Tags

Le Brun, found in the Ritz, was bought by Met.  Text from wsj.com with Japanese translation.

フランスの名作絵画がパリのホテルで発見され、NYの美術館が購入したという話題です。wsj.comの記事と、意訳です。

***

April 19, 2013, 9:48 p.m. ET

Met Masterpiece Hid in Hotel

By JENNIFER MALONEY

2013年4月19日午後9時48分東部時間

メットの名作は、ホテルに埋もれていた

文)ジェニファー・マロニー

Imag: christies.com
CHARLES LE BRUN (PARIS 1619-1690)
Le sacrifice de Polyxène

For years, a painting by a revered 17th-century master was hidden in plain sight, hanging over a desk inside an opulent suite at the Hotel Ritz in Paris.

長い年月の間、17世紀の巨匠が制作したある絵画が、何気なく隠れていた。パリのホテルリッツにある絢爛たるスイートルームのデスク上にかかっていたのだ。

Now, the long-overlooked Charles Le Brun canvas—once stashed in storage with surplus furniture—will take its place at New York’s Metropolitan Museum of Art, which purchased it this week for $1.9 million.

この度、長く見過ごされていたシャルル・ル・ブランの絵画、かつて余剰家具と共に倉庫にしまわれていたこともあるこの絵画が、ニューヨークのメトロポリタン美術館の所蔵品になる。同美術館が、今週、190万ドルでこの絵画を購入したのだ。

How a painting that dates to 1647 landed in an otherwise unremarkable repository of hotel decorations is unclear. It was discovered during a renovation last summer by a pair of art advisers conducting an inventory during an ongoing renovation.

この1647制作の絵画が、どのようにしてホテルの特に目を引くことのないインテリアに落ち着くことになったのかは不明だ。昨夏、ホテルの改装中に、2人の美術コンサルタントが所蔵品目録の確認作業の中で発見した。

There it was, a work by one of the most important painters of French history—Le Brun was a darling of Louis XIV—mounted in a suite named for its most famous former resident, fashion designer Coco Chanel.

フランス史上重要な画家でルイ14世お気に入りのル・ブランが制作したこの絵画は、この部屋に住んでいた著名なファッションデザイナー、ココ・シャネルの名前がつけられたスイートルームにかかっていた。

Image: arthistorynews.com

“When you go to a hotel like this, you see a lot of pictures that are bad copies or reproductions of well-known pictures,” said Olivier Lefeuvre, senior specialist in old-master paintings for Christie’s in Paris.

「このようなホテルでは、有名な絵画の質の悪い複製画か模造品をよく見かけます。」と、パリのオークションハウス、クリスティーズの巨匠絵画シニアスペシャリスト、オリヴィエ・ルフーヴル氏が話す。

Mr. Lefeuvre was summoned to inspect the painting.

ルフーヴル氏はこの絵画を調べるために呼び出された。

“I thought I was going to lose an afternoon to see a bad picture in a nice hotel,” he said.

「いいホテルで質の悪い絵画を見るために、午後の時間がつぶれるだろうと覚悟していました。」

Instead, he found an unmistakable masterpiece signed and dated by the artist. Even more surprising, the work had never before been documented and was unknown to art historians.

ところが、画家自らが署名と日付を入れた紛れもない傑作を発見したのだ。さらに驚くことに、この作品は、これまでどの記録にも残っておらず、美術史家もその存在を知らなかった。

For now, Mr. Lefeuvre said, the work’s modern provenance goes back to only 1999, when a decorator plucked it from a storage space to hang in the suite.

今のところ、この絵画の最近の来歴は1999年までしか遡ることができず、この年、スイートルームにかけるために室内装飾担当者が倉庫から取り出してきていたと、ルフーヴル氏が話す。

How did it continue to escape detection, even while displayed in a high-profile hotel?

知名度の高いホテルに展示されていたのに、どのようにして発見を免れてきたのか。

“No really famous expert of 17th-century painting has ever stayed in the Coco Chanel suite, apparently,” Mr. Lefeuvre said.

「これまで、17世紀絵画の権威がココシャネルのスイートルームに滞在したことがなかった、ということでしょうか。」とルフーヴル氏が語る。

His first thought, after confirming the work’s authenticity, was that it should go to the Met. Most Le Bruns are in French museums and churches, rarely coming up for sale.

真作が確認されてルフーヴル氏がすぐに考えたのは、この絵画はメトロポリタン美術館(メット)に行くべきだということだった。ル・ブランの作品は、そのほとんどをフランスの美術館や教会が所蔵し、オークションに出されることはめったにない。

In fact, the museum had been looking to acquire a Le Brun for at least 50 years, said Xavier Salomon, a curator at the Met.

実は、メットは過去50年以上の間、ル・ブランを所蔵することを模作してきたと、同美術館学芸員ザヴィエル・サロモン氏が語る。

Mr. Salomon nervously watched an online broadcast of the April 15 auction as a Met representative in Paris did the bidding, knowing a win would fill a significant gap in the collection.

サロモン氏は4月15日に開催されたオークションのオンライン放送を、固唾をのんで見守っていた。メットの代理人かパリで競売に参加していた。落札すれば、メットの所蔵品の大きなギャップを埋めることになるのだ。

“We were very lucky,” he said.

「私たちは非常に幸運でした。」と、サロモン氏が話す。

Christie’s said proceeds from the sale will go to the Dodi Fayed International Charitable Foundation, established by the Ritz’s owner, Mohamed Al Fayed, whose son was killed with Princess Diana in a 1997 car crash. Hotel officials couldn’t be reached on Friday.

クリスティーズの話では、オークションからの売上げ金は、リッツの所有者モハメド・アル・ファィド氏が設立したドディ・ファィド国際チャリティ基金に宛てられる。同氏の子息は、1997年にダイアナ妃と共に車の事故で亡くなっている。ただし、金曜日に[今日]ホテルに確認することはできなかった。

The painting, titled “The Sacrifice of Polyxena,” depicts a story from Greek mythology involving the daughter of the king and queen of Troy. It was painted shortly after the artist’s return from a stay in Rome.

この絵画は、「ポリュクセネの犠牲」という題で、トロイの王と王妃の娘が登場するギリシア神話の物語を描いている。ル・ブランはローマ滞在からの帰国直後に、この絵画を制作した。

Mr. Salomon is now preparing to do his own sleuthing to discover where the painting spent the three centuries before it materialized in a hotel suite.

サロモン氏は、この絵画が、ホテルのスイートルームに姿を現す前300年間の足跡を独自に調査すべく、現在準備中だ。

It is possible, he speculated, that the work was already in the 1705 building purchased by Cesar Ritz in 1898 to become his hotel.

この絵画は、セザール・リッツがホテルにするために1898年に買い取った1705年建築の建物に、既に存在していた可能性もあると、サロモン氏は推測している。

The Met hopes to have it on view in time for the opening of a new gallery dedicated to 17th-century French paintings, set for May 23.

メットは、5月23日に新しく開館する、17世紀フランス絵画ギャラリーでの展示に間に合わせたい考えだ。

Putting in on display, Mr. Salomon said, might help catch the attention of a scholar determined to uncover its missing back story.

展示することで、作品を見た研究者が、この絵画の失われた足跡の調査にのり出すきっかけになるだろうと、サロモン氏が話している。

“A lot of artwork hides in plain sight,” he said. “They become almost like wallpaper.”

「多くの美術品が、何気なく隠れています。まるで壁紙のようになっているんです。」とサロモン氏が語った。

*

Charles Le Brun’s Rediscovered Masterpiece

Published on 4 Apr 2013 by christiesauctions

*