Tags

, , , ,

This is news about Osipova joining The Royal Ballet.  The article from The Independent with Japanese translation.

オシポワがロイヤルバレエ団に入るというニュースです。The Independentから記事と、意訳です。

***

Russian ‘superstar’ ballerina Natalia Osipova to join The Royal Ballet

ロシアの「スーパースター」バレリーナ、ナタリア・オシポワ、ロイヤルバレエ団に入団

The 26-year-old formerly danced for the Bolshoi Ballet

元ボリショイバレエ団の26歳のダンサー

14289952495_9ce65e7fd0

Image: Royal Opera House

 

Nick Clark  Monday 08 April 2013

文)ニック・クラーク 2013年4月8日(月)

The Royal Ballet has secured one of Russia’s “superstar” ballerinas, with the appointment of Natalia Osipova to join the company.

ロイヤルバレエ団はロシアの「スーパースター」バレリーナを確保した。ナタリア・オシポワと契約したのだ。

Osipova has wowed audiences in London at the Coliseum in recent weeks, dancing with the visiting Mikahilovsky Ballet where she is currently a principal.

オシポワは、この数週間、現在プリンシパルとして所属するミハイロフスキーバレエ団のロンドン公演で、コリセウム劇場の観客を沸かせた。

The news that she would return to London in a more permanent basis in the coming 2013/14 season at Covent Garden, left many dance experts thrilled.

2013/14年シーズンにコヴェント・ガーデンにレギュラーとして戻ってくるというニュースに、バレエ関係者は大喜びした。

Her first performance will be the female lead in Kenneth MacMillan’s Romeo and Juliet opposite Carlos Acosta.

初演は、ケネス・マクミランの「ロミオとジュリエット」で、ジュリエットをカルロス・アコスタのロミオを相手に踊る。

Kevin O’Hare, director of the Royal Ballet said he looked “forward to seeing her take on a full range of the company’s heritage and modern repertory”.

芸術監督のケヴィン・オヘアは、オシポワがバレエ団の伝統的レパートリーとモダンバレエのすべてを踊るのを「楽しみにしている」と話している。

He added the 26-year-old dancer had “greatly enjoyed her guest performances” with the company in Swan Lake in October and was a “wonderful addition to our world class roster of principals”.

また、オシポワが10月にロイヤルバレエ団の白鳥の湖に「客演したときもすばらしく」、「バレエ団のプリンシパルのリストに、世界クラスのダンサーがまたひとり加わりました。」と語った。

Osipova, who was born in Moscow, attended the Mikhail Lavrosky Ballet School and then the Moscow State Academy of Choreography.

オシポワはモスクワに生まれ、ミハイル・ラヴロスキーバレエ学校に通い、後に、ロシア連邦国立モスクワバレエ・アカデミーに入学した。

She became a member of the corps de ballet at the Bolshoi Ballet after graduating and danced the lead role of Kitri in Don Quixote just a year later.

卒業後、ボリショイバレエ団のコールドバレエとなり、わずか1年後に、ドンキホーテの主役キトリを踊った。

Her promotion to principal dancer with the Bolshoi came in 2010, but she shocked the company a year later when she left to take up the equivalent role at the Mikhailovsky. She is also a principal with the American Ballet Theatre. A source close to the Royal Ballet called her a “superstar”.

2010年にボリショイバレエ団でプリンシパルに昇格したが、その1年後、ミハイロフスキーバレエ団にプリンシパルとして移籍して、ボリショイを驚かせた。オシポワは、アメリカンバレエシアターでもプリンシパルを勤めている。ロイヤルバレエ団関係者は、オシポワを「スーパースター」と呼ぶ。

Covent Garden has not brought in Osipova’s off stage partner Ivan Vasiliev, who was dancing opposite her at the Coliseum.

ロイヤルバレエ団は、舞台を離れたパートナーでコリセウム劇場でも相手役を勤めたイワン・ワシリーエフは、呼び寄せていない。

She will still perform as part of a deal with Sergei Danilyan over freelance performances and will also perform in London this summer alongside Vasiliev for Bolshoi.

オシポワは、これからも、セルゲイ・ダニランとの契約でフリーランスの作品に出演し、今夏、ボリショイバレエ団のロンドン公演でワシリーエフと踊る。

Image: The Guardian
Astounding’: Ivan Vasiliev and Natalia Osipova in Don Quixote. Photograph: Mikhailovsky Theatre

*

*

*