of the property so that they can be put on display for the public,” said Baratelli before Friday’s verdict, who said some paintings, done by a young Louis XIV, were “languishing in the back of a drawer”.

「われわれが要求しているのは、もう一度、全ての遺産を、それが本来収まるべき先祖伝来の場所にもどし、一般公開できるようにすることです」と、バラテリ氏が金曜日の判決前に語っていた。氏によると、若き日のルイ14世の手になる複数の絵画は、「引き出しの奥に放置されたままになっている。」

Image: Wikipedia
Louis XIV par Juste d’Egmont (1654)

Contacted by FRANCE 24, the late count’s eldest son, Henri d’Orléans, Count of Paris, refused to comment on the outcome of the case.

フランス24は、故伯爵の長男、パリ伯爵アンリ・ドルレアン氏に面会を求めたが、判決に関するコメントは避けた。

*