This is about a France noble family living in modern day.  Text from The Irish Times with Japanese translation.

現代のフランス貴族の記事です。The Irish Timesからの記事と、訳です。

***

French nobles give Bastille Day right royal ‘non’

フランス貴族、バスティーユ記念日を正統に「ノン」と否定

France’s 6,000 aristocrats struggle to slow the erosion of their traditions
6000人のフランス貴族、独自の伝統の風化を抑えるため奮闘

Sat, Jul 13, 2013, 01:00
2013年7月13日(土)午前1時

Image: chateauversailles.fr
Louis XVI

Because he was grand master of the royal wardrobe, the presence of François Alexandre Frédéric de La Rochefoucauld was required when Louis XVI dressed in the Palace at Versailles. One morning 224 years ago – some accounts place it before the storming of the Bastille, others immediately after – the king asked de La Rochefoucauld if it was true there was a revolt in Paris.

フランソワ・アレクサンドル・フレデリック・ド・ラ・ロシュフコーは、王室衣装担当の長官であったため、ヴェルサイユ宮殿でルイ16世の着替えに立ち会う必要があった。224年前のある朝、それはバスティーユ攻撃の前とも直後とも言われているが、国王はド・ラ・ロシュフコーに、パリで暴動があったというのは本当かと尋ねた。

“No, majesty. It is not a revolt; it’s a revolution,” de La Rochefoucauld replied. He was the first to define the founding event of modern French history.

Image: BBC

「いいえ、陛下。暴動ではございません。革命でございます。」と、ド・ラ・ロシュフコーは答えた。それが、フランス近代史の始まりとなる出来事を最初に定義することになった。

No notice
無関心

De La Rochefoucauld’s grandson, nine generations removed, Pierre-Louis de La Rochefoucauld, duc d’Estissac, lives a block away from the Champs-Élysées, where the French republic will celebrate its revolution tomorrow. This year, as every year, the duke, aged 65, will pay it no notice. “We had to run away, hide or get killed,” he says. “It’s not a date I want to remember.” The family has proof of its lineage for the last 1,000 years, back to Foucaud the 1st in 1019. In the 17th century, François VI, duc de La Rochefoucauld, became a famous writer of maxims and memoirs, whose pithy observations on human folly are still quoted today.

Image: Wikipedia
Généalogie de la maison de La Rochefoucauld, chapelle du château de La Rochefoucauld.

ド・ラ・ロシュフコーから9代目の末裔、デスティサック公爵ピエール=ルイ・ド・ラ・ロシュフコーさんは、シャンゼリゼ通りから一筋入ったところに住んでいる。そのシャンゼリゼ通りでは、明日、フランス共和国が革命を祝うことになっている。例年のごとく、今年も、65才の公爵はその祝賀を気に留めない。「私たちは逃亡し,隠れるか殺されなければならなかったのです。覚えておきたい日ではありません。」と語る。一族には過去1000年間の家系図があり、それは、1019年の第一代フコーにまで遡る。17世紀には、ド・ラ・ロシュフコー公爵フランソワ6世がその著書「考察あるいは教訓的格言・箴言」で名をなし、その辛辣な人間観察は今でも引用されている。

Image: Wikipedia
François VI de La Rochefoucauld

Some 15 de La Rochefoucaulds were guillotined in the revolution. The present-day scion has a special fondness for Pierre-Louis de La Rochefoucauld, Bishop of Saintes. “Because I bear his name, I feel close to him.” The duke never passes the intersection of the rue d’Assas and Vaugirard without thinking of his namesake, who was detained in a Carmelite chapel there with 150 other clergy on September 2nd, 1792.

スクリーンショット(2013-07-14 13.44.36)

The intersection of the rue d’Assas and Vaugirard
Near Musee du Luxembourg

ド・ラ・ロシュフコー一族から15人ほどが、革命のギロチンにかけられた。現代の公爵は、フランス西部サントのピエール=ルイ・ド・ラ・ロシュフコー司教に、特別な愛着を持つ。「名前が同じなので,親しみを感じます」と話す。公爵は、パリのアッサス通りとヴォジラール通りの交差点を通るときは、いつもこの名前を思い出す。1792年9月2日に、司教は150人の司祭と共にカルメル会礼拝堂に拘束された。

“They were ordered to recognise the new status of the church under the revolution,” the duke recounts. “All of them said No. One by one, they were shoved into the garden where dozens of ‘patriots’ fell upon them, killing them with hammers and knives.”

「革命下で新しい教会秩序を認めるようにとの命令が下り、全員が拒否しました。1人ずつ「愛国者」が大勢いる庭に連れ出され、金槌やナイフで殺害されました。」と、公爵が語る。

Pierre-Louis de La Rochefoucauld was declared a blessed martyr in 1920. He would have been canonised, the duke believes, had the church not been intimidated by the government. “In France, the legal government considers that the revolution was a marvellous thing,” he says bitterly.

ピエール=ルイ・ド・ラ・ロシュフコー司教は、1920年に殉教者と認定された。政府が教会に強要しなければ、聖人に認められたはずだと公爵は考える。「フランスでは、法律上の政府は、革命をすばらしいものと見ているのです。」と、公爵は苦々しく語る。

There are fewer and fewer practising Catholics in France, the duke admits. “If you go into a church, you see people like me. Chivalry was the basis of the old nobility, and the Catholic faith is the basis of chivalry. Throughout Europe there are families like ours. I especially admire the Habsburgs. They’re the most fervent, almost mystics.”

フランスではカトリック人口が徐々に減少していると、公爵が話す。「教会に入ると、私のような人がいます。騎士道は昔の貴族の基本であり、カトリック信仰は騎士道の基本です。私たちのような一族が、ヨーロッパ中にいます。私は、特にハプスブルグ家に敬服しています。最も熱心であり、神秘的でさえあります。」

The duke is “not at ease” in street demonstrations, but he nonetheless marched twice last winter, against the law that legalised same-sex marriage. The demonstrators were “happy and sympathiques, but I was horrified by the behaviour of the police”.

公爵は街頭デモには「いい気持がしない」が、それでもこの冬に2回参加した。同性婚の合法化に反対するデモだった。参加者は「陽気で親しみやすかったのですが、警察の行動には恐れを感じました。」と話す。

The socialist education minister Vincent Peillon holds a doctorate in philosophy, and published a book, The French revolution is not over, in 2008. Peillon is a bugbear of religious conservatives, who accuse him of wanting to abolish gender differences and impose his “atheist ideology”.

社会党のヴァンサン・ペイヨン国民教育大臣は哲学の博士号の保持者で、2008年に「The French revolution is not over[フランス革命は終わっていない]」という著書を出版した。宗教保守派にとってペイヨン大臣は頭痛の種だ。男女の役割分担を廃止し、自分の「無神論的価値観」を強要しようとしているとして、宗教保守派は非難している。

The duke sees the present government as modern-day Jacobins. “Peillon says ‘we’ when he talks about the revolution. He believes that as long as the Catholic Church exists ‘we’ will not have won entirely,” he explains.

公爵は現政権を、現代のジャコバン党と見ている。「ペイヨン大臣は、革命を語る時「われわれ」と言います。カトリック教会が存在する限り、「われわれ」は完全な勝利を手にしないと考えているのです。」と話す。

Image: Wikipedia
Le château de La Rochefoucauld

The duke “worked in property”. His wife, the duchess Sabine, does public relations for the Louvre. Their name has been an advantage in those professions. Many French people, for example around the family château at Combreux, respect their role in history, he says. Others are hateful, like the jealous colleague who once told his wife, “I thought they guillotined you all in the revolution.”

公爵は「敷地内で仕事していた」。妻のサビーヌ公爵夫人は、ルーヴル美術館で広報の仕事をしている。二人の名前はこのような職業にとって利点がある。多くのフランス人は、例えばパリの南、オルレアン近くのコンブルーにある一族のシャトー近辺の人々は、歴史上の一族の役割を尊重していると公爵が話す。だが、嫌悪感を露にする人達もいる。公爵夫人は、嫉妬深い同僚から「貴族は全員、革命でギロチンにかれられたと思っていた」と言われたこともある。

France’s surviving 6,000 aristocrats struggle to slow the erosion of their property and traditions. The duke goes stag-hunting often, in the forest of Orléans. Nearly every year, he says, he and fellow hunters have to stave off some draft law seeking to ban it.

フランスに残る6000人の貴族は、資産や伝統が徐々に失われていく中、そのペースを落とそうと苦心している。公爵は、オルレアンの森に度々鹿狩りに出かける。公爵や狩り愛好家は、ほぼ毎年、狩猟禁止を目指す法案を回避しなければならない。

‘Closed circle’
「閉ざされたサークル」

The duke’s father was president of the 1,200-strong, all-male Jockey Club, which Marcel Proust described as the most closed circle in the world. Liveried servants still address members by their titles. “We have a principle; one doesn’t come to the Jockey to do business,” the duke says.

公爵の父親は、マルセル・プルーストが世界で最も閉ざされたサークルと評する会員1200人の紳士クラブJockey Clubの会長だった。お揃いの服を着た執事が、今でも会員を尊称で呼ぶ。「ここでは一つの原則があります。それは、Jockeyにはビジネスを持ち込まないという原則です。」と公爵が話す。

Unlike the British aristocracy, French nobles have largely shunned commerce – and marriage outside their milieu. “The Anglo-Saxon expression, ‘to make money’ – I find it horrible, horrible. And I am not alone.”

英国貴族とは異なり、フランス貴族は概ね商売を遠ざけてきた。そして、自分たちの外の社会との結婚を回避してきた。「アングロ・サクソンの表現『to make money』には、違和感を覚えます。これは私1人ではありません。」

He particularly objects to fortunes amassed in finance, because it produces nothing real – probably the only sentiment he shares with president François Hollande.

公爵は、特に金融ビジネスで蓄積する富に異議を唱える。それは、実際には何も産み出さないからだ。恐らく、これだけはフランソワ・オランド大統領と共感できる唯一の感性だろう。

*

Image: BBC

*