Tags

, , , , ,

WITHOUT
ベンジャミン・ミルピエ振付け@マリインスキー劇場

Uploaded on 12 May 2011 by MariinskyEn

Music: Frederic Chopin, Etudes, Preludes
Choreography by Benjamin Millepied

音楽:フレデリック・ショパン 「エチュード」「プレリュード」
振付:ベンジャミン・ミルピエ

Anastasia Matvienko and Denis Matvienko,
Alina Somova and Andrei Yermakov,
Irina Golub and Vladimir Shklyarov,
Margarita Frolova and Alexander Parish

出演:
アナスタシア・マトヴィエンコ/デニス・マトヴィエンコ
アリーナ・ソーモワ/アンドレイ・エルマコフ
イリーナ・ゴルブ/ウラジミール・シクリャーロフ
マルガリータ・フロロワ/アレクサンダー・パリッシュ

***

Who is Benjamin Millepied?
ベンジャミン・ミルピエとは。。。

Excerpts from New York Times on January 24, 2013
2013年1月24日ニューヨークタイムズの抜粋

PARIS — Benjamin Millepied, the choreographer and a former principal at New York City Ballet, will be the new director of dance at the Paris Opera Ballet, starting in September 2014.

パリ:振付家で元ニューヨークシティバレエ団のプリンシパル、ベンジャミン・ミルピエは、2014年9月付けでパリオペラ座バレエ団の芸術監督に就任することになった。

Mr. Millepied’s appointment comes as a surprise as it was generally expected that a current or former company member would be chosen to lead one of the world’s grandest and most traditional ensembles. The shortlist was considered to come from a small group of Paris Opera Ballet insiders, including the star dancers, or étoiles, Nicolas Le Riche, due to retire in 2014, and Laurent Hilaire, a ballet master with the company and Ms. Lefèvre’s right-hand man.

ミルピエ氏の着任は驚きを持って迎えられた。通常、この世界有数の、しかも、もっとも伝統あるバレエ団を率いるのは、現役か元バレエ団員から選ばれるからだ。候補者リストには、2014年に引退するスターダンサーのニコラ・ル・リッシュや、現在バレエマスターでルフェヴル現芸術監督の右腕、ローラン・イレールなど、パリオペラ座バレエ団内部から少数の名前が挙がっていた。

Although Mr. Millepied, 35, was born in Bordeaux and trained at the Lyon Conservatory, he joined the School of American Ballet as a teenager. His subsequent professional career as a dancer was spent with City Ballet, where he rose quickly through the ranks to become a principal dancer in 2002. He retired in 2011 to focus on choreography, and moved to Los Angeles, where he founded the L.A. Dance Project last year.

ミルピエ氏(35)は、ボルドーで生まれリヨン音楽院で学んではいるが、10代で渡米しアメリカンバレエスクールに入った。プロのダンサーとしては、ニューヨークシティバレエ団に入団し、ダンサーの階級をすばやく上り2002年にプリンシパルになった。2011年に振付けに専念するため退団し、ロサンゼルスに移ってL.A.ダンスプロジェクトを去年立ち上げた。

Mr. Millepied will inherit one of the world’s greatest classical troupes. It has 150 dancers, a complex hierarchy of ranking and promotions and the sizable weight of history: the company is effectively an outgrowth of the very beginnings of ballet at the court of Louis XIV. Its dancers almost all come from the Paris Opera Ballet school, and they rarely leave to dance elsewhere once they have achieved a coveted position in the company.

They are also civil servants, with long-term contracts that run until their mandatory retirement, with pension, at 42.

ミルピエ氏は世界でも一流のクラシックバレエ団を引き継ぐことになる。総勢150人のダンサー、複雑なランクの階級とプロモーション、そして、長い歴史。バレエ団は、事実上バレエの草創期に、ルイ14世の宮廷のもとで成長した。ダンサーはほとんどがパリオペラ座バレエ学校出身で、夢見た地位を獲得すると他のバレエ団に移籍することがほとんどない。

ダンサーは公務員でもあり、42歳で定年になるまでの長期契約で、その後は年金を受け取る。

He is a prolific choreographer who has created works for major companies (including American Ballet Theater, City Ballet and the Paris Opera Ballet), and his public profile is high, thanks partly to his work on the Darren Aronofsky film “Black Swan” and his subsequent marriage to its star, Natalie Portman.

ミルピエ氏は著名なバレエ団(アメリカンバレエシアター、ニューヨークシティバレエ、パリオベラ座バレエなど)で数多くの作品を手がけてきた。また、ダレン・アロノフスキー監督の映画「ブラックスワン」の振付けや、主演女優のナタリー・ポートマンとの結婚も手伝って、一般的にもよく知られている。

*

スクリーンショット(2013-04-29 12.51.19)