Tags

, , ,

The new French museum, opened in December 2012, has already attracted 420,000 visitors.  The article from nytimes.com with Japanese translation.

去年12月に開館したフランスの新美術館には、すでに、42万人の来館者があったようです。nytimes.comの記事と、意訳です。

***

Image: louvrelens.fr

A ‘New Louvre’ North of Paris

By RATHA TEP
Published: May 8, 2013

パリの北「新ルーヴル」

文)Ratha Tep
2013年5月8日

Image: louvrelens.fr
L’Europe de Rubens
170 oeuvres de l’artiste, de ses modèles et de ses contemporains

On a Friday evening this winter, 250 paired-off revelers — from couples young and old to mothers with small children — were dressed in varying interpretations of Renaissance-style costume: many were in masks, some wore full-skirted, floor-skimming gowns. They filled a stripped-down auditorium and twirled energetically to instructions belted out in French by the renowned Parisian choreographer Christine Corday.

この冬、ある金曜日の夜、若者からお年寄りまで、または、母と子の二人連れが、ルネサンス風のバラエティに富んだ衣装を身にまとって集まった。ある者はマスクをつけ、また、ある者は裾を引きずるドレスを着ていた。すっきり片付いたオーディトリアムはいっぱいになり、著名なフランス人振付家クリスティーヌ・コルデ氏が大声で指導する中、参加者はエネルギッシュにくるくると踊っていた。

The unlikely setting for this boisterous costume ball was the Louvre-Lens, in a former mining town with a population of 36,000 that is only an hour and 10 minutes from Paris on the TGV rail line but feels spiritually more distant with each passing slag heap. The region, the Nord-Pas de Calais in northern France, is so closely associated with its industrial heritage that its 75-mile mining basin was granted Unesco World Heritage status last year. But with the December opening of the first outpost of the Louvre in Paris, the town is well on its way to becoming known for something else: a cultural hot spot.

この賑やかなコスチュームパーティに似つかわしくないように見えるその場所は、ルーヴル=ランス美術館だ。この人口36,000人の元炭坑の町は、TGVでパリからほんの1時間10分の場所にあるが、ボタ山を通り過ぎる度に感覚的には距離感をおぼえる。このフランス北方ノール=パ・ド・カレー地方は、去年、その75マイルの炭坑盆地がユネスコ世界遺産に登録されるほど、産業遺産と深く結びついている。だが、昨年12月にパリのルーヴル美術館が初めて出先機関を開館して以来、この町は別の意味で着実にその知名度をあげてきいる。それは、文化のホットスポットだ。

Later this month, L’Atelier de Marc Meurin, a restaurant by the chef Marc Meurin, who earned two Michelin stars for Le Meurin in the nearby town of Busnes, is scheduled to open in a circular glass building in front of the museum’s entrance hall.

今月末、シェフのマルク・ムラン氏のレストランL’Atelier de Marc Meurin[ラトリエ・ド・マルク・ムラン]が、美術館エントランスホールの向かいにある円形のガラスの建物に開業する予定だ。マルク・ムラン氏は、近郊の町ビューヌにあるル・ムランで、ミシュランの2つ星を獲得している。

“Historically, everything had revolved around coal mining in Lens,” said Xavier Dectot, director of the Louvre-Lens. “You were born in a hospital that belonged to the mining company. You grew up in a school building built by the mining company. And when you became an adult, you went to work in the mines. There was no cultural offering,” he said.

「ランスは、歴史的には、すべてが石炭鉱業中心に回っていました」と、ルーヴル=ランス美術館館長ザヴィエ・デクト氏が語る。「炭坑会社に所属する病院で生まれ、炭坑会社が建てた学校で育ちました。そして、成人すると炭坑で働いていたのです。そこには、文化的なものが一切ありませんでした」

Born out of an appeal by the French government for the major Parisian cultural institutions to decentralize, the new museum was built on the town’s mining legacy: the gleaming glass and aluminum structure by the Pritzker Prize-winning Japanese architectural firm Sanaa sits on a raised 50-acre horizontal slag heap left over from the two mining shafts that operated on the site until 1960.

Image: louvrelens.fr

パリの主要文化施設は地方に分散するようにとのフランス政府による呼びかけに答え、この新美術館は町の炭坑跡に建設された。1960年まで操業していた2つの鉱山から出た50エイカーの水平なぼた山の上に、プリッカー賞を受賞している日本の建築会社Sanaaが、光沢を放つガラスとアルミニウムの建物を建てた。

The institution also creates a new vision for experiencing the Louvre. “The Louvre-Lens isn’t a branch or annex of the Louvre in Paris,” Mr. Dectot said. “It’s a new Louvre with the same collection seen differently. With all the encyclopedic museums, you have a tectonic way of looking at art. We insist on what’s common and similar instead of what’s different.”

この美術館は、また、ルーヴル美術館を体験する上で新しい展望を作り出した。「ルーヴル=ランスは、パリのルーヴルの分館や別館ではありません」と、デクト氏が話す。「同じ収蔵品に対して別の見方をする新しいルーヴルです。百科事典的な美術館は皆、美術作品を見る時に構造的な見方をします。ここでは、相違点ではなく共通点や類似性を見て行きます。」

Instead of being separated by civilizations, techniques or schools, the 205 rotating works from seven departments from the Louvre in Paris are displayed chronologically in the new museum’s main gallery, the Galerie du Temps, a slightly curving, 32,000-square-foot aluminum-walled space with a timeline spanning five millenniums etched along one wall.

パリのルーヴルの7部門からローテションで来る205作品は、この新美術館の核となる展示室「時の回廊」に、文明や技法、学派で分類するのではなく、時代にそって展示される。この展示室は、ややカーブしたアルミニウムの壁に囲まれた3200平方フィートのスペースで、その一面の壁ぞいに5世紀の歴史が刻まれる。

On a visit in February, an extravagant painting by Rubens was displayed parallel to an iron helmet and dagger decorated with the Hindu deities Vishnu and Hanuman, also from the 17th century. Farther along, two perpendicular portraits by seemingly disparate artists, the French neo-Classicist Ingres and the Persian painter Mihr Ali, bore a striking resemblance: both subjects were seated in armchairs with their hands on their laps. Nearby hung the Louvre-Lens’s crowning showpiece, the French icon “Liberty Leading the People” by Delacroix. (Shortly afterward the painting was defaced with a 12-inch inscription; it has since been fully restored.)

2月に訪れたときは、ルーベンスの豪奢な絵画が、同じ17世紀のヒンドゥ教神ヴィシュヌとハヌマンで装飾された鉄製のヘルメットと短刀と、平行して展示されていた。さらに進むと、一見共通点のない画家、フランス・ネオクラシックのアングルとペルシャの画家ミラリによる肖像画が、驚くほどよく似ていることがわかる。両方とも、絵のモデルはアームチェアに座り手を膝の上にのせている。その近くには、ルーヴル=ランスの目玉作品であるドラクロワが描いた「民衆を導く自由の女神」が展示されていた。(この直後、この絵は12インチの落書きの被害にあったが、その後、完璧に修復された。)

To the west of the glass-paneled entrance hall lies the temporary exhibition gallery. Leonardo da Vinci’s last, unfinished work, “The Virgin and Child With Saint Anne,” regarded as one of his most complex, was on display until mid-March. The next temporary exhibition, featuring Rubens, runs from May 22 to Sept. 23.

ガラスの壁のエントランスホール西側には、特別展示室がある。レオナルド・ダ・ヴィンチの最も込み入っている作品と言われる未完の「聖アンナと聖母子」が、3月中旬まで展示されていた。次回は、5月22日から9月23日までルーベンスの特別展が開催される。

The Renaissance-inspired costume ball marked the culmination of a series of events, among them a mask-making session based on a design by Christian Lacroix, held to celebrate a temporary exhibition on the Renaissance. Subsequent events to complement the museum’s artwork included a hip-hop night, and others will feature concerts and a karaoke night — all part of a larger agenda of greater accessibility that ranges from 22 “museum hosts” for answering visitor questions and visible storage areas to a glass-walled indoor picnic space. The museum has already attracted 420,000 visitors, and expects to pull in a total of 700,000 by the end of the year.

ルネサンスのコスチュームパーティは、一連のイベントの中で最も華やいだものだ。他には、ルネサンスの特別展を記念して、クリスチャン・ラクロワのデザインによるマスク造りも行われた。引き続き開催される美術館作品を補完するイベントは、ヒップ・ホップの夕べ、また、コンサートやカラオケの夕べなど、すべては、門戸を広く開放する壮大なアジェンダで、22人の「美術館ホスト」が入館者の質問に答え、また、見ることができる収蔵庫、ガラスの壁に囲まれた屋内ピクニックスペースもある。すでに42万人の来館者があり、年末までには計70万人を見込んでいる。

“The Louvre-Lens is a new way to get to a new public that’s historically not used to seeing culture,” Mr. Dectot said.

「ルーヴル=ランス美術館は、歴史的に文化にふれることのなかった人々に到達する新しい道なのです」と、デクト館長が語った。