Article from FLAVORWIRE with translation.

FLAVORWIREの記事と、訳です。

***

What Did Marie Antoinette Have in Her Garden?

マリー・アントワネットは、庭園に何を植えていたのか

By Jason Diamond on Aug 29, 2013 9:30am

文)ジェイソン・ダイアモンド
2013年8月29日午前9時30分

Image: flavorwire.com/

Things people think about when they hear the former Queen of France’s name include eating cake, Sofia Coppola films, and guillotines. One thing that doesn’t automatically come to mind, for some reason or another, is Marie Antoinette’s appreciation for exquisite gardens. A shame, because after taking over the residence of Madame de Pompadour (yes, the inspiration for the famous haircut) in 1774, the famous Petit Trianon, she transformed the grounds into an enchanted landscape with few comparisons.

元フランス王妃の名前を聞いて思い浮かべるのは、お菓子を食ればと言ったという言い伝え、ソフィア・コッポラの映画、そして、ギロチンでしょう。マリー・アントワネットが見事な庭園を堪能していたことは、どういうわけかあまり連想しません。もったいない。というのは、1774年にボンパドール夫人(そう、あの有名なヘアースタイルの元となったポンパドール夫人)から、名高いプティ・トリアノンという離宮を引き継いで、アントワネットはその一帯を他に類をみないほど魅力的な景観に創り変えたのです。

Image: flavorwire.com/
Iris from the French Garden

Sadly, you don’t get the actual experience of seeing and smelling the Madonna Lilies or picking strawberries in the Queen’s Hamlet by flipping through Marie-Antoinette’s Garden (Flammarion/Rizzoli), but through the impressively researched book by Elisabeth de Feydeau, we get an idea of how the grounds were laid out, and some of the plants and flowers the Queen saw on a daily basis, thanks in part to illustrations of the herbarium by botanist and painter for Marie Antoinette’s cabinet, Pierre-Joseph Redouté.

残念ながら,著書Marie-Antoinette’s Garden(Flammarion/Rizzoli)のページをめくるだけでは、王妃の村里に咲いていたニワシロユリを実際に見たり香りを楽しんだり、イチゴを摘んだりすることはできません。それでも、著者エリザベト・ド・フェドゥの見事な調査研究に加え、マリー・アントワネットお抱えの庭師であり画家のピエール=ジョセフ・ルドゥーテが制作した植物標本集のイラストにより、庭園の配置や王妃が日々目にしていた植物や花々を伺い知ることができます。

Image: flavorwire.com
Apricot from the Queen’s Garden

*

Image: flavorwire.com
Tuberose from the French Garden

*

Published on 12 Jun 2012 by chateauversailles

*