Two interesting articles about The Grand Master.  Texts from Times of Malta, and Japanese translation.

マルタの騎士に関して興味深い2件の記事です。Times of Malta の記事と、訳です。

***

Sunday, April 28, 2013 by Mark Micallef

La Valette sword to be returned … on loan
Sword, dagger to be loaned for V18

2013年4月28日(日)
文)マーク・ミカレフ

ラ・ヴァレットの刀剣、返還。ただし貸出しで
剣と短刀、V18に貸出し

Image: timesofmalta.com
La Valette’s sword and dagger at the Louvre Museum in Paris

The famed sword and dagger belonging to Grand Master Jean Parisot de la Valette will be loaned to Malta by the Louvre Museum when Valletta takes on the title of European Capital of Culture in 2018, The Sunday Times of Malta has learnt.

サンデー・タイムズ・オブ・マルタが入手した情報によると、マルタ共和国首都ヴァレッタが欧州文化首都のタイトルを担う2018年に、マルタ騎士団総長ジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレットの持ち物だった有名な剣と短刀が、ルーヴル美術館から貸出されることになった。

/…/
省略

The Office of the Prime Minister would not comment when asked whether it was negotiating the surrender of the sword, a long-standing request by different Maltese administrations.

マルタ政府が長年に渡って返還要求を行ってきた剣に関して、交渉が行われたかどうかという質問に、マルタ首相府はコメントを避けた。

However, sources in the diplomatic circuit said the French Government had accepted in principle to release the sword and its accompanying dagger for 2018 when Valletta will be crowned European Capital of Culture.

だが、外交筋によると、仏政府は、2018年にヴァレッタが欧州文化首都となるのにあわせ、剣と付属の短刀を差し出すことに原則的に同意した。

The sword has an emotional place in Maltese collective memory, having been given to the Grand Master by King Philippe II of Spain for his leadership in battle during the Great Siege of 1565.

この剣は、1565年のマルタ大包囲戦での活躍を讃え、スペイン王フェリペ2世から総長に下賜されたもので、マルタ人にとって思い入れの深いものだ。

There were several calls over the years for the sword to be returned and in 2011 a Facebook petition calling for the sword’s return gathered several thousand signatories.

これまで再三にわたり返還要求が行われ、2011年にはFacebookでの呼びかけに数千人が署名した。

It eventually ended up at the Louvre, in Paris, after it was taken by the French during the occupation of 1798. It is said that Napoleon Bonaparte was particularly fond of the dagger and carried it around as a talisman. In his will of 1821, he left the weapons to his son and they were eventually presented to the Louvre in 1840. They have never left Paris since.

1798年にフランス占領軍が持ち出し、最終的にパリのルーヴル美術館が所蔵することになった。言い伝えによると、ナポレオン・ボナパルトはことのほかこの短剣が気に入り、お守りとして持ち歩いたという。1821年の遺言状で、剣と短剣は子孫に渡り、1840年にルーヴル美術館に寄贈された。その後、一度もパリを離れたことはない。

***

Tuesday, November 27, 2012 by Sarah Carabott

Family of Grand Master say name is wrong
‘It’s de la Valette not de Valette’ – Grand Master’s descendant says

2012年11月27日(火)
文)サラ・カラボット

聖ヨハネ騎士団総長の家族、名前の違いを訴える
「ド・ラ・ヴァレットであって、ド・ヴァレットではない」と、騎士団総長の子孫が話す。

Image: timesofmalta.com
Désireé von la Valette Saint Georges and her niece Nastassja at Luciano Valletta Boutique Hotel. Photo: Chris Sant Fournier

Descendants of the Grand Master who commissioned the building of Valletta are insisting that his name is consistently being misspelt.

On her third trip to Malta, Désireé von la Valette Saint Georges insisted the family of Jean Parisot has always carried the name as “de la Valette”, and not “de Valette”.

The Grand Master himself was brought up in La Valette du Var, a city in southern France, she added.

首都ヴァレッタの礎を築いた騎士団総長の子孫が、名前のスペルが常に間違っていると訴えている。マルタを訪れるのは3度目のデジレ・フォン・ラ・バレット・サン・ジョルジュさんは、ジャン・パリゾの一族は、代々「ド・ラ・ヴァテット」と名乗ってきており「ド・ヴァレット」ではないと主張する。騎士団総長は、南フランスの町、ラ・ヴァレット・デュ・ヴァル出身なのだと話す。

A French nobleman and Grand Master of the Order of Malta from 1557 to 1568, the Knight Hospitaller fought with distinction against the Turks in Rhodes and as Grand Master commanded the resistance against the Ottomans at the Great Siege of Malta in 1565, emerging victorious.

フランス貴族で1557年から1568年にマルタ騎士団総長だったジャン・パリゾは、ロードス島のオスマン帝国軍との戦いでめざましい功績を上げ、騎士団総長として1565年のマルタ大包囲戦でオスマン帝国に対する反撃戦を指揮し、勝利に導いた。

Image: Wikipeida
portrait of Jean de la Valette

He went on to commission the construction of the new city of Valletta in 1566, laying the first stone with his own hands.

騎士団総長は続いて新しいヴァレッタの町の建設に着手し、自らの手で最初の礎石を置いた。

The controversy of the correct spelling of the 49th Grand Master of the Order of Malta was brought up again last week, during the unveiling of a 2.5-metre statue of the Knight Hospitaller in Valletta.

先週、2.5メートルの銅像の除幕式がヴァレッタで行われたときに、この第49代マルタ騎士団総長の正しいスペルについての議論が再燃した。

During a speech, former European Court of Human Rights judge and researcher Giovanni Bonello sought to settle the matter once and for all. He stressed the name was Jean De Valette and not “De La Valette” as he was commonly referred to in error.

元欧州人権裁判所判事で研究者のジョヴァンニ・ボネッロ博士はその演説で、これを最後にこの議論に決着を付けようとした。その中で、ボネッロ博士がよく間違いだと指摘する「ド・ラ・ヴァレット」ではなく、「ジャン・ド・バレット」であると強調している。

When contacted yesterday Dr Bonello invited “anyone to find one single reference during the Grand Master’s lifetime when he referred to himself, or was referred to, as de la Valette or as La Valetta. If someone does, I will apologise. It’s very easy to prove me wrong – just find one instance.

昨日、バネッロ博士は問合せに応じて次のように提案した。「誰か、騎士団総長の生存中に、総長自身や他者がド・ラ・ヴァレットやラ・ヴァレットと呼んだ証拠を一例でいいから見つけてください。もし見つかったら、謝ります。私が間違っていることを証明するのは容易い。ただ、一例を挙げるだけです。」

“During his lifetime, he never once called himself and nobody referred to him as la Valette whatever language was used. There isn’t one single coin, medal, letter, seal, inscription, signature, description, minute, reference in contemporary history books or archives when he was alive in which he is referred to as ‘De la Valette’ or as ‘La Valette’. It is invariably Valette or de Valette. All serious historians refer to him as de Valette,” he stressed.

「騎士団総長の存命中、本人もその他誰も、どの国の言葉でも、ラ・ヴァレットと呼んだ人はいなかった。硬貨、メダル、手紙、封印、碑文、署名、記述、議事録、現代の歴史書の参考文献、騎士団総長の同時代の書物にも、どれ一つ取っても「ド・ラ・ヴァレット」や「ラ・ヴァレット」と言及しているものはありません。常にヴァレットかド・ヴァレットなのです。権威ある研究者はすべてド・ヴァレットと呼んでいます。」と主張する。

But his descendants have always referred to their “family hero” as Jean Parisot de la Valette, according to Ms von la Valette, who told The Times that she was one of the descendants of the Grand Master. The family, however, could not pinpoint the exact generation.

ところが、フォン・ラ・ヴァレットさんによると、子孫は「一族のヒーロー」を常にジャン・パリゾ・ド・ラ・ヴァレットと呼んできた。フォン・ラ・ヴァレットさんは、騎士団総長の子孫だが、何代目かは正確にはわからないと、タイムズ紙に語った。

Ms von la Valette and her niece Nastassja were present for the unveiling of the bronze-silicon statue of the man who started a new chapter in Malta’s history.

フォン・ラ・ヴァレットさんと姪のナスタージャさんは、マルタ史の新しい章をスタートさせた騎士団総長のブロンズとシリコン製彫像の除幕式に出席した。

The effigy stands tall in the new Piazza de Valette, a few metres away from where he had laid the foundation stone in 1566.

この記念像は、新しいヴァレット広場に立っている。そこは、1566年に本人が礎石を置いた場所から数メートルのところだ。

The Grand Master did not live to see the completion of the city that adopted his name but his descendants are enchanted by the walled citadel.

騎士団総長本人は、自分の名前が付けられた町の完成を見ずにこの世を去ったが、その子孫はこの塀に囲まれた要塞に惹き付けられている。

“I had read about it, been brought up surrounded with documents and maps of the city, and heard stories of this hero, but to be here and experience it in person… it keeps impressing me no matter how many times I visit the island.

「本で読んだことがあります。この町の文献や地図に囲まれて育ちました。このヒーローの話もよく聞きました。でも、ここに来て実際に体感すると、….この先この島に何度足を運んでも、その度に強く印象に残るでしょう。」

“It’s a million times better than the maps and I keep marvelling at the resilience of our ancestors,” Ms von la Valette, 50, says.

「地図よりも何倍もすばらしい。先祖の強さにはただただ感服します。」と、50才のフォン・ラ・ヴァレットさんが話す。

She was brought up in a 14th-century castle called Schloss Auel, close to Cologne, where the family has documents about the Great Siege against the Ottomans and a family tree.

フォン・ラ・ヴァレットさんは、独ケルン近くのシュロス・アウエルと呼ばれる14世紀の古城で育った。一家は、オスマントルコ軍に抵抗する大包囲線に関する資料や家系図を所有している。

The castle served as a hospital for the French during World War II and an elderly care home afterwards. Nowadays, it is a boutique hotel and one of Ms von la Valette’s sisters, Tatiana, still lives there.

この城は、第二次世界大戦当時はフランス人の病院となり、その後は、高齢者向け介護施設となっていた。現在は、ブティックホテルとなり、フォン・ラ・ヴァレットさんの姉妹が今でも暮らしている。

“Every la Valette in existence” will be visiting Malta next year, as around 15 family members will head to the island to celebrate Tatiana’s 50th birthday.

「現存するラ・ヴァレット一族全員が」来年、マルタ島を訪れる。およそ15人の家族が集まって、タチアナさんの50才の誕生日を祝う。

Ms von la Valette speaks of the Grand Master as “a hero” who joined the Order at 20, when he left home and never returned.

フォン・ラ・ヴァレットさんは、この20才で騎士団に入団し、家を出て二度と戻ることのなかった騎士団総長を「ヒーロー」と話す。

He was strict and the only time he uttered “words of discouragement” was when one of his nephews, Henri, was killed during the siege. “He was strict with himself and the Order’s brothers – adhering to the rules himself while reinforcing them – and he was not popular for that,” she adds.

総長は厳しい人物で、唯一「落胆のことば」をつぶやいたのは、甥の1人アンリが大包囲線の最中に殺害されたときだけだった。「自分自身にも騎士団の兄弟に対しても厳しい人物でした。規則をきっちり守り、他者にもそれを強いました。そのため、皆から好かれていませんでした。」

Ms von la Valette’s interest in her ancestor has also led her to the Louvre in Paris, where she saw “La Valette’s dagger”, adding that like the Maltese, she hoped it could be returned to the island.

フォン・ラ・ヴァレットさんの祖先に対する興味は、パリのルーヴル美術館に向かわせ、そこで「ラ・ヴァレットの短剣」を見た。そして、マルタ人同様、刀剣が島に返還されることを願った。

Her interest drew her to visit in 1995 and she describes Valletta as “not only physically beautifully but incredibly restored”. She remains fascinated by the “warm light that magnifies the colours of the limestone.”

興味にひかれて1995年にマルタを訪れた時、ヴァレッタを「物理的に美しいだけではなく、驚くほどよく復元されている」と語っている。「石灰岩の色を際立たせる暖かみのある光」にいまだに魅了され続けている。

Ms von la Valette is on a mission to preserve her family’s heritage.

フォン・ラ・ヴァレットさんは、一族の遺産を保存管理する役目を負っている。

The ancestral mansion where the Grand Master was brought up remains almost forgotten in La Valette du Var, but the memory of her family hero is alive in the city that carries his name.

騎士団総長が育ったラ・ヴァレット・デゥ・ヴァールの先祖代々の邸宅はほぼ忘れ去られているが、一族のヒーローの記憶は、その名を冠した町に今も息づいている。

*