Tags

Carlo Crivelli’s paintings from The Demidoff Altarpiece.  Images and tests from The National Gallery of London, with Japanese translation.

デミドフ祭壇画の中の聖母子像と聖カタリナ像です。ロンドン・ナショナルギャラリーからの画像と解説文、そして訳です。

***

Carlo Crivelli, The Virgin and ChildThe Virgin and Child
1476, Carlo Crivelli

聖母子像
1476年 カルロ・クリヴェリ

This picture of the ‘The Virgin and Child’ is the central panel from a large altarpiece made for the high altar of San Domenico in Ascoli Piceno, east central Italy.

この「聖母子像」は、大きい祭壇画の中央パネルで、イタリア中東部にあるマルケ州アスコリピチェーノのサン・ドメニコ教会のために制作された。

It was painted by Carlo Crivelli, a Venetian, who spent most of his career working in the Italian Marches.

ヴェネチア人カルロ・クリヴェリの作で、その画家としての生涯のほとんどをマルケ州で過ごした。

In this altarpiece, Crivelli has used three-dimensional elements: glass, beads, carved and gilded wood and even gilded rope. In the flickering candle-light of a church, the effect of these would have been more powerful than in the well-lit gallery.

この祭壇画でクリヴェリは3次元的要素を用いた。ガラス、ビーズ、彫刻し金箔の木、また、紐まで金箔を施した。教会のゆらめくロウソクの光の中では、美術館のこうこうとした明かりの下よりも、この三次元の効果が迫力を増したことだろう。

Crivelli’s work is distinctive for the detail of his settings. The Virgin is seated on a marble step and surrounded by festoons of fruit and a tooled gilded background.

クリヴェリの作品は、背景の細密描写に特徴がある。聖母は大理石の台座に座り、果物の装飾と細工された金箔の背景に囲まれている。

When acquired by the Gallery, the altarpiece had a third tier of smaller saints, now acknowledged as part of a separate polyptych in the same church. The entire complex has been known as the ‘Demidoff Altarpiece’ since it was framed as one polyptych when in Prince Anatole Demidoff’s collection in the 19th century.

祭壇画は、ナショナルギャラリーが入手した時、小さめの聖人像が描かれた第三段があったが、現在は、同教会の別の多翼祭壇画であることがわかっている。この祭壇画は、「デミドフの祭壇画」として知られている。19世紀にアナトーリー・デミドフ公が所有していた時に、一つの多翼祭壇画として組み立てたことによる。

*

スクリーンショット(2013-04-14 19.30.56)

Saint Catherine of Alexandria
1476, Carlo Crivelli

アレキサンドリアの聖カタリナ
1466年 カルロ・クリヴェリ

This panel showing Saint Catherine of Alexandria is part of the large ‘Demidoff Altarpiece’ made for the high altar of San Domenico in Ascoli Piceno, east central Italy.The 4th century Saint Catherine of Alexandria is shown with a martyr’s palm and her traditional attribute, the spiked wheel on which she was tortured.

アレキサンドリアの聖カタリナが描かれているパネルは、イタリア中東部の町アスコリピチェーノのサン・ドメニコ教会の主祭壇のために制作された大型の「デミドフ祭壇画」の一部である。4世紀のアレキサンドリアの聖カタリナは、殉教のシュロの葉と伝統的に聖カタリナを象徴する持物で拷問にかけられた釘のある車輪が描かれている。

Crivelli has used the acute angle of the wheel to show his skill in foreshortening. Catherine herself, with her elegantly elongated hands, is dressed as a noblewoman in a fine lace-edged chemise and robe decorated with gold thread. Crivelli has placed her on a marble step, almost as if she were a statue on a plinth, except that one foot protrudes over the edge as if breaking out into our space.

クリヴェリは車輪を鋭角に描き、短縮遠近法の技量を誇示している。カタリナ自体は、しなやかに引き延ばして描かれた手を持ち、繊細なレースの縁のついたシュミーズと金糸で装飾された衣装をまとった貴族の姿で描かれている。クリヴェリはカタリナを大理石の段の上に立たせ、台座の彫刻を思わせるが、片足を台の端から突き出し、あたかもこちらの空間に飛び出して来るようにも見える。

*

The Demidoff Altarpiece
1476, Carlo Crivelli

デミドフ祭壇画
1476年 カルロ・クリヴェリ

スクリーンショット(2013-04-14 21.46.21)

Image: National Gallery
The Demidoff Altarpiece 1476, Carlo Crivelli

*