Mariinsky Theatre celebrates Yekaterina Kondaurova for her significant number of appearance on stage in the 2012/13 season.  Article from Mariinsky Theatre FB, with translation.

エカテリーナ・コンダウローワが、2012/13年シーズンで大活躍していることを伝えています。マリインスキー劇場のFBの記事と、訳です。

***

In the 2012/13 season, the Mariinsky Ballet prima ballerina Yekaterina Kondaurova appeared in all three parts of George Balanchine’s Jewels, dancing principal roles in Emeralds, Rubies and Diamonds, all in one evening, at the 13th International Ballet Festival Mariinsky. Three days later she appeared in the role of second soloist in Rubies, which she used to dance before. The case, when a ballerina appears in all three parts of Jewels, particularly during one evening, is absolutely unique.

2012/13年シーズンで、マリインスキーバレエ団のプリマバレリーナ、エカテリーナ・コンダウローワは、ジョージ・バランシン作ジュエルズの3部全てに出演しました。第13回マリインスキー国際バレエフェスティバルで、一晩の演目で、エメラルド、ルビー、ダイヤモンドの主役を踊りました。3日後には、前に出演したことがあるルビーの第二ソロの役も踊りました。1人のバレリーナが、ジュウェルズの3役全てを、しかも一晩で踊るのは、かなりめずらしいことです。

In the 2012/13 season, Yekaterina Kondaurova’s workload and ability to work have exceeded all thinkable limits — she was involved in numerous performances in St Petersburg and almost all performances of the Mariinsky Ballet on tour. She debuted in the title role in Raymonda, a number of times appeared as Nikia in La Bayadère, Odette-Odile in Swan Lake (in particular, she replaced other soloists on tour in Taiwan at a very short notice as well as danced this role during the first ever live 3D broadcast of this ballet).

今シーズン、コンダウローワの仕事量や能力は、考え得る限界を超えたものでした。サンクトペテルスブルグとマリインスキバレエ団のツアーでの公演で、数々の舞台をこなしました。ライモンダの主役の初演を飾り、ラ・バヤデールのニキータを数多く踊り、白鳥の湖のオデット・オディールに至っては、(特に、台湾公演では、直前の指示で他のダンサーの代わりに出演し、また、初のライブ3Dブロードキャストでの主演も務めました。)

Yekaterina Kondaurova danced roles of Titania and Hippolyta in A Midsummer Night’s Dream, Phrygia and Aegina in Spartacus, Zarema in The Fountain of Bakhchisarai, Myrtha in Giselle, Medora in Le Corsaire, the Siren in Prodigal Son, Carmen in Carmen Suite, Death in Le Jeune Homme et la Mort. She also appeared in solo roles in Angelin Preljocaj’s Le Parc and William Forsythe’s In the Middle, Somewhat Elevated. Yekaterina Kondaurova performed Fokine’s The Dying Swan in the Grand gala dedicated to the opening of the new Mariinsky Theatre (Mariinsky II) and appeared in the premiere performances of Sasha Waltz’s Le Sacre and Alexei Ratmansky’s Concerto DSCH, in addition to dancing in his other ballets Anna Karenina, Cinderella and The Little Humpbacked Horse.

「真夏の世の夢」のティナーニアとヒポリタ、「スパルタクス」のフリーギアとエギナ、「バフチサライの」のザレマ、「ジゼル」のミルタ、「海賊」のメドゥーラ、「放蕩息子」のサイレーン、「カルメン組曲」のカルメン、「若者と死」の死を踊りました。また、アンジュラン・プレジョカフ作「ル・バルク」、ウィリアム・フォーサイスの「イン・ザ・ミドル・サムホワット・エレヴェイテッド」のソロも踊りました。新マリインスキー劇場(マリインスキーII)のこけら落としを飾るガラ公演では、フォーキンの「瀕死の白鳥」を踊り、サッシャ・ワルツ振付け「春の祭典」やアレクセイ・ラトマンスキー振付け「Concerto DSCH」の初演にも出演し、ラトマンスキーの他の作品「アンナ・カレーニナ」「シンデレラ」「イワンと仔馬」も踊りました。

スクリーンショット(2013-08-25 17.58.23)Screenshot
「瀕死の白鳥」