What does the ballet look like?  Excerpts from The Guardian with Japanese translation.

ロシアでは、バレエとは?The Guardianからの抜粋と、意訳です。

***

Ballet really matters in Russia. “That’s very good for us,” says Bolshoi spokeswoman Katerina Novikova. “But it can also be part of our problem.” For generations, tsars spent lavishly on the two main companies, the Mariinsky in St Petersburg and the Bolshoi in Moscow. During the Soviet era, Stalin made regular use of his private box at the Bolshoi, promoting it as a “people’s art”. There are close personal links between the Kremlin and a select band of dancers and choreographers.

ロシアではバレエは重要な地位を占めている。「それは、私たちバレエ関係者にとってありがたいことです。」と、ボリショイバレエ団の広報担当カテリーナ・ノヴィコワ氏が話す。「でも、同時に、問題ともなるのです。」歴代のロシア皇帝は、ザンクト・ペテルスブルクのマリインスキーバレエ団とモスクワのボリショイバレエ団に財をつぎ込んだ。ソビエト時代、スターリンはボリショイ劇場の専用座席に通い、バレエを「人民の芸術」として取り立てた。クレムリンと選ばれたダンサーと振付家の間には、親しい個人的なつながりがある。

Ballet is also a source of passion and pride among ordinary Russians. According to Xander Parish, the young British dancer who made history by joining the Mariinsky three years ago, “there are posters for ballet performances all around St Petersburg, and ballet documentaries are always being shown on TV. In the theatre, I see people who look as though they don’t know where their next meal is coming from. But there’s an expression on their faces, an intensity that I don’t think I ever saw at Covent Garden.”

バレエは、また、一般のロシア人にとって情熱とプライドの源となっている。3年前、英国人として初めてマリインスキーバレエ団に入団した若いダンサー、サンダー・パリッシュによると、「ザンクト・ペテルスブルグのいたる所にバレエ公演のポスターが貼ってあり、テレビでは年がら年中バレエのドキュメンタリーを放映しています。劇場では、皆、まるで次の食事がどこから来るかわからないかのように見えますが、表情にはある種の激しさがあって、それは、コヴェント・ガーデン[パリッシュの出身パレエ団がある場所]では見たことのない表情です。」

The Spanish choreographer Nacho Duato, who now lives in St Petersburg, concurs. “You feel a reverence here that’s very special. When you walk into the Vaganova school [the city’s 250-year-old ballet academy], it’s as though you’re entering a temple.”

現在ザンクト・ベテルスブルグ在住のスペイン人振付家ナチョ・ドゥアトも、同意する。「ここでは崇高なものを感じます。それはとても特別なものです。ワガノワバレエ学校(250年の歴史のあるバレエアカデミー)の中に入って行くと、それはもう神殿に入るようなものです。」

There’s also a new, or newly renovated, ballet company on the block. In 2007, Russian billionaire Vladimir Kekhman, who made his fortune from fruit importation (his nickname is the Banana King), was casting around for a project to absorb his profits: instead of a football club or a newspaper, he chose a ballet company.

もうひとつ、同じ界隈に新しい、もしくは、新しく刷新されたバレエ団がある。フルーツの輸入で財を成したロシアの億万長者ウラジミール・キエクマン(ニックネームはバナナ王)が、2007年に利益を吸収するプロジェクトを探しまわっていた。そして、サッカーチームやメディアではなく、バレエ団を選んだ。

The Mikhailovsky theatre in St Petersburg was founded in 1833, as a stage for all genres of live performance. Although in the shadow of its grander rival, its grander rival, the Mariinsky, it came to prominence during the early 20th century as a home for experimental ballet and opera, producing works such as Shostakovich’s The Bright Stream. By the time Kekhman set his sights on it, it was languishing artistically, making it perfect for reinvention.

ザンクト・ペテルスブルグのミハイロフスキー劇場は、あらゆるジャンルのライブ・パフォーマンス用の劇場として1833年に設立された。偉大なライバルであるマリインスキーの陰になっていたとはいえ、20世紀初頭に、試行的なバレエやオペラ公演の本拠地として脚光を浴びるようになった。ショスタコーヴィチ作「明るい小川」もその一つだ。キエクマン氏が着目したころには、劇場は芸術的に沈滞した状態にあり、改革のためには完璧なタイミングだった。

Appointing himself general manager, Kekhman spent nearly $60m on restoring the building and acquiring star names. He poached the golden Bolshoi couple Natalia Osipova and Ivan Vasiliev; he appointed Duato as artistic director and creator of a new contemporary repertory; and he employed the renowned ballet master Mikhail Messerer to take care of the 19th- and 20th-century classics.

キエクマン氏は自ら総支配人になり、6000万ドルほどかけて建物を改修しスターダンサーを呼び寄せた。ボリショイのゴールデンカップルだったナタリア・オシポワとイワン・ワシリーエフを引き抜き、ドゥアト氏を芸術監督と新しいコンテンポラリーダンスの振付家として任命し、著名なバレエマスターのミハイル・メッセレルを採用して19世紀・20世紀のクラシックバレエを担当させた。

*

At the Mariinsky, the divisions are different, with conservatives focusing on the famous academic purity of the company’s style. If the Bolshoi’s trademark is Grigovorich’s blunt, swaggering Spartacus, the Mariinsky is known for its immaculate productions of 19th-century classics such as Sleeping Beauty and Swan Lake.

マリインスキーバレエ団では、住み分けが[ボリショイとは]異なり、保守派はバレエ団のスタイルである名高いアカデミックな純潔性に目を向ける。ボリショイのトレードマークが、グリゴヴォリッチの猛々しい自信たっぷりの「スパルタクス」だとしたら、マリインスキーは、「眠りの森の美女」や「白鳥の湖」のような19世紀の清純なクラシックバレエで知られている。

These don’t exclude the acquisition of newer ballets, including those of postmodernist choreographer William Forsythe. According to Parish, when auditions were held for the casting of Forsythe’s male quartet NNNN, “there was standing room only in the studio”.

だからといって、新しいバレエの受け入れを排除しているわけではなく、ポストモダンの振付家ウィリアム・フォーサイスを採用している。パリッシュ氏によると、フォーサイスの男性向けカルテットNNNNのオーディションでは、「スタジオは座る場所がないくらいだった。」

Yet these acquisitions were too much of a rarity to satisfy the former Mariinsky principal Leonid Sarafanov, who defected to the Mikhailovsky in 2011. “No company dances the classics as well as the Mariinsky, but for me it felt like a dead end. What was left for me to do? Some extra pirouettes in my Swan Lake variation? To work closely with a choreographer like Nacho is like hitting the jackpot. With him it’s a completely different way of using your body, a different plastique. I can feel myself dancing much better now.”

それでも、このような新しいバレエはあまりにも少な過ぎて、マリインスキーの元プリンシパルのレオニード・サラフォノフは満足できず、2011年にミハイロフスキーに移籍した。「マリインスキーほどすばらしくクラシックバレエを上演するバレエ団は他にありません。でも、僕にとっては、袋小路のように感じられました。僕にできることって、何だったでしょうか。白鳥の湖のヴァリエーションで、ピルエットを余分に回ることでしょうか。ナッチョのような振付家とじっくり取り組むことは、思わずすばらしいものを手に入れるようなものです。ナッチョと仕事をすると、全く違う方法で身体を使い、全くちがう緩やかな動きをするんです。今は、もっとうまく踊れているように感じることができます。」

***

Mariinsky

Published on 25 Apr 2012 by MariinskyEn

*

Bolshoi

Uploaded on 26 Dec 2010 by hookham

*

Mikhailovsky

Uploaded on 27 Oct 2010 by deutschewelleenglish

*