Tags

, , ,

Raphael was believed to be an apprentice of Perugino and their paintings could not be easily distinguished.   Can you tell the artist of each of the following paintings?
Excerpts from texts and images from The National Gallery of London, with Japanese translation.

美術館の解説によると、ラファエッロはペルジーノの弟子だったと考えられていて、初期作品はどちらの作品か、容易には見分けがつきません。下の2作品の作者、すぐにわかりますか?
ロンドン・ナショナルギャラリーから文書の抜粋と画像、そして、意訳です。

***

The Virgin and Child with an Angel

*

The Mond Crucifixion

**

Pietro PERUGINO , living 1469; died 1523

The Virgin and Child with an Angel

ピエトロ・ペルジーノ(1469-1534)

天使のいる聖母子像

Date: about 1496-1500
Medium: Oil with some egg tempera on poplar
Dimensions: 114 x 63.5 cm
Acquisition credit: Bought, 1856

制作年:1496-1500頃
材質:ポプラに油彩と卵のテンペラ
サイズ:114 x 63.5 cm
所蔵経緯:1856年に購入

This altarpiece comes from a chapel in the Certosa di Pavia, a Carthusian monastery near Milan. The central Virgin and Child are flanked by the Archangel Saint Michael on the left, standing on Satan. Raphael and the young Tobias are on the right. The Virgin’s robe is ultramarine of exceptional quality.

このパネルは祭壇画の一部で、ミラノ近郊にあるカルトゥジオ会パヴィア修道院の礼拝堂にあった。この中央パネルには聖母子像が描かれ、その左右には、サタンの上に立つ大天使ミカエルと、大天使ラファフェルと少年トビアスが描かれている。聖母の衣装には、最高級のウルトラマリーン(ラピスラズリ)が使われている。

The church was consecrated in May 1497. In 1499 Ludovico il Moro, ruler of Milan and the Certosa’s most important supporter, applied pressure to get it completed. The Certosa had a large number of chapels. The original altarpiece had an upper tier with God the Father flanked by the Virgin Annunciate and the Archangel Gabriel. The two top side-panels were supplied by another Florentine artist, Albertinelli, after Perugino had failed to paint them. Originally these three panels formed the lower tier of a six-panel altarpiece. They have been cut down at the bottom.

この教会は、1497年に献堂された。1499年、ミラノ公国領主で修道院の最大の支援者だったルドヴィコ・イル・モーロは、建築を完成するよう圧力をかけた。修道院には多数の礼拝堂があった。この祭壇画にはもともと上段があり、中央に父なる神、左右に受胎告知の聖母と大天使ガブリエルが描かれていた。この左右のパネルはペルジーノが制作できず、フィレンツェ出身の画家アルベルティネッリが制作した。当美術館にある3枚のパネルは、6枚の祭壇画の下段に配置され、底辺で裁断されていた。

Central panel 113.7 x 63.8 cm; wings each approx. 113 x 56 cm.

中央パネル:113.7 x 63.8 cm 両翼はそれぞれ113 x 56 cm

*

RAPHAEL , 1483 – 1520

The Crucified Christ with the Virgin Mary, Saints and Angels (The Mond Crucifixion) – in Frame

ラファエッロ(1483 – 1520)

聖母マリア、聖人、天使のいるキリストの磔刑(モンドの磔刑図):額縁入り

Short title: The Mond Crucifixion
Date: about 1502-3
Medium: Oil on poplar
Dimensions: 283.3 x 167.3 cm
Acquisition credit: Mond Bequest, 1924

別名:モンドの磔刑図
制作年:1502-1503頃
材質:ポプラに油彩
サイズ:283.3 x 167.3 cm
所蔵経緯:1924年 モンド博士遺贈

One of Raphael’s earliest works, greatly influenced by Perugino, this served as the altarpiece of the side chapel in S. Domenico in Città di Castello, the stone frame of which is dated 1503. As is usual, the Virgin and Saint John the Evangelist stand on either side of the cross. In this case, Saints Jerome and Mary Magdalene also kneel before it. Angels catch Christ’s blood in chalices, such as are used for the wine of the Mass. The predella was painted with episodes from the life of Saint Jerome, to whom the altar was dedicated.

ラファエッロの初期作品で、ウンブリア州ペルージャ県チッタ・ディ・カステッロにあるサン・ドメニコ教会附属礼拝堂の祭壇画だった。石製の額縁は1503年制作。この主題の構図に従い、十字架の左右に聖母と洗礼者ヨハネが描かれている。この絵画では、その前で、聖ヒエロニムスとマグダラのマリアが跪いている。ミサにおけるワインを入れる容器の元となった聖杯に、天使がキリストの血を受けとめている。プレデッラ(祭壇下部の横に長い画面)には聖ヒエロニムスの生涯が描かれ、この祭壇が聖ヒエロニムスに捧げられていることがわかる。

**

Imitating Perugino

ペルジーノを模倣

After his father’s death, Raphael went to Perugia, home of the leading artist of central Italy, Perugino. Vasari suggested that Raphael might have become Perugino’s apprentice, but there is no evidence that this was the case.

ラファエッロは父の死後、イタリア中部で活躍していた画家ペルジーノの本拠地ペルージアに赴いた。16世紀の伝記作家ヴァザーリによると、ラファエッロはペルジーノに弟子入りした可能性があるが、文献は残っていない。

Whatever the relationship, Raphael certainly learned a great deal from him and came to imitate his style so accurately that their paintings could not be easily distinguished.

二人の間柄がどのようなものであったにせよ、ラファエッロはペルジーノから相当学んだことは確実で、その技法をあまりにも正確に模倣するようになったため、二人の作品を容易に見分けることが難しい。

Pope Leo X said that it was only upon seeing Michelangelo’s work that Raphael was prompted to move beyond the style of Perugino.

法王レオ10世は、ラファエッロがペルジーノの技法を凌駕したのは、ミケランジェロの作品を見てからだったと語っている。

***

参照 (Wikipediaより)

磔刑図の十字架上にある「INRI」は、ラテン語の「IESUS NAZARENUS REX IUDAEORUM」の頭文字で、「ユダヤ人の王、ナザレのイエス」という意味である。古代の磔刑では、処刑場に引かれてゆく罪人の首に罪状を書いた銘板がぶら下げられ、その銘板は磔刑時に十字架上にかけられていた。

**