The exhibition “Fleurs du Roi” is held this summer.
Text from Château de Versailles.

この夏の特別展「Fleurs du Roi」の案内です。Château de Versaillesから、文と意訳です。

***

The King’s Flowers
フルール・デュ・ロワ(国王の花々)

Image: chateauversailles.fr
The Grand Trianon and its gardens © EPV / Jean-Marc Manaï

The watercolours on vellum of the Muséum National d’Histoire Naturelle

国立自然史博物館が所蔵するベラム紙に描かれた水彩画

The exhibition presents some of the precious watercolours on vellum from the Muséum National d’Histoire Naturelle. Begun by the painter Nicolas Robert for Gaston d’Orléans, who bequeathed it to his nephew Louis XIV, this collection was progressively enriched by the King’s miniature painters (Jean Joubert, Claude Aubriet, Madeleine Basseporte).
Until the reign of Louis XVI, these painters visited the royal gardens to paint the most remarkable flowers in them. Entrusted to the Muséum National d’Histoire Naturelle by the Revolutionaries, this fragile and delicate collection was added to throughout the 19th century and returns to Versailles for the exhibition.

Image: chateauversailles.fr

特別展では、国立自然史博物館所蔵の貴重なベラム紙に描かれた水彩画が展示されます。ガストン・ドルレアン公が画家のニコラ・ロベールに描かせたのが始まりで、後にドルレアン公は、このコレクションを甥のルイ14世に遺贈しました。そして、ルイ14世はお抱えの細密画家(ジャン・ジュベール、クロード・オブリエ、マドレーヌ・バスポルト)に描かせて、徐々にその数を増やしていきました。

ルイ16世の治世まで、画家たちが国王の庭園を訪れ、最も美しく咲き誇る花々を描いていきました。フランス革命期には国立自然史博物館に預けられ、この繊細なコレクションは19世紀にますます充実しました。今回、特別展のためにヴェルサイユ宮殿にお里帰りします。

The paintings
絵画

Included in the exhibition, the works of Jean Cotelle which are on permanent display in the Grand Trianon give us a glimpse of what the gardens and groves of Versailles looked like when laid out under the reign of Louis XIV. Still lifes and portraits of ladies carrying bouquets from the collections of Versailles are also presented.

大トリアノンの常設展に展示されているジャン・コテルの作品は、ルイ14世の時代のヴェルサイユの庭園や果樹園の佇まいを垣間みせてくれます。ヴェルサイユ宮殿所蔵の静物画や花束を持つ婦人の肖像画も展示されます。

The Porcelain Trianon
ポーセリン・トリアノン

The Porcelain Trianon, the ephemeral first palace of Trianon which existed from 1670 to 1687, is evoked thanks to fragments of porcelain found in the Versailles estate.

ヴェルサイユ宮殿の敷地で発見されたポーセリンの破片も展示され、1670年から1687年と短命だった前代のトリアノンであるポーセリン・トリアノンを想い描くことができます。

Scented gardens
香りの庭園

Image: chateauversailles.fr
Dusty miller (silene coronaria)
Paris, Muséum national d’histoire naturelle
© All rights reserved

Previously called “Flora’s Palace”, the Grand Trianon has always been dedicated to flowers. To coincide with the exhibition, the gardeners have replanted the parterres of Trianon based on period documents to recreate the floral atmosphere of the 17th century.

大トリアノンは、以前「花の宮殿」とも呼ばれ、常に花々に囲まれています。特別展に合わせて、ガーデナーたちが古い文献に基づいてトリアノンのパルテール(幾何学模様の花壇)を甦らせ、17世紀の花咲く庭園の情景を再び作り出します。

Image: chateauversailles.fr
White lilies
Paris, Muséum national d’Histoire naturelle
© All rights reserved

The heady scents of white lilies, stock and tuberoses of Provence sweeten the air in the gardens of the Grand Trianon, as in the time of the Sun King. Like in those days, they are planted in pots so that they can be changed regularly.

白百合やプロバンスのチュベローズの魅力的な甘い香りが、太陽王の時代のように大トリアノン庭園に満ちあふれます。当時と同じく植木鉢に植えられるので、定期的に交換されます。