From The Voice of Russia
ボイス・オブ・ロシアから

***

22 May, 17:19
“Ballet Oscar” winners honored at Bolshoi

2013年5月22日 17:19
「バレエのオスカー」、ボリショイ劇場で授賞式

Image: The Voice of Russia
Photo: RIA Novosti

Ballerina Olga Smirnova, a rising star of Moscow’s Bolshoi Theater, has won a prestigious Benois de la Danse ballet award. She is the only woman in the company of six Benois de la Danse-2013 awardees, the other five being two male dancers and three male choreographers. The awards ceremony preceded the opening of the Benois de la Danse festival in Moscow.

モスクワ・ボリショイ劇場で人気上昇中のバレリーナ、オルガ・スミルノワが、権威あるブノワ・ド・ラ・ダンスのバレエ賞を獲得した。スミルノワは6人の受賞者の中で唯一の女性だった。他に、ダンサーが2人、振付家が3人受賞した。モスクワのブノワ・ド・ラ・ダンス・フェスティバルのオープニングで、授賞式が行われた。

First launched 20 years ago, the annual Benois de la Danse competition, dubbed the “ballet Oscar”, reveals the most interesting ballet happenings of the season. The winners are selected by a competent international jury comprising the world’s best choreographers and led by its all-time chairman, famous Russian ballet master Yuri Grigorovich.

ブノワ・ド・ラ・ダンスは20年前に第一回大会が開催され、「バレエのオスカー」とも呼ばれており、そのシーズンで最も注目に値するバレエに着目する。世界最高の振付家からなる国際的な審査員が受賞者を選考し、著名なロシアのバレエマスター、ユーリ・グリゴロヴィッチ氏が常任審査委員長を務める。

Russian dancers dominated this year’s short list of Benois de la Danse nominees with five Russian ballerinas among them. Smirnova, aged 22, charmed the jury with her absolutely superb rendition of both classical and modern ballet pieces. She shared the Benois de la Danse winners’ podium with two male dancers – Alban Lendorf of the Royal Dutch Ballet and Vadim Muntagirov, a graduate of Russia’s Perm Choreographic School and current soloist of the English National Ballet. Regina Nikiforova, one of the initiators of the “ballet Benois”, told the Voice of Russia that she was proud to see so many Russian artists dance in the world’s top ballet theaters.

今年は数少ない候補者をロシア人ダンサーが多く占め、5人のバレリーナが選ばれていた。22才のスミルノワは、クラシックバレエとモダンバレエの双方で、完璧なまでに素晴らしい演技で審査員を魅了した。他に受賞した2人の男性ダンサーは、王立オランダバレエ団のアルバン・レンドルフと、ロシア国立ペルミバレエ学校出身で現在イングリッシュ・ナショナル・バレエ団のソリスト、ワディム・ムンタギロフだった。「バレエブノワ」創立者の1人、レジーナ・ニキフォロワは、これほど多くのロシア人アーティストが、世界トップクラスのバレエ団で活躍していることに誇りを感じると、ボイス・オブ・ロシアに語った。

“Russian ballet dancers are among the top soloists of many famous ballet troupes from San Francisco to Europe. Our artists dance all over the world, which shows the Russian school of ballet maintains its highest professionalism and is highly esteemed abroad”.

「サンフランシスコからヨーロッパまで、多くの有名なバレエ団で、ロシア人ダンサーはトップクラスのソリストになっています。ロシア人アーティストが世界中で活躍しているということは、ロシアのバレエ学校が最高のプロフェッショナリズムを維持し、海外で高く評価されている証です。」

There are no Russians among the best choreographer prize winners. Both choreography awards went to foreigners. These are renowned Dutch master Hans van Manen and British choreographer Christopher Wildon.

ロシア人以外の振付け賞受賞者には、著名なオランダのハンス・ヴァン・マーネンと、英国人のクリストファー・ウィールドンがいた。

Outstanding ballet master John Neumeier was bestowed a Benois de la Danse for his dedication to art, though he will only receive it next year, according to the competition’s rules. Neumeier was the first top winner of the very first Benois de la Danse in 1992.

高名なバレエマスター、ジョン・ノイマイヤーにも、芸術への貢献を讃えブノワ・ド・ラ・ダンス賞が授与されるが、大会の規則により来年受賞することになっている。ノイマイヤー氏は、1992年開催の第一回ブノワ賞を受賞している。

Among those honored at the Bolshoi on Tuesday was French choreographer Pierre Lacotte, an acclaimed ballet record
keeper known for his passion for 19th -century ballet classics which he is never tired of reviving. This is what he told the Voice of Russia.

同じく火曜日に受賞したボリショイのフランス人振付家ピエール・ラコテ氏は、19世紀のクラシックバレエに情熱を捧げる第一人者で、飽くことなく多くのリバイバル作品を手がけている。ボイス・オブ・ロシアに次のように語っている。

“It was a great honor for me to be awarded a Benois de la Danse prize. And I am happy to be in Moscow to receive the prize that infinitely pleases me. There is sort of a love story, or rather a love novel, between me and Russia…”

「ブノワ・ド・ラ・ダンス賞を受賞できて、大変光栄に思っています。モスクワで受賞できたことは、とても嬉しく感じています。私とロシアの間には、ラブストーリーのような、いや、それよりも恋愛小説のような関係があるんです。」

Pierre Lacotte’s romance with Russia began in 2000 when he staged “The Pharaoh’s Daughter” at the Bolshoi. He then put on a series of ballets at the Stanislavsky and Nemirovich-Danchenko Musical Theater in Moscow and the Mariinsky Theater in St. Petersburg. Next season will see his new Bolshoi premiere – the ballet “Marco Spada”.

ピエール・ラコッテのロシアとのロマンスは、2000年に始まった。その年、ボリショイ劇場で「ファラオの娘」を上演した。引き続き、モスクワのスタニスラフスキー&ネミロヴィッチ=ダンチェンコ記念国立モスクワ音楽劇場や、ザンクトペテルスブルグのマリインスキー劇場で、様々なバレエ作品を手がけた。次のシーズンでは、ボリショイ劇場で、バレエ「マルコ・スパダあるいは盗賊の娘」を初演する。

文)Natalia Viktorova

***

*

2014年ブノア賞受賞木田真理子さんの記事👉 The Huffington Post

*

*