Tags

,

Bernini’s Transformation of Rome from The Metropolitan Museum of Art video.

ベルニーニが創り・変えたローマ。メトロポリタン美術館のビデオから。

***

Click here to see the video.
ビデオはこちら

*

Excerpts from The Met.  メトロポリタン美術館から抜粋

Gian Lorenzo Bernini (1598–1680)
ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(1598–1680)

Gian Lorenzo Bernini dominated the Roman art world of the seventeenth century, flourishing under the patronage of its cardinals and popes while also challenging contemporary artistic traditions. His sculptural and architectural projects reveal an innovative interpretation of subjects, use of forms, and combination of media. Forging a path for future artists, he played an instrumental role in establishing the dramatic and eloquent vocabulary of the Baroque style.

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニは、17世紀ローマの美術界に君臨した。枢機卿やローマ法王の庇護のもとに勢力を増し、一方、同時代の美術界の伝統に挑戦した。ベルニーニの彫刻や建築は、主題の解釈やフォルムの使い方、素材の組み合わせに革命をもたらした。後世の芸術家に道を切り開き、バロック様式の劇的で雄弁な視覚的語彙を構築した。

Saint Peter’s
Under Pope Urban VIII, Bernini received the first of several commissions for Saint Peter’s—the enormous marble, bronze, and gilt baldacchino (1623–24) to stand over the papal altar. Soon after, he began a monument to Urban VIII (1627–47), a work that defined the iconography of future papal funerary monuments. In the later work of the Cathedra Petri (1657–66), placed in the apse to encase the ancient throne believed to be that of Saint Peter, natural light is intensified by scattered gilt rays to create a divine setting. Framed visually by the columns of the earlier baldacchino, the sacred work immediately captures the attention of the viewer. Bernini’s last work for Saint Peter’s, begun under Pope Alexander VII, was the design for the giant piazza leading to the church (1656–67). He himself likened the oval space defined by two freestanding colonnades as the mother church extending her arms to embrace the faithful.

サン・ピエトロ大聖堂
ウルバヌス8世のもと、ベルニーニはサン・ピエトロ大聖堂ための最初の依頼を受けた。それは、大聖堂祭壇を覆う大理石、ブロンズ、金箔製の巨大な天蓋バルダッキーノ(1623–24)だった。その直後、ウルバヌス8世(1627–47)のモニュメントの制作に取りかかり、それが後世の教皇墓碑の図像を決定づけた。後に制作したカテドラ・ペトリ(1657–66)は、聖ペテロが座ったと信じられている古代の司教座を覆って後陣に配置され、四方に伸びる金箔の光線が自然光を強調して、神聖な光景を作り出す。正面から見ると、先に制作されたバルダッキーノの列柱が額縁のように囲み、カテドラ・ペトリは大聖堂を訪れた者の目を即座に捕らえる。ベルニーニの大聖堂最後の制作は、教皇アレクサンダー7世の治世に始まり、聖堂に導く巨大な広場(1656–67)を設計した。独立した列柱が囲む楕円形の広場を、母なる教会が信者を腕に抱いている状態になぞらえたのは、ベルニーニ自身だった。

Other Architectural Projects and Fountains
/…/

In 1642–43, Bernini worked on a fountain design for the Piazza Barberini. The resulting Triton Fountain, with its organic and natural motifs, honored the nearby Barberini Palace and exemplified Rome’s advance use of aqueducts. A sketch for the Triton Fountain (1973.265) shows the sea deity seated above four intertwined dolphins, raising a conch shell to his lips, creating a cascade of water. The later Four Rivers Fountain (1648–51, Piazza Navona, Rome) demonstrates Bernini’s knowledge of engineering principles. In this complex concetto (poetic invention), personifications of the Four Rivers lie around a basin of water. A naturalistic rock formation supports a monumental obelisk, creating the illusion of a magically suspended tower.

その他の建築制作と噴水

[一部省略]

1642年から1643年、ベルニーニはバルベリーニ広場の噴水の設計に取りかかった。完成したトリトンの噴水は、そのオーガニックな自然のモチーフで、近隣にあるバルベリーニ宮殿を讃え、ローマが水道管の利用に長けていることを実証した。トリトンの噴水の素描画(1973.265)には、口元でホラ貝を持ち上げて互いに交差している4匹のイルカに海神が座り、滝を作り出しているところが描かれている。後の四大河の噴水(1648–51、ナヴォーナ広場)は、ベルニーニが工学原理の知識があったことを物語っている。この複雑な概念(詩的な発明)で、擬人化した4つの大河が水場を取り囲んで横たわっている。自然主義的な岩の配置が巨大なオベリスクを支え、塔が魔法のように浮かぶイルージョンを作り出している。