Source: Wikipedia

Wikipediaから一部の記述と、試訳です。

***

Château de Vaux-le-Vicomte

vlv1

The Château de Vaux-le-Vicomte is a baroque French château located in Maincy, near Melun, 55 km southeast of Paris in the Seine-et-Marne département of France. It was built from 1658 to 1661 for Nicolas Fouquet, Marquis de Belle Île, Viscount of Melun and Vaux, the superintendent of finances of Louis XIV.

シャトー・ヴォー・ル・ヴィコントは、フランスバロック様式のシャトーで、セーヌ=エ=マルヌ県メンシー、ムラン近く、パリの南東55キロにある。ルイ14世の大蔵卿ドベル・イル侯爵でムラン&ヴォー子爵のニコラ・フーケが、1658年から1661年に建造した。

vlv10

The château was an influential work of architecture in mid-17th-century Europe. At Vaux-le-Vicomte, the architect Louis Le Vau, the landscape architect André le Nôtre, and the painter-decorator Charles Le Brun worked together on a large-scale project for the first time. Their collaboration marked the beginning of the “Louis XIV style” combining architecture, interior design and landscape design. The garden’s pronounced visual axis is an example of this style.

このシャトーは、17世紀半ばのヨーロッパにおける建築に少なからず影響を及ぼした。ヴォー・ル・ヴィコントは、建築家ルイ・ル・ヴォ、ランドスケープアーキテクトのアンドレ・ル・ノートル、画家・装飾家シャルル・ル・ブランがコラボした初の大規模プロジェクトで、建築、室内装飾、景観デザインを融合した初の「ルイ14世様式」となった。庭園の明確な視軸は、この様式の典型である。

vlv4

Anamorphosis abscondita in the garden
庭園のAnamorphosis abscondita

Le Nôtre employed an optical illusion called anamorphosis abscondita (which might be roughly translated as ‘hidden distortion’) in his garden design in order to establish decelerated perspective. The most apparent change in this manner is of the reflecting pools. They are narrower at the closest point to the viewer (standing at the rear of the château) than at their farthest point; this makes them appear closer to the viewer.

ル・ノートルは、anamorphosis abscondita(おおまかに訳すと「隠されたゆがみ」)と呼ばれる視覚的イルージョンを庭園デザインに採用し、減速的遠近法を構築した。この様式の最もはっきりした変化は、反射する池に見ることができる。(シャトー背面に立つと、)見る者に最も近い点の方が最も遠い点より狭く、池が実際より近くに見えるように工夫されている。

vlv2

From a certain designed viewing point, the distortion designed into the landscape elements produces a particular forced perspective and the eye perceives the elements to be closer than they actually are. This point for Vaux-le-Vicomte is at the top of the stairs at the rear of the château. Standing atop the grand staircase one begins to experience the garden with a magnificent perspectival view.

ある設計した視点から、景観要素に織り込んだゆがみが、特定の強化遠近法を作り出し、目は実際よりも近くにその要素を認識する。ヴォー・ル・ヴィコントにおけるこの地点は、シャトー背面の階段最上段にあたる。大階段の上に立つと、壮大な透視画法的景観を味わいつつ、庭園の体験が始まる

vlv3

The anamorphosis abscondita creates visual effects which are not encountered in nature, making the spectacle of gardens designed in this way extremely unusual to the viewer (who experiences a tension between the natural perspective cues in his peripheral vision and the forced perspective of the formal garden). The perspective effects are not readily apparent in photographs, either, making viewing the gardens in person the only way of truly experiencing them.

anamorphosis absconditaは、自然界では出会うことのない視覚的効果を作り出し、見る者にとって極端にめずらしい方法で設計された庭園のスペクタクルを作り出す。(周辺視野に入る自然遠近法と、幾何学的庭園の強化遠近法の間で、緊張感を体験する。)この遠近法的効果は写真ではそれほどはっきりわからない。実際に現地で庭園を一望することで、それを体験することができる。

vlv6

From the top of the grand staircase, this gives the impression that the entire garden is revealed in one single glance. Initially, the view consists of symmetrical rows of shrubbery, avenues, fountains, statues, flowers and other pieces developed to imitate nature – these elements exemplify the Baroque desire to mold nature to fit its wishes, thus using nature to imitate nature.

大階段の上から見ると、庭園全体が一望できる印象を持つ。最初、景観の中には、自然界を模倣するように工夫された低木、道、泉、彫像、花などが、左右対称に並んでいる。このような要素は、バロック様式がその望むところに合わせるように自然を形作ろうとしていることの典型で、このようにして、自然を用いて自然を模倣する。

vlv5

The centerpiece is a large reflecting pool flanked by grottos holding statues in their many niches. The grand sloping lawn is not visible until one begins to explore the garden, when the viewer is made aware of the optical elements involved and discovers that the garden is much larger than it looks.

ハイライトは反射する大きな池で、いくつもの壁がんに彫像が置かれたグロットが側面に並んでいる。壮大な芝生の斜面は、庭園を歩き始めると見えてくる。そこで、配置された視覚的要素に気がつき、庭園が見た目より広大であることを発見する。

Next, a circular pool, previously seen as ovular due to foreshortening, is passed and a canal that bisects the site is revealed, as well as a lower level path. As the viewer continues on, the second pool shows itself to be square and the grottos and their niched statues become clearer.

次は、短縮法のため楕円形に見えていた円形の池を通り過ぎ、敷地を二分する運河が現れ、低い位置にある小道が見える。その先を行くと、第二の池は正方形であることに気がつき、グロットと壁がんの彫像がハッキリ見えてくる。

vlv9

But, when one walks towards the grottos, the relationship between the pool and the grottos appears awry. The grottos are actually on a much lower level than the rest of the garden and separated by a wide canal that is over half a mile (almost 1 km) long. According to Allen Weiss, in Mirrors of Infinity, this optical effect is a result of the use of the tenth theorem of Euclid’s Optics which asserts that “the most distant parts of planes situated below the eye appear to be the most elevated.”

ところが、グロットに近づくと、池とグロットの関係が不自然に見えてくる。実は、グロットは庭園の最も低い位置にあり、(1キロの)長さの広い運河で隔たっている。アラン・ワイズはその著書Mirrors of Infinityの中で、この視覚的効果は、ユークリッド著「視覚論」の公理第十、つまり、「眼下に位置する平面の最も遠い部分は,最も高く見える」を用いている。

In Fouquet’s time, interested parties could cross the canal in a boat, but walking around the canal provides a view of the woods that mark what is no longer the garden and shows the distortion of the grottos previously seen as sculptural. Once the canal and grottos have been passed, the large sloping lawn is reached and the garden is viewed from the initial viewpoint’s vanishing point, thus completing the circuit as intended by Le Nôtre.

フーケの時代、関係者は運河をボートで渡ることもできたが、運河の周囲を歩くと森が見え、それはもはや庭園ではなくなり、彫刻的に見えていたグロットの変形が見えてくる。運河とグロットを過ぎると、広大な芝生の斜面が現れ、庭園は最初の視点の消失点から見ることになり、こうして、ル・ノートルが意図した周遊を終える。

vlv8

From this point, the distortions create the illusion that the gardens are much longer than they actually are. The many discoveries made as one travels through the dynamic garden contrast the static view of the garden from the château.

この地点から、変形により、庭園が実際より長く見えるようなイルージョンを作り出している。シャトーに立って眺めるのとは対照的に、庭園を散策することで多くの発見を体験することができる。

Published on 30 Apr 2013 by VauxleVicomteTV

*

Published on 17 Jul 2015 Château de Vaux le Vicomte

写真