Excerpts from Christies’s catalog, with Japanese translation.

クリスティーズのカタログから、解説の一部と訳です。

***

Jacques-Louis David (Paris 1748-1825 Brussels)

Portrait of Mademoiselle Guimard as Terpsichore

ジャック=ルイ・ダヴィッド(1748年パリ生まれ/1825年ブリュッセル死去)

テルプシコ姿のギマール嬢の肖像

Image: Christie’s
Jacques-Louis David (Paris 1748-1825 Brussels)
Portrait of Mademoiselle Guimard as Terpsichore

The genesis of this spirited, life-sized, full-length portrait of the celebrated dancer and courtesan Marie-Madeleine Guimard (1743-1816) involved two of the greatest painters in the history of French art, Jean-Honoré Fragonard and Jacques-Louis David, although the precise nature and extent of their participation in its creation has long been the subject of confusion. The sitter, Mlle Guimard, made her debut at the Comédie Française, but soon thereafter joined the Paris Opéra, where she remained a star for several decades, acquiring well-placed lovers and considerable wealth along the way. Among her first notable roles was that of Terpsichore, Muse of Dance, in Les Fêtes greques et romaines (1762). In 1770, the 27-year-old Guimard commissioned the architect Claude-Nicolas Ledoux to build for her a hôtel in the Chaussée d’Antin, in the newly fashionable section of Paris north of the Seine near the present-day Gare Saint-Lazare; the house was to be a Temple of Terpsichore with its own theatre attached, built in the latest and most avant-garde neoclassical style. Fragonard was commissioned to paint a series of four large mythological panels for the Salon de Compagnie.

有名なダンサーでコルテザンだったマリー=マドレーヌ・ギマール(1743 – 1816)を描いたこの生き生きとした実物大の全身像は、制作にあたって、フランス美術史上偉大な二人の画家、ジャン=オノレ・フラゴナールとジャック=ルイ・ダヴィッドが係っている。ただし、どの程度関係していたかは、長い間意見が分かれていた。モデルとなっているギマール嬢は、コメディ・フランセーズでデビューし、直後にパリオペラ座に入団し数十年間スターであり続けた。その間、高貴な人々と親しい関係になり、かなりの富を蓄えた。ギマールの特筆すべき役として、Les Fêtes greques et romaines [ギリシャ・ローマの祭日](1762)のテルプシコ 、舞の女神が上げられる。1770年27才のギマールは、セーヌ川北、パリの新しいファッショナブルな地域ショセ・ダンタン、現在のサンラザール駅近辺に邸宅を建てるため、建築家クロード=ニコラ・ルドゥーに依頼した。邸宅は劇場を備えたTemple of Terpsichore [テルプシコの神殿]となり、当時最新のアバンギャルドなネオクラシック様式で建築されることになった。Salon de Compagnie [社交のサロン]を装飾する4枚のパネルに神話から題材を取った絵の制作を、フラゴナールに依頼した。

The residence was completed only in 1773, with Guimard forced to wait as Fragonard, Ledoux and his équipe of masons, carpenters and wood carvers devoted themselves to fulfilling the urgent demands of a more powerful client, the comtesse du Barry — official mistress of Louis XV — whose pavilion in Louveciennes was commissioned second, but the construction and decoration of which would take precedence. By the time Guimard’s residence was inaugurated, she and Fragonard had had a spectacular falling out, with the dancer having dismissed him from the project, and the artist having only sketched in the designs for the four wall panels. The Correspondance Littéraire carried news of the scandal in March 1773, reporting that “the hôtel of Mlle Guimard is almost finished; if it was paid for by Amor, it was designed by Volupté, and this divinity never had a temple in Greece more worthy of her cult. The salon is full of paintings; Mlle Guimard is represented as Terpsichore, with all the attributes that could characterize her in the most appealing way. These paintings were not yet finished when, for some reason, she had a quarrel with her painter, M. Fragonard; the quarrel was so considerable that he was dismissed, and another painter had to be called upon.” The ‘other painter’ was the little-known, 25-year-old Louis David, a student at the École des Élèves Protégés; his first important commission would therefore consist of finishing the four mythological panels for La Guimard’s salon and composing a ceiling for the room.

ところが、ギマールは工事の中断を余儀なくされ、邸宅がようやく完成したのは1773年だった。というのは、フラゴナールとルドゥ、そして、ルドゥに従う石工、大工、木彫家は、より権力のある依頼主、ルイ15世の交妾デゥパリー伯爵夫人の性急な要求に対応することになったからだった。伯爵夫人のルーシエンヌにあるパビリオンは後から依頼されたものではあるが、その建築と装飾が優先された。ギマールは、邸の建築が始まる頃には決定的に不仲になっていたフラゴナールを、プロジェクトから外すことになった。フラゴナールはパネルのデザインの素描を描いただけだった。Correspondance Littéraire [文芸通信]は、1773年のスキャンダルを次のように伝えている。「ギマール嬢の邸宅は、完成に近づいている。愛の神アモーが支払っていたら、ヴォルプテが設計していただろう。そして、この神は、ギマール嬢崇拝ほどの神殿をギリシャに建てることはなかっただろう。サロンには数多くの絵画がかかっている。ギマール嬢がテルプシコとして、最も華やかに見えるように描かれている。いきさつは不明だが、依頼した画家フラゴナールと仲違いになったときは、絵画は未完成だった。確執は決定的なもので、フラゴナールは解任され、他の画家が採用された。」その「他の画家」は、当時無名の王立絵画彫刻アカデミーの学生だった25才のルイ・ダヴィッドのことで、従って、最初の重要な仕事となったのは、ギマール嬢のサロンの4枚の神話パネルを完成させ、その天井を制作することだった。