This is about the DNA test on Louis Chareles.  Text from io9, with Japanese translation.

ルイ・シャルルのDNA鑑定に関する記事です。io9から文章と、訳です。

***

The science that discredited the “sons” of Marie Antoinette

マリー・アントワネットの「王子たち」の信憑性を覆したサイエンス

Esther Inglis-Arkell 5/16/13 8:00am

Image: io9.com

For most modern people, the story of Marie Antoinette ends with her death. For some, though, it didn’t end until 1998, when one of the most credible pretenders to the throne of France was, posthumously, discredited. See how genetics solved a 200-year-old mystery.

現代の私たちにとって,マリー・アントワネットの物語は、その死によって終わってしまう。ところが、一部の間では、物語は1998年まで終わらなかった。この年、フランス国王の後継者と信じられていた人物が、死後ではあるが、その主張を覆された。それでは、200年間のミステリーをどのように解決したのか、見てみよう。

Marie Antoinette’s story has become a sort of legend. Whether it’s imagined as the martyrdom of a powerless pawn or the comeuppance of a callous plutocrat, it has both the perfect stage and the perfect timeline. In the narrative, the curtain closes with the fall of the guillotine. Real life wasn’t as precise; both Louis XVI and Marie Antoinette were widely seen as martyrs by their contemporaries, but more significantly, they were seen as royals. That meant that whoever inherited the throne could get both their tragic glamour and, eventually, the wealth of the restored crown.

マリー・アントッワネットの物語は、伝説のようになっていった。無力な操り人形の殉教と見るか、または、血も涙もない大金持ちに対する当然の報いと見るか、どちらにしても、完璧な舞台設定と完璧な時の流れが整っている。物語としては、ギロチンの露と消えて幕が閉じるが、現実には、そのようにきれいに収まらない。ルイ16世もマリー・アントワネットも、広く同時代人からは殉教者と見られていたが、一方では、二人が王族であったことに着目した人たちがいた。つまり、王位継承者は誰であれ、この二人の悲劇の主人公という魅力と財産を、結果的に王制が回復したら手にすることになるということだ。

The couple had two living children at the time of their deaths, Marie Therese and Louis Charles. The law forbid a woman from ever inheriting the throne of France, and so all the hopes of the royalists fell on Louis Charles. The hopes were dashed when Louis Charles died at the age of 10, only two years after his parents’ deaths and while still in the custody of the radical republicans of France.

夫婦にはその死の時点で二人の子どもがいた。マリー・テレーズとルイ・シャルルだ。法律により、女性はフランス王家を継承することができなかったため、王党派の望みはすべてルイ・シャルルに注がれた。だが、その望みは、ルイ・シャルルが10才で亡くなった時に打ち砕かれた。それは、両親の死のわずか2年後、フランスの過激な共和主義者に未だ捕われの身のときだった。

Rumors swirled about his fate. Most believed that his jailers had killed him (historians generally think it was tuberculosis), but more intriguing gossip hinted that he’d escaped. Long after the Terror was over, a number of different Louis Charleses popped up around Europe. One new worlder even claimed the throne, saying he had been taken in by “tribes in America.” The most credible candidate was a German clock-maker named Karl Wilhelm Naundorff. Naundorff, despite speaking limited French, convinced much of the old French court, and gained a spectacular coup when he won the recognition of Louis Charles’ nanny. “Louis XVII” is even written on his gravestone, albeit under his instructions.

ルイ・シャルルの運命について、噂が飛び交った。多くは、牢獄の看守が殺害したと信じた(研究者は概ね結核が原因だとしている)。ところが、より謎めいた噂話が広がり、王子は逃亡したかのように語られた。恐怖政治が終わってからしばらくして、何人ものルイ・シャルルがヨーロッパ各地から現れた。その中でも新世界から来た人物は、大胆にも王位継承者であると主張し、「アメリカの部族」に引き取られたとまで語った。最も信憑性があったのは、ドイツの時計技師で、名前をカール・ウィルヘルム・ナンドルフといった。ナンドルフは、ほとんどフランス語が話せなかったにもかかわらず、元フランス宮廷人たちの多くを信用させ、ルイ・シャルルの乳母を見方に引き入れて見事な戦略を打ち立てた。本人の意向ではあるが、その墓石にはルイ・シャルルという文字が刻まれている。

Although Naundorff’s claims were never accepted officially, there was no way to absolutely disprove his story until genetic testing came into the picture. Marie Therese, the only child of Louis XVI and Marie Antoinette to survive the Terror, never had children, and so there were no direct descendants from whom to get samples. There are genetic benefits, though, to being part of a big family. Marie Antoinette was the daughter of the Austrian empress Maria Theresa, who had sixteen children. Many of them married royals and had children of their own. There are surviving descendants from the maternal line. And not all genetic material has to come from living people. Marie Antoinette herself had a habit of exchanging locks of hair with her family. Because she became so famous at the time of her death, hair samples from both Marie Antoinette and two of her sisters survive.

ナンドルフの主張は正式には認められたかったが、遺伝子鑑定が登場するまで、完全に否定するすべがなかった。ルイ16世とマリー・アントワネットの王女で、恐怖政治を唯一生きのびたマリー・テレーズには子どもがなかったため、サンプルを採取できる直系の子孫はいなかった。だが、大家族の一員であると、遺伝的な恩恵がある。マリー・アントワネットの母親は、オーストリア女帝マリア・テレジアで、16人の子どもがいた。多くは王室と結婚し子を設けた。現在、母系の子孫が存在している。ところで、遺伝物質は、生存者から採取しなければならないとは限らない。マリー・アントワネットには、家族と髪の束を交換する習慣があった。その死の時には名前が広く知れ渡っていたため、マリー・アントワネットと二人の姉妹の髪の毛が、今日まで残ることとなった。

Samples of bone marrow were taken from the grave of Naundorff — don’t pretend to be royalty if you don’t want your body exhumed — and scientists did a mitochondrial DNA analysis. The mitochondria is the cell’s energy converter; without it, there would be no point in consuming glucose, because it would never been turned into something that the cell can use. We picture all human DNA being packed into the cell’s nucleus, but mitochondria, out floating in cytoplasm, have their own set of genes dubbed mitochondrial DNA, or mtDNA. Although both sperm and egg have mitochondria, and mitochondrial DNA, the mtDNA in sperm simply disintegrates upon fertilization of the ovum. The ovum’s mtDNA is replicated, and stays with a person for life. Mitochondrial DNA is then passed down through the female line. Although a boy will have his mother’s DNA, he will not pass it on.

ナンドルフの墓から骨髄のサンプルが採取され、(遺体を掘り起こされたくなかったら、王族関係者のふりはしないように)、そして、科学者はミトコンドリアDNAを分析した。ミトコンドリアは細胞のエネルギーを変換する。それがなければ、ブドウ糖を消費する意味がなくなる。細胞が利用する物質に変わるることがなくなってしまうからだ。すべてのヒトのDNAは細胞の核に詰め込まれていると考えがちだが、細胞質を浮遊するミトコンドリアは、独自に複製したミトコンドリアDNA(または、mtDNA)の遺伝子を持つ。精子と卵子は両方ともミトコンドリアを持っているが、精子のミトコンドリアDNA(mtDNA)は、卵子と受精すると分解してしまう。卵子のmtDNAは複製され、ヒトに一生涯留まる。そして、ミトコンドリアDNAは、女系に受け継がれて行く。男子は母親のDNAを持っているが、次の世代へ受け継がない。

The mitochondrial DNA in the hair samples from Marie Antoinette and her sisters all matched. Close relatives — those of the same generation — will match very closely. As time passes, mutations emerge in the mtDNA. It takes a little more research to see if differences in DNA are due to time or to lack of a blood relationship. Naundorff’s DNA had two nucleotide differences from the hair samples. He had four nucleotide differences from the surviving relatives. He, most likely, was not in any way related to the executed queen.

マリー・アントワネットと姉妹から採取した髪の毛のサンプルに含まれるミトコンドリアDNAは、すべてが一致した。同世代など近い親族は、ほぼ正確に一致する。時の経過と共に、mtDNAには変異が起る。DNAの差異が時の経過によるものか、血縁関係の欠如によるものか、見分けるにはもう少し研究が必要だ。ナンドルフのDNAとアントワネットの髪の毛のサンプルには、2種類のヌクレオチドの違いが認められた。現代の血縁者とは4種類のヌクレオチドの違いがあった。いずれにせよ、ナンドルフが処刑された王妃と血縁関係にある可能性はほとんどない。

What about the other Louis Charles candidates? They were excluded by a more grisly test. Reportedly, a royalist had come into the possession of the heart of Louis Charles. He smuggled it away. This is not as horrific as it sounds — the internal organs, including the heart, were often removed from the corpses of French royalty and preserved in ceremonial urns. Monks or court officials would kneel by these urns and venerate them. The plan might have been to do such a thing for the young boy, who, in the eyes of the royalists, had become king after his father hand been executed. The heart survived, mummified, to this day, and after the claim of Naundorff was disproved, the heart was tested at two different laboratories. The mitochondrial DNA matched the mtDNA in the hair samples exactly. Sadly, the young boy did die in prison in 1795, and the Louis Charles pretenders were just pretenders. After 200 years, there is no more speculation.

ルイ・シャルルの他の候補者はどうなったのだろうか。実は、さらにゾッとするような調査の結果、全員が除外された。伝えられるところでは、ある王党派がルイ・シャルルの心臓を入手することになり、こっそり持ち出した。いかにも不気味なようだが、実はそうでもない。心臓などの内臓はしばしばフランス王家の遺体から取り出され、儀礼的な壷に保管されていた。僧侶や宮廷人はその傍らで跪き崇拝した。王党派の目には、この少年は父親の処刑後王になったはずで、そのような儀式に関係していたのだろう。心臓はミイラ化して今日まで残り、ナンドルフの主張が却下されると、2カ所の研究所で鑑定が行われた。ミトコンドリアDNAは、王妃の髪の毛のサンプルにあるmtDNAと正確に一致した。悲しいかな、その少年は1795年に牢獄で亡くなっていて、ルイ・シャルルを名のる人物たちは、ただの偽者だった。200年経ち、謎は解き明かされた。

[Via The European Journal of Genetics and NCBI]